F1ドライバー、ユニセフのウクライナ緊急募金をサポート

2022年3月24日
F1ドライバー、ユニセフのウクライナ緊急募金をサポート
F1ドライバーは、ウクライナで進行中の戦争で影響を受けた人々を支援するためのユニセフによるイニシアチブをサポートしている。

20人のF1ドライバー全員が、ウクライナでのユニセフの活動に対する意識を高めるための要請を支持。全員で『NO WAR』とメッセージが書かれたTシャツを着てサポートを表明している。

2022年 F1バーレーンGP決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)

2022年3月22日
2022年 F1バーレーンGP決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)
2022年F1開幕戦バーレーングランプリで入賞を逃したドライバーのコメント。

新世代のF1マシンでの初レースは、グラウンドエフェクトカーの追従能力が示されたが、新しいタイヤの知識の不足とブレーキに厳しいバーレーン・インターナショナル・サーキットの特性によってオーバーテイクは難しい週末となった。また、レース終盤にホンダ(現レッドブル)のエンジンを搭載する3台がリタイアするという波乱の展開となった。

2022年 F1バーレーンGP決勝:ドライバーコメント(1位~10位)

2022年3月21日
2022年 F1バーレーンGP決勝:ドライバーコメント(1位~10位)
2022年F1開幕戦バーレーングランプリでトップ10入りを果たしてポイントを獲得したドライバーのコメント。

F1新時代の記念すべき最初のウィナーとなったのはシャルル・ルクレール。ポールポジションからスタートし、ファステストラップも記録する完全勝利でチームに勝利をもたらした。2位にもカルロス・サインツが続き、スクーデリア・フェラーリが1-2フィニッシュで復活の狼煙を上げた。

2022年 F1バーレーンGP予選:ドライバーコメント(1番手~10番手)

2022年3月20日
2022年 F1バーレーンGP予選:ドライバーコメント(1番手~10番手)
2022年のF1世界選手権 開幕戦バーレーングランプリの予選でトップ10入りしたドライバーのコメント。

3月19日(土)にバーレーン・インターナショナル・サーキットでバーレーングランプリの予選が行われ、シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)ガポールポジションを獲得。2番手には0.123秒差でマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)が入った。

2022年 F1バーレーンGP予選:ドライバーコメント(11番手~20番手)

2022年3月20日
2022年 F1バーレーンGP予選:ドライバーコメント(11番手~20番手)
2022年のF1世界選手権 開幕戦バーレーングランプリの予選で11番手~20番手だったドライバーのコメント。

新しいレギュレーションが導入された2022年のF1世界選手権では、ミッドフィールドがより激戦となっている。昨年のランキング4位のマクラーレンは2台揃ってQ2で敗退。ハースF1チームやアルファロメオなど、昨年までQ1脱出をかけて戦っていたチームがQ3に進出している。

F1ドライバー、雑誌『Vanity Fair』の企画でモードに変身

2022年3月16日
F1ドライバー、雑誌『Vanity Fair』の企画でモードに変身
F1ドライバーが、雑誌『Vanity Fair』の企画でモードに大変身した。

F11ドライバーでは、ルイス・ハミルトンがファッショニスタとして独自のリーグにいるが、今回、ランド・ノリス、ダニエル・リカルド、ピーエル・ガスリー、ジョージ・ラッセル、エステバン・オコンの5名のドライバーがモードなファッションで雑誌を飾った。

2022年 Fバーレーンテスト 最終日:各チームの担当ドライバー

2022年3月12日
2022年 Fバーレーンテスト 最終日:各チームの担当ドライバー
2022年のF1世界選手権の開幕に向けた最後のF1プレシーズンテストがバーレーン・インターナショナル・サーキットで最終日を迎える。

最終日は、アルピーヌF1がフェルナンド・アロンソ、マクラーレンが新型コロナウイルスに感染したダニエル・リカルドが参加できずにランド・ノリスが終日走行を担当することを除いては、全ドライバーが参加する予定となっている。

2022年 Fバーレーンテスト 2日目:各チームの担当ドライバー

2022年3月11日
2022年 Fバーレーンテスト 2日目:各チームの担当ドライバー
2022年のF1世界選手権の開幕に向けた最後のF1プレシーズンテストがバーレーン・インターナショナル・サーキットで2日目を迎える。

初日に体調不良で欠席していたマクラーレンのダニエル・リカルドは、2日目も大事をとって休む、マクラーレンは2日にわたってランド・ノリスが一日を通して走行を担当する。

2022年 F1ドライバーラインナップ:マゼピンOUT マグヌッセンIN

2022年3月11日
2022年 F1ドライバーラインナップ:マゼピンOUT マグヌッセンIN
2022年のF1世界選手権も開幕まで2週間を切ったこの段階でハースF1チームのドライバーに変更があった。

ロシアのウクライナ侵攻を受け、ハースF1チームはロシア企業のウラルカリとのタイトルスポンサー契約を断ち切り、ロシア人ニキータ・マゼピンとのドライバー契約を解除するなど、非常に混乱したオフシーズンを過ごしている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム