F1ドライバー、F1ベルギーGPの“強行成立”を批判 「茶番劇」

2021年8月30日
F1ドライバー、F1ベルギーGPの“強行成立”を批判 「茶番劇」
F1ドライバーは、セーフティカー先導の2周でF1ベルギーGPを成立させるためにレースを再開したF1の決定を批判。ルイス・ハミルトンは「茶番」だと呼んだ。

大雨と視界不良による3時間以上のディレイの後、セーフティカー先導でレースは再開。だが、リーダーのマックス・フェルスタッペンが2周を走った後、2回目となる赤旗が提示され、その後、終了が告げられた。

2021年 F1ベルギーGP 予選:トップ10 ドライバーコメント

2021年8月29日
2021年 F1ベルギーGP 予選:トップ10 ドライバーコメント
2021年 F1世界選手権 第12戦 F1ベルギーGPの予選でトップ10入りしたドライバーのコメント。

1位:マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
「このホームグランプリでポールポジションを獲れてとてもうれしい。簡単ではなかった。ラップをまとめるのが大変で、正しいタイミングと適切なラインを探りながら、どのくらいのスピードでコーナーに進入すべきかを判断した。長い赤旗中断の後だったので、難しかった。また、タイヤの熱入れも重要で、このような長いコースではラップタイムに2~3秒の影響が出る」

2021年 F1ベルギーGP 予選:ドライバーコメント(11位~20位)

2021年8月29日
2021年 F1ベルギーGP 予選:ドライバーコメント(11位~20位)
2021年 F1世界選手権 第12戦 F1ベルギーGPの予選で11番手~20番手だったドライバーのコメント。

11位:シャルル・ルクレール(フェラーリ)
「僕たちにとって今日の予選はトリッキーだった。マシンバランスにはとても満足していたし、コースコンディションを考えると全体的なパフォーマンスは悪くなかっただけに残念だ。後から考えれば、Q2でタイヤ交換を遅らせた方が良かったかもしれない。でも、後からそう言うのは簡単だ」

2021年 F1ドライバー 推定年収トップ10:ハミルトンが68億円でトップ

2021年8月22日
2021年 F1ドライバー 推定年収トップ10:ハミルトンが68億円でトップ
2021年のF1ドライバーの年収トップをビジネス誌フォーブスが試算。現役F1ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトン(メルセデス)がトップに君臨している。

F1ドライバーの契約内容は公表されていないが、フォーブスは公開されている財務文書や業界関係者への調査をもとに年収を試算。基本年収、ボーナス予想をもとにランキングを作成し、トップ10を発表した。

2021年 F1ハンガリーGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント

2021年8月2日
2021年 F1ハンガリーGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント
2021年 F1世界選手権 第11戦 F1ハンガリーGPの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

優勝:エステバン・オコン(アルピーヌ)
「F1グランプリウィナーだ。信じられないことだし、まだ実感がわかない。なんて瞬間だ。アレズ・レ・ブレウス!(フランス万歳) 最初から最後までクレイジーなレースだった」決断を下さなければならないことがたくさんあったし、チームはそれを本当にうまくやってくれた」

2021年 F1ハンガリーGP 予選:トップ10 ドライバーコメント

2021年8月1日
2021年 F1ハンガリーGP 予選:トップ10 ドライバーコメント
2021年 F1世界選手権 第11戦 F1ハンガリーGPの予選でトップ10入りしたドライバーのコメント。

1番手:ルイス・ハミルトン(メルセデス)
「最後は素晴らしい予選ラップだった。今週末はバルテリを含め、全員の素晴らしいチームワークだった。僕たちはとにかくマシンを前進させようとしているし、ファクトリーのスタッフは全力で仕事をして、あらゆる手段を講じてくれた」

2021年 F1ハンガリーGP 予選:ドライバーコメント(11位~20位)

2021年8月1日
2021年 F1ハンガリーGP 予選:ドライバーコメント(11位~20位)
2021年 F1世界選手権 第11戦 F1ハンガリーGPの予選で11番手~20番手だったドライバーのコメント。

11番手:ダニエル・リカルド(マクラーレン)
「Q3に本当に近かったけど、ポジティブな面は明日タイヤを自由に得られることだ。今年は多くの場合、最後のコンマ数秒を削るのがかなり難しいし、まだ十分にそのレベルに達していない」

F1レースディレクター 「厳しいペナルティはドライバーが望んだこと」

2021年7月22日
F1レースディレクター 「厳しいペナルティはドライバーが望んだこと」
F1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、最近のレースでペナルティが多発しているとの批判に反論。ドライバーをそれを求めたと説明した。

F1オーストリアGPとF1イギリスGPではどちらも物議を醸すペナルティがあった。スチュワードはドライバーを有罪としたが、多くの専門家とドライバーたちは、それらがレーシングインシデントだったとの見解を示している。

2021年 F1イギリスGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント

2021年7月19日
2021年 F1イギリスGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント
2021年 F1世界選手権 第10戦 F1イギリスGPの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

優勝:ルイス・ハミルトン(メルセデス)
「この1週間、ファクトリーでの作業に全力を尽くしてきた。スタッフと一緒にこのマシンのパフォーマンスを見い出すためにすべてを捧げ来た。不足している部分を取り戻す必要があったけど、みんなが働き続けたことをとても誇りに思う」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム