ハースF1チーム | 2019年 F1ブラジルGP 決勝レポート

2019年11月19日
ハースF1チーム
ハースF1チームは、2019年 F1ブラジルGPの決勝レースで、ケビン・マグヌッセンが11位、ロマン・グロージャンが13位でレースを終えた。

ギュンター・シュタイナー(チーム代表)
「明らかに期待外れなレースだった。我々はもっと良い結果を望んでいたし、それが得られそうだった。ケビン(マグヌッセン)はリカルドにスピンさせられ、彼のレースは基本的に終わった。ロマン(グロージャン)は良い仕事をしたし、我々の計画は1ストップレースをすることだった」

ウィリアムズ | 2019年 F1ブラジルGP 決勝レポート

2019年11月19日
ウィリアムズ
ウィリアムズは、2019年 F1ブラジルGPの決勝レースで、ジョージ・ラッセルが12位、ロバート・クビサが16位でレースを終えた。

デイブ・ロブソン(シニアレースエンジニア)
「今回もインテルラゴスはスリリングなレースを生み出した。我々はポイントを争ったわけではなかったが、レースオペレーションを練習する絶好の機会となった。チームは両方のセーフティカーで素晴らしい仕事をして、彼らが周りのクルマとレースをするためにドライバーを強力なポジションに送り出した」

F1ブラジルGP 決勝 | ドライバーコメント(11~20位)

2019年11月19日
F1ブラジルGP 決勝
2019年のF1世界選手権 第20戦 ブラジルGPの決勝が11月17日(日)にサンパウロののインテルラゴス・サーキットで行われた。

F1ブラジルGPでは、フェラーリ勢の同士討ち、メルセデスのバルテリ・ボッタスのリタイア、ルイス・ハミルトンと接触してスピンを喫したアレクサンダー・アルボンと、トップ3チームの4名のドライバーがポイントを獲得できなかった。

ルイス・ハミルトン 「レッドブル・ホンダに直線で標的にされた」

2019年11月18日
ルイス・ハミルトン 「レッドブル・ホンダに直線で標的にされた」 / F1ブラジルGP
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1ブラジルGPの決勝を7位でフィニッシュ。レッドブル・ホンダは速かったとし、ストレートで絶好の標的にされたと述べた。

ルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンと勝利を争っていたが、最後のセーフティカーでタイヤ交換を行って挽回を目指す展開。そこでアレクサンダー・アルボンと接触し、3位でフィニッシュしたものの、5秒ペナルティを科せられて7位に降格した。

レッドブルF1代表&フェルスタッペン、ストラテジストのハンナを称賛

2019年11月18日
レッドブルF1代表&フェルスタッペン、ストラテジストのハンナを称賛
レッドブル・ホンダは、F1ブラジルGPの表彰台にストラテジトのハンナ・マクミランを上げた。

マックス・フェルスタッペンは首位を守りながら迎えた44周目にミディアムタイヤへ交換。だが、その直後にバルテリ・ボッタス(メルセデス)がストップし、コース上にはセーフティカーが出動する。

そこでレッドブルはマックス・フェルスタッペンをピットインさせてソフトタイヤを履かせ、終盤をフレッシュなタイヤで戦う判断を下す。

ホンダF1:2019年 F1ブラジルGP 決勝レポート

2019年11月18日
ホンダF1:2019年 F1ブラジルGP 決勝レポート
F1ブラジルGP決勝は、ポールポジションからスタートしたレッドブルのマックス・フェルスタッペンが今季3勝目を挙げ、トロロッソのピエール・ガスリーが2位表彰台。Hondaパワーユニット勢が1991年以来の1-2フィニッシュを果たした。

レーススタートでは、フェルスタッペンが抜け出して首位をキープ。アレクサンダー・アルボンとガスリーもスタートポジションを守って5番手と6番手につける。16番手スタートのダニール・クビアトは、ミディアムタイヤでスタートし、追い上げを図った。

F1ブラジルGP FACTS & STATS | ホンダF1が28年ぶりの1-2フィニッシュ

2019年11月18日
F1ブラジルGP FACTS & STATS
2019年 F1ブラジルGPのFACTS & STATS。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが優勝し、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが2位表彰台を獲得したレース後の統計から判断すると最もハッピーだったのはホンダで間違いないだろう。

●マックス・フェルスタッペンにとって通算8勝目はF1で初のポール・トゥ・ウィン。またキャリア30回目の表彰台と75回目のポイントフィニッシュとなった。

トロロッソ、ダブル入賞でランキング6位に浮上「5位も不可能ではない」

2019年11月18日
トロロッソ、ダブル入賞でランキング6位に浮上「5位も不可能ではない」
トロロッソ・ホンダのチーフエンジニアを務めるクラウディオ・バレストリが、F1ブラジルGPの決勝レースを振り返った。

トロロッソ・ホンダは、ピエール・ガスリーがF1での初表彰台となる2位、ダニール・クビアトが10位とダブル入賞を果たして19点を加点。レーシングポイントを抜いてコンストラクターズ選手権で6位に浮上し、5位のルノーとの差を9ポイントに縮めた。

F1ブラジルGP | ベッテルとルクレールの同士討ちは両者お咎めなし

2019年11月18日
F1ブラジルGP
FIA(国際自動車連盟)は、F1ブラジルGPの決勝レースで同士討ちを演じたフェラーリのセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールの両者どちらにもペナルティを科さないことを発表した。

残り6周、フェラーリの二人はかけて3位を争っていた。シャルル・ルクレールはターン1でセバスチャン・ベッテルを抜いたが、ターン4に向かうストレートでベッテルが順位を取り戻しにかかる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム