レッドブル・ホンダ | 2019年 F1ブラジルGP 決勝レポート

2019年11月19日
レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダは、2019年 F1ブラジルGPの決勝レースで、ピエール・ガスリーが2位表彰台、ダニール・クビアトが10位でレースを終えた。

クリスチャン・ホーナー(チーム代表)
「マックスにとって償還だった。今日は我々がひとつの目標を持ってレースに臨んだ。それは勝利することだ。ライトが消えた瞬間から、マックスはリードを手にして見事にレースをコントロールした」

トロロッソ・ホンダ | 2019年 F1ブラジルGP 決勝レポート

2019年11月19日
トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダは、2019年 F1ブラジルGPの決勝レースで、ピエール・ガスリーが2位表彰台、ダニール・クビアトが10位でレースを終えた。

フランツ・トスト(チーム代表)
「今日は素晴らしいレースだった。特に観客にとっては、セーフティーカーピリオドがショーを盛り上げ、非常にエキサイティングなものにした。「トロロッソ、ホンダ、そしてピエール・ガスリーが素晴らしいパフォーマンスを示した」

【動画】 レッドブル・ホンダ、F1最速ピットストップ“1.82秒”を記録

2019年11月19日
【動画】 レッドブル・ホンダ、F1最速ピットストップ“1.82秒”を記録
レッドブル・ホンダは、2019年 F1ブラジルGPの決勝レースで自らが持つF1最速=世界最速のピットストップ記録を更新する“1.82秒”で作業を完了させた。

レッドブル・ホンダは、第10戦イギリスGPで以前にウィリアムズが記録したタイムを0.01秒上回る1.91秒を記録。さらにF1ドイツGPでは46周目にマックス・フェルスタッペンがインターミディエイトからソフトに交換したピットストップを1.88秒で完了して記録を更新していた。

メルセデス | 2019年 F1ブラジルGP 決勝レポート

2019年11月19日
メルセデス
メルセデスは、2019年 F1ブラジルGPの決勝レースで、ルイス・ハミルトンが7位、バルテリ・ボッタスはリタイアでレースを終えた。

ジェームス・アリソン(テクニカルディレクター)
「非常に期待外れな一日だった。我々はミスを犯し、1台は非常にらしくない信頼性問題に苦しみ、堅実な結果を得られたはずのバルテリはDNF、ルイスは落胆のフィニッシュとなってしまった。シンプリに答えれば、今日の我々はレッドブル勢ほど速くなかった」

【動画】 カルロス・サインツのオーバーテイクショー / F1ブラジルGP

2019年11月19日
【動画】 カルロス・サインツのオーバーテイクショー / F1ブラジルGP
マクラーレンのカルロス・サインツは、F1ブラジルGPで最後尾からオーバーテイクショーを披露し、F1初表彰台となる3位を手にした。

予選でエンジントラブルに見舞われてタイムを記録できなかったカルロス・サインツは、最後尾からレースをスタート。だが、そこからオーバーテイクを連発して4位でレースをフィニッシュ。

F1ブラジルGP 決勝 | トップ10ドライバーコメント

2019年11月19日
F1ブラジルGP 決勝
2019年のF1世界選手権 第20戦 ブラジルGPの決勝が11月17日(日)にサンパウロののインテルラゴス・サーキットで行われた。

優勝はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスッタペン。そして、2位にはトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが入り、F1初表彰台を獲得。ホンダのF1エンジンとしては1991年の日本GP以来、28年ぶりとなる1-2フィニッシュ達成となった。

アルファロメオ・レーシング | 2019年 F1ブラジルGP 決勝レポート

2019年11月19日
アルファロメオ・レーシング
アルファロメオ・レーシングは、2019年 F1ブラジルGPの決勝レースで、キミ・ライコネンが4位、アントニオ・ジョビナッツィが5位でレースを終えた。

フレデリック・ヴァスール(チーム代表)
「我々はこの結果に本当に満足しているし、誇りに思える。表彰台のすぐ外に2台をもたらせたことはチームの全員のハードワークに対する報酬だ。我々は不運に見舞われたレースでもうなだれなかったし、今はシーズンのベストリザルトを祝うことができる」

ルノーF1チーム | 2019年 F1ブラジルGP 決勝レポート

2019年11月19日
ルノーF1チーム
ルノーF1チームは、2019年 F1ブラジルGPの決勝レースで、ダニエル・リカルドが6位、ニコ・ヒュルケンベルグが15位でレースを終えた。

シリル・アビテブール(チーム代表)
「我々にあまり適していないトラックでのあまり最適ではないスターティングポジションを踏まえ、我々は再び大胆な戦略をとらなければならなかった。以前のレースとはまったく対照的に今回はそれが成果を挙げなかった」

レーシングポイント | 2019年 F1ブラジルGP 決勝レポート

2019年11月19日
レーシングポイント
レーシング・ポイントF1チームは、2019年 F1ブラジルGPの決勝レースで、セルジオ・ペレスが9位、ランス・ストロールが19位でレースを終えた。

オトマー・サフナウアー(チーム代表)
「最後の数周で数ポイントを取り戻すことができたものの、我々にとっては厳しい一日だった。セーフティカーが入る前に我々は2台に異なる戦略を採用し、ランスは1ストップレースを機能させるために良い仕事をしていた」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム