バーニー・エクレストン、F1ブラジルGP救済の噂に口を閉ざす

2018年11月17日
F1 バーニー・エクレストン ブラジルGP
バーニー・エクレストンは、F1ブラジルGPの救済に乗り出すかどうかについて口を閉ざしている。

元F1の最高権威者であるバーニー・エクレストンは、ブラジル出身の妻ファビアナがコーヒブランド『Celebrity』を経営者を務めていることもあり、近年はブラジルで時間を過ごすことが多くなっている。

FIA、フェルスタッペンとオコンのF1ブラジルGPでの一件の幕引きを宣言

2018年11月17日
F1 マックス・フェルスタッペン エステバン・オコン
FIA(国際自動車連盟)は、F1ブラジルGPのレース後のマックス・フェルスタッペンとエステバン・オコンの騒動について、フェルスタッペンへの2日間の社会貢献活動のペナティを科し以外にはさらなる議論は行わないとした。

マックス・フェルスタッペンは、レースをリードしていたF1ブラジルGPの決勝レースで周回遅れのエステバン・オコンに衝突されて激語。レース後の計量時のオコンの対応に激高したフェルスタッペンは、数回にわたってオコンを突き飛ばした。

メルセデス 「ハミルトンはパワーユニット問題でリタイア寸前だった」

2018年11月15日
F1 メルセデス ルイス・ハミルトン
メルセデスは、F1ブラジルGPの決勝レースでルイス・ハミルトンのF1パワーユニットの温度が急激に上昇しており、リタイア寸前の状況だったことを明らかにした。

ルイス・ハミルトンは、第2スティントでミディアムタイヤに苦労しており、ソフトタイヤのマックス・フェルスタッペンにオーバーテイクされた。さらにハミルトンは、チームからレースの大半で高いエンジンモードを使用できないと伝えられていた。

ピエール・ガスリー、チームオーダーを無視 「自分で抜けるならOK」

2018年11月14日
F1 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1ブラジルGPの決勝レースでチームメイトのブレンドン・ハートレーに道を譲ることを拒否していた。

ブレンドン・ハートレーは、前半にミディアム、後半にスーパーソフトを装着するというリバースストラテジーを採用していたが、レース後半にチームメイトのピエール・ガスリーに引っかかっていた。

マックス・フェルスタッペン 「オコンは謝罪すらせずに笑っていた」

2018年11月14日
F1 マックス・フェルスタッペン エステバン・オコン
マックス・フェルスタッペンは、F1ブラジルGPでのエステバン・オコンとの騒動は、計量エリアでのオコンのふざけた反応と態度によって引き起こされたと語った。

マックス・フェルスタッペンは、レース中に衝突事故を起こしたエステバン・オコンを計量エリアで突き飛ばしたことで2日間の社会貢献活動を命じられている。

フォースインディア 「ルールではアンラップしていい」 / F1ブラジルGP

2018年11月13日
F1 フォースインディア ブラジルGP
フォースインディアは、F1ブラジルGPの決勝レースで、セルジオ・ペレスが10位入賞。エステバン・オコンは15位でレースを終えた。

オトマー・サフナウアー (チームプリンシパル)
「困難な土曜日を考えれば、1ポイント獲得は現実的に我々が達成できる唯一の結果だった。セルジオは、オープニングステージでルノーと戦ってギャップを開き、良いレースを戦った。その後は孤独なレースだった。彼の2台のハースとのギャップを縮めることができなかったがからだ。だが、状況を考えれば良い結果だ」

レッドブル:強奪された勝利 / F1ブラジルGP

2018年11月13日
F1 レッドブル・レーシング ブラジルGP
レッドブル・レーシングは、F1ブラジルGPの決勝レースで、マックス・フェルスタッペンが2位表彰台、ダニエル・リカルドが4位でフィニッシュした。

クリスチャン・ホーナー (チームプリンシパル)
「今日のレースで素晴らしいペースを発揮していただけに、マックスがバックマーカーの無責任な言いようがない運転によって勝利を失ったことに本当に失望している。それにも関わらず、我々はマックスとダニエルの二人ともが驚異的なペースを示した」

フォースインディア、エステバン・オコン接触の“陰謀説”を否定

2018年11月13日
F1 エステバン・オコン マックス・フェルスタッペン 接触
フォースインディアのチームプリンシパルを務めるオトマー・サフナウアーは、F1ブラジルGPでエステバン・オコンが意図的にマックス・フェルスタッペンにぶつかったという“陰謀説”を否定。そのような推測が持ち上がるのは“セオリー”だと主張した。

F1ブラジルGPでは、周回遅れだったエステバン・オコンが、ターン2でレースリーダーだったマックス・フェルスタッペンを抜いて周回を取り戻そうとして接触。フェルスタッペンはスピンを喫して優勝の可能性から遠ざかった。

F1 ブラジルGP 決勝 | ピレリ タイヤ戦略解説

2018年11月13日
F1 ブラジルGP 決勝
ピレリが、2018年のF1世界選手権 第20戦 ブラジルGP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

僅差の優勝争いと、スタートからフィニッシュまで数々のオーバーテイクが展開されたブラジルグランプリは、上位3チームが3種類の異なる戦略的アプローチを採ったエキサイティングなレースとなった。最終的には、トップ6が5種類の異なる戦略を実行し、中団グループ以降でも広範囲に渡る戦略が展開された。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム