バルテリ・ボッタス 「ジョージ・ラッセルとのイモラの“再戦”を楽しんだ」

2022年4月25日
バルテリ・ボッタス 「ジョージ・ラッセルとのイモラの“再戦”を楽しんだ」 / アルファロメオF1チーム エミリア・ロマーニャGP 決勝
バルテリ・ボッタス(アルファロメオF1)は、2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPで、ジョージ・ラッセルとの4位をかけた“再戦”は「とても楽しかった」と語った。

バルテリ・ボッタスは7番グリッドからスタートしたが、ミッドフィールドの前で傑出したパフォーマーであり、表彰台を狙うことがもできた。しかし、インターミディエイトタイヤからスリックタイヤに交換したピットストップが遅く、多くのタイムを犠牲にした。

バルテリ・ボッタス 「アルファロメオF1では適切な権限のある立場」

2022年4月19日
バルテリ・ボッタス 「アルファロメオF1では適切な権限のある立場」
バルテリ・ボッタスは、アルファロメオF1チームでは単なるドライバーとしてではなく、ようやく“適切な権限”のある立場にいると感じていると語る。

メルセデスF1で5年間レースをした後、バルテリ・ボッタスは2022年シーズンに先立ってアルファロメオF1チームに加入した。

F1:バルテリ・ボッタス 「ルイス・ハミルトンとの友情は変わらない」

2022年4月17日
F1:バルテリ・ボッタス 「ルイス・ハミルトンとの友情は変わらない」
バルテリ・ボッタスは、F1でもはやルイス・ハミルトンとチームメイトではないが、メルセデスF1時代に培った「友情」は続いていると語る。

ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスは、メルセデスF1のコンストラクターズチャンピオンシップ8連覇のうちの5つを獲得するのを助け、ボッタスは2021年の終わりに移籍するまでそのすべてを獲得した。

バルテリ・ボッタス 「予選を不利にした薄いウイングは正しい選択だった」

2022年4月11日
バルテリ・ボッタス 「予選を不利にした薄いウイングは正しい選択だった」 / F1オーストラリアGP決勝
バルテリ・ボッタス(アルファロメオF1チーム)は、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリで8位入賞を果たした。

土曜日に4つ目のDRSゾーンを削除するという決定を受け、アルファロメオF1チームはウイングを薄くすることを選択。それは予選では不利に働き、バルテリ・ボッタスはQ2で敗退して12番グリッドからのスタートとなった。

バルテリ・ボッタス、連続Q3進出は103回で途絶える

2022年4月10日
バルテリ・ボッタス、連続Q3進出は103回で途絶える「TVでQ3を見るのは変な感じだった!」 / F1オーストラリアGP予選
アルファロメオF1チームのバルテリ・ボッタスは、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの予選を12番手で終えた。

メルセデスF1移籍後の初戦となる2017年開幕戦オーストラリアグランプリからすべての予選でQ3に進出してきたバルテリ・ボッタスだったが、今回のQ2敗退でその記録は103回で途絶えることになった。

バルテリ・ボッタス 「メルセデスF1と長期的に戦える立場にいたい」

2022年4月4日
バルテリ・ボッタス 「メルセデスF1と長期的に戦える立場にいたい」
バルテリ・ボッタスは、2022年にアルファロメオF1チームを“ベスト・オブ・ザ・レスト”として確立させるためにメルセデスと戦うことに照準を合わせている。

メルセデスF1での5シーズンのすべてでコンストラクターズタイトルを獲得したバルテリ・ボッタスは、ジョージ・ラッセルの加入により、2022年にアルファロメオF1チームに移籍し、新たな挑戦をスタートさせた。

バルテリ・ボッタス 「F1は安全が保証されない開催地の再検討を約束した」

2022年3月30日
バルテリ・ボッタス 「F1は安全が保証されない開催地の再検討を約束した」
バルテリ・ボッタスは、F1がドライバーに関係者全員の安全を100%保証できない場合は、レースが開催される場所を再検討することを約束したと語る。

F1サウジアラビアGPの週末は、金曜日にジェッダ・コーニッシュ・サーキットから約20kmのところにある石油貯蔵所へのミサイル攻撃によって傷つけられた。

バルテリ・ボッタス 「アルファロメオF1はベスト・オブ・ザ・レストを争える」

2022年3月23日
バルテリ・ボッタス 「アルファロメオF1はベスト・オブ・ザ・レストを争える」
バルテリ・ボッタスは、2022年バーレーングランプリでのアルファロメオF1チームのパフォーマンスは、F1の3強チームの背後で“ベスト・オブ・ザ・レスト”を戦うポテンシャルがあることを示したと考えている。

6番グリッドのバルテリ・ボッタスは、スタートで過度のホイールスピンに悩まされた後、オープニングラップでトップ10圏外に転落した。

バルテリ・ボッタス、スタートで後退も「トップ10に戻れる車があった」

2022年3月21日
バルテリ・ボッタス、スタートで後退も「トップ10に戻れる車があった」 / アルファロメオF1チーム バーレーンGP決勝
アルファロメオF1のバルテリ・ボッタスは、2022年F1開幕戦バーレーングランプリの決勝を6位で終えた。

6番グリッドからスタートしたバルテリ・ボッタスは、オープニングラップで13番手まで順位を落とすも、そこから堅実なレース運びでオーバーテイクを繰り返し、最終的に6位でフィニッシュ。チームとの初レースで好成績を残した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム