アルファロメオF1 「最後の最後まで戦うことの重要性を示した」

2023年4月4日
アルファロメオF1 「最後の最後まで戦うことの重要性を示した」
アルファロメオF1は、2023年F1オーストラリアGPの決勝で、周冠宇が9位、バルテリ・ボッタスが11位だった。

ボッタスは、セーフティカー先導のもとで行った早めのピットストップが赤旗に阻まれ、最後尾まで後退してしまうという厳しい状況だった。周はそれほど離れてはいなかったが、混乱の中で2台とも順位を上げていった。

F1オーストラリアGP決勝:ペレスとボッタスがピットレーンスタート

2023年4月2日
F1オーストラリアGP決勝:ペレスとボッタスがピットレーンスタート
レッドブルのセルジオ・ペレスとアルファロメオのバルテリ・ボッタスは、パルクフェルメのルール下でマシンを変更し、F1オーストラリアGPをピットレーンからスタートする。

ボッタスは予選19位、ペレスは予選20位と最後尾からのスタートとなる予定だったが、彼らのチームは日曜日のメルボルンでのレースに向けてサスペンションのセットアップを変更することを決定した。

アルファロメオF1 「FP3と予選の間にマシンのフィーリングが大きく変化」

2023年4月2日
アルファロメオF1 「FP3と予選の間にマシンのフィーリングが大きく変化」
アルファロメオF1は、2023年F1オーストラリアGPの予選で、周冠宇が17番手、バルテリ・ボッタスが19番手だった。

アルファロメオは2台ともQ1で敗退。ボッタスはクリーンな走りをするためのギャップを見つけるのに苦労し、事実上のホームレースであることを強く意識してレースで後列に並ぶことになった。周は2つほど前に出たが、レースが混乱しない限り、この2人はポイント獲得に大きく前進することはできないだろう。

バルテリ・ボッタス 2023年F1オーストラリアGP スペシャルヘルメット

2023年3月29日
バルテリ・ボッタス 2023年F1オーストラリアGP スペシャルヘルメット
アルファロメオのF1ドライバーであるバルテリ・ボッタスは今週末、彼のお気に入りの会場の1つに戻り、2023年のF1オーストラリアGPに向けてランド・ダウン・アンダーを故郷と考える理由を説明した。

ボッタスは、2017年に表彰台を獲得し、2019年にはメルセデスで有名な優勝を果たすなど、F1オーストラリアGPに出場した1回を除くすべてのレースでポイントを獲得しており、レース後のラジオメッセージでは今や不滅となった「to whom it may concern(関係各位へ)」を披露した場所でもある。

アルファロメオF1 「目標とするレベルに達することができなかった」

2023年3月21日
アルファロメオF1 「目標とするレベルに達することができなかった」
アルファロメオF1チームは、2023年F1サウジアラビアGPの決勝で、周冠宇が13位、バルテリ・ボッタスが18位でレースを終えた。

ボッタスは厳しい午後を過ごした。かなり早い段階でピットインし、セーフティカーが導入された後に再びピットイン、そしてグリップ不足に悩まされた後に3回目のピットインを行った。最下位でゴールしたボッタスはスピード不足を訴え、チームはラジエーターにダメージがないかをチェックした。周はミッドフィールドでハース勢と激しいバトルを繰り広げたが、ポイント圏内には届かなかった。

アルファロメオF1 「レース全体で我々はトップ5チームだった」

2023年3月7日
アルファロメオF1 「レース全体で我々はトップ5チームだった」
アルファロメオF1チームは、2023年F1開幕戦バーレーンGPで、バルテリ・ボッタスが8位、周冠宇が16位でフィニッシュした。

ボッタスは見事なスタートを切り、1周目の混乱に乗じて、ミッドフィールドの先頭を走ることができた。その後、アルファロメオはミスを犯さず、タイミングよくピットインし、開幕戦で2年連続のポイント獲得に成功した。

アルファロメオF1チーム 「トップ10圏外だがポイント争いに参加している」

2023年3月5日
アルファロメオF1チーム 「トップ10圏外だがポイント争いに参加している」
アルファロメオF1チームは、2023年F1バーレーンGPの予選で、バルテリ・ボッタスが12番手、周冠宇が13番手だった。

アルファロメオのマシンは好調で、プラクティスではトップ10に食い込んだが、日が落ちるとミッドフィールドが厳しくなり、Q2では2台ともカットオフの幅を間違えてしまった。しかし、周がチームメイトに0.030秒差まで迫ったことは、今シーズンのチーム内戦が非常に緊密になることを予感させるものだった。この2人が互いにプッシュし続けることができれば、ポイントはついてくるはずだ。

アルファロメオF1チーム 「2台でトップ10入りは現実的な目標」とボッタス

2023年3月4日
アルファロメオF1チーム 「2台でトップ10入りは現実的な目標」とボッタス
アルファロメオF1チームは、F1バーレーンGPで2回のプラクティスに参加し、2023年最初の金曜日の競技活動を終えた。バルテリ・ボッタスと周冠宇がC43のステアリングを握り、チームは明日の予選に向けて新しいチャレンジャーのセットアップの微調整を行った。

チャンピオンシップのトラック上での活動の初日は、アルファロメオF1チームにとって特別な記念日でもあった。月曜日には、1963年以来アルファロメオのレース部門であるオートデルタの60歳の誕生日を誇らしく祝うことになっている。

バルテリ・ボッタス 「レースペースではメルセデスと戦える」

2023年3月3日
アルファロメオF1のバルテリ・ボッタス 「レースペースではメルセデスと戦える」
バルテリ・ボッタスは、アルファロメオのレースペースが2023年F1開幕戦バーレーンGPでメルセデスと戦える位置にあることを示唆した。

昨シーズンのコンストラクターズ選手権で6位に浮上したアルファロメオは、今シーズン、新車C43でさらなる躍進を遂げたいと考えている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム