バルテリ・ボッタス 「ラップはどれも良くなった。まだポテンシャルがある」

2021年12月11日
バルテリ・ボッタス 「ラップはどれも良くなった。まだポテンシャルがある」 メルセデス F1アブダビGP 金曜フリー走行
メルセデスF1のバルテリ・ボッタスは、2021年F1アブダビGPの金曜フリー走行を3番手タイムで終えた。

「変更されたレイアウトの感触をつかむことができて良かった。トラックは以前よりも流れが良くなり、オーバーテイクの機会が増えた。少しヒヤっとする瞬間があった。非常に埃っぽいところでオフラインになり、そのコーナーの前の縁石で少しワイドになって、次のコーナーでその代償を払った。素敵なドリフトだったよ!」とバルテリ・ボッタス。

バルテリ・ボッタス 「アルファロメオF1と契約した2日後に他からオファー」

2021年12月10日
バルテリ・ボッタス 「アルファロメオF1と契約した2日後に他からオファー」
バルテリ・ボッタスは、アルファロメオF1との契約にサインした2日後に別のチームからアプローチがあったことを明らかにした。

バルテリ・ボッタスにメルセデスF1からの離脱は、9月初旬のF1オランダGPとF1イタリアGPの間に発表され、翌日、ジョージ・ラッセルが彼の後継者として発表された。

バルテリ・ボッタス、3位表彰台「諦めなかった価値があった」

2021年12月6日
バルテリ・ボッタス、3位表彰台「諦めなかった価値があった」 メルセデス F1サウジアラビアGP 決勝
バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1との最後から2番目のレースを忘れることはないだろう。F1サウジアラビアGPで、バルテリ・ボッタスはファイナルラップの最終コーナーで自身67回目の表彰台を獲得した。

大荒れの展開となったF1サウジアラビアGPで、バルテリ・ボッタスは、終盤にエステバン・オコン(アルピーヌ)と激しいバトルを展開。ファイナルラップのターン27の立ち上がりからチェッカーまでドラッグレースを制して3位表彰台を獲得した。

バルテリ・ボッタス 「精神的に追い込まれてF1引退寸前だった」

2021年12月3日
バルテリ・ボッタス 「精神的に追い込まれてF1引退寸前だった」
メルセデスF1のバルテリ・ボッタスは、F1キャリアの早い段階で引退寸前まで精神的に追い込まれていたと明かす。

今年でメルセデスF1での5年間のキャリアを終えて、来季からはアルファロメオF1で新たなチャプターをスタートさせるバルテリ・ボッタスだが、F1の2年目の2014年に鬱になっていたと明かした。

バルテリ・ボッタス 「5年連続でタイトルを獲ってメルセデスF1を去りたい」

2021年12月2日
バルテリ・ボッタス 「5年連続でタイトルを獲ってメルセデスF1を去りたい」
バルテリ・ボッタスは、自分が加入してから5年連続でコンストラクターズ選手権を制してメルセデスF1を去りたいと語る。

2017年にメルセデスF1に加入したバルテリ・ボッタスは、ルイス・ハミルトンのコンビで毎年コンストラクターズタイトルを獲得してきた。

メルセデスF1、残り2戦でのボッタス/ラッセルのスワップ案を拒否

2021年11月29日
メルセデスF1、残り2戦dえのボッタス/ラッセルのスワップ案を拒否
メルセデスF1のトト・ヴォルフは、2021年の最後の2レースでジョージ・ラッセルを乗せるべきだとの提案を拒否した。

メルセデスF1のジュニアドライバーであるジョージ・ラッセルは、F1サウジアラビアGPとF1アブダビGPでウィリアムズとの3年間の“ローン”期間が終了し、2022年にメルセデスFのワークスチームに昇格することが決定している。

「ボッタスに本気でハミルトンをサポートする気はない」と元F1ドライバー

2021年11月26日
「ボッタスに本気でハミルトンをサポートする気はない」と元F1ドライバー
バルテリ・ボッタスは、チームメイトのルイス・ハミルトンをサポートするために「自ら望んで本気でそのような立場にいようとすることは決してない」と元F1ドライバーで解説者に転向したティモ・グロックは語る。

過去4戦では、タイトルを争うマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンが勝利を交換しながら1-2でフィニッシュしている。この4戦の間、チームメイトはドライバーズチャンピオンシップに1ポイントずつ影響を与えた。

バルテリ・ボッタス 「ハミルトンとはマシンのスペックが違った」

2021年11月24日
メルセデスF1のバルテリ・ボッタス 「ハミルトンとはマシンのスペックが違った」
メルセデスF1のバルテリ・ボッタスは、F1カタールGPでは走らせていたマシンは、チームメイトでチャンピオンを争うルイス・ハミルトンと同じスペックではなかったと明かした。

2022年にジョージ・ラッセルの加入によってメルセデスF1を追われ、アルファロメオF1に移籍することが決定しているバルテリ・ボッタスの最近のパフォーマンスには批判が高まっている。

バルテリ・ボッタス 「バイブレーションも警告もなく突然パンクした」

2021年11月22日
バルテリ・ボッタス 「バイブレーションも警告もなく突然パンクした」 メルセデス F1カタールGP 決勝
メルセデスF1のバルテリ・ボッタスは、2021年F1カタールGPの決勝をリタイアで終えた。

3グリッド降格ペナルティによって6番グリッドからミディアムタイヤでスタートしたバルテリ・ボッタスは、スタートでポイント圏外まで順位を落とす。

1ストップ戦略のバルテリ・ボッタスは、3番手まで順位を上げていた33周目にタイヤがパンク。マシンがダメージを負ったことでリタイアを選択した。
«Prev || ... 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム