バルテリ・ボッタス、F1ドライバーの政治的発言を禁止したFIAに異議

2023年1月31日
バルテリ・ボッタス、F1ドライバーの政治的発言を禁止したFIAに異議
バルテリ・ボッタスは、F1を政治的発言の場として利用しているドライバーに対するFIA(国際自動車連盟)の取り締まりに懸念を表明している。

昨年末、モータースポーツの統括団体であるFIAは国際スポーツ規約を改正し、FIAの事前承認がない限り、ドライバーが「政治的、宗教的、個人的な声明」を表現したり表示することを禁止する規定を盛り込んだ。

バルテリ・ボッタス 「アウディF1以降の契約延長を早い時期に話したい」

2023年1月23日
バルテリ・ボッタス 「アウディF1以降の契約延長を早い時期に話したい」
バルテリ・ボッタスは、チームがアウディF1となる2026年について今シーズンの“かなり早い時期”に話し合い、スイスのチームでの安定を長引かせたいと考えていると語る。

バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1との5年間で単年契約を毎年更新している状況だったが、2022年に移籍したアルファロメオF1とは複数年契約を結んだ。

バルテリ・ボッタス 「アウディの投資はザウバーF1チームをトップに導く」

2023年1月17日
バルテリ・ボッタス 「アウディの投資はザウバーF1チームをトップに導く」
バルテリ・ボッタスは、アウディのF1への投資を賢く利用すれば、現在アルファロメオの名を冠したザウバーF1チームがF1で最高のパフォーマンスを発揮するチームになる可能性があると語る。

アウディは、2026年からF1のグリッドに参加するという目標を達成するため、ザウバーF1チームの過半数の株式を取得する予定となっている。アウディは、新しいノイブルク工場で新世代のF1エンジンを開発し、ヒンウィルのチームは3年以内にアウディのハイブリッドエンジンを搭載するシャシーを設計する。

バルテリ・ボッタス 「アルファロメオF1移籍は人生に自由を与えた」

2022年12月26日
バルテリ・ボッタス 「アルファロメオF1移籍は人生に自由を与えた」
バルテリ・ボッタスは、他のF1ドライバーと同じように仕事に専念しているが、アルファロメオF1への移籍は、トラックから離れた生活において彼に多くの自由を与えた。

バルテリ・ボッタスは、チャンピオンチームであるメルセデスF1での5年間でF1キャリアにおける10勝すべてを達成した後、2022年にアルファロメオF1に移籍した。

【動画】 バルテリ・ボッタス、F1オフシーズンに解放的なキャラ炸裂

2022年12月3日
【動画】 バルテリ・ボッタス、F1オフシーズンに解放的なキャラ炸裂
アルファロメオF1のバルテリ・ボッタスが、ソーシャルメディアに“#offseason”と題した動画を投稿。解放的のキャラをさらに覚醒させている。

F1デビュー当時はフィンランド人のおとなしいキャラクターという印象があったバルテリ・ボッタスだが、近年、特にアルファロメオF1に移籍してからは解放的なキャラが加速している。

ボッタス 「アウディはできるだけ早くザウバーF1をサポートするべき」

2022年11月3日
バルテリ・ボッタス 「アウディはできるだけ早くザウバーF1をサポートするべき」
アウディが2026年F1シーズンからザウバーと提携してファクトリーチームとして参戦するという発表は先週の大きな発表だったが、それはまだ3年先のことだ。

現在、アルファロメオの名前で2023年シーズン末まで活動しているチームのリードドライバーであるバルテリ・ボッタスは、アウディがすぐに競争力を発揮したければ、袖をまくり上げて手を汚すのをそれほど長く待つことはできないと語る。

バルテリ・ボッタス、堂々6番手「チーム全体を“持ち上げる”リザルト」

2022年10月30日
バルテリ・ボッタス、堂々6番手「チーム全体を“持ち上げる”リザルト」 / F1メキシコGP 予選
バルテリ・ボッタスは、2022年F1メキシコGPの予選で6番手タイムをマーク。今週末のチームのパフォーマンスを“持ち上げる”瞬間だったと語り、日曜日のレースでのポイントフィニッシュを目指している。

バルテリ・ボッタスは、FP1で7番手、FP3で8番手という週末の幸先の良いスタートを切った後、予選でも力強いパフォーマンスを発揮し、Q1を4番手、Q2を6番手で通過。Q3でも力強いファイナルラップを刻み、フェラーリの2台に割って入る6番手で予選を通過した。

ボッタス 「レースコントロールはF1日本GPを開始するべきではなかった」

2022年10月15日
ボッタス 「レースコントロールはF1日本GPを開始するべきではなかった」
アルファロメオのバルテリ・ボッタスは、フィールドの密集地帯での視界があまりにも悪かったので、レースコントロールはF1日本GPをスタートするべきではなかったと語る。

鈴鹿サーキットはレース開始1時間前から雨に見舞われたが、スタート手順が開始された時点でコンディションは受け入れられるものとみなされ、すべてのドライバーがピレリのインターミディエイトタイヤでレースをスタートすることを選択した。

バルテリ・ボッタス、F1日本GPでネオンをテーマにしたヘルメット

2022年10月7日
バルテリ・ボッタス、F1日本GPでネオンをテーマにしたヘルメット
バルテリ・ボッタスは、2022年のF1日本GPに日本のネオンをテーマにしたスペシャルヘルメットを用意した。

デザインしたのはバルテリ・ボッタスのパートナーであるティファニー・クロムウェルだ。「今週末の鈴鹿での日本GPのバルテリ・ボッタスのヘルメットは日本のネオンライトがテーマです」と彼女は説明した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム