バルテリ・ボッタス 「単年契約のプレッシャーは内側から心を喰い始める」

2022年1月14日
F1:バルテリ・ボッタス 「単年契約のプレッシャーは内側から心を喰い始める」
バルテリ・ボッタスが、メルセデスF1のキャリアを振り返り、単年契約のプレッシャーがどのように影響していたかについて語った。

2017年にウィリアムズからメルセデスF1に移籍したバルテリ・ボッタスは、5回のコンストラクターズタイトルに貢献。チームと101戦に出場し、10勝、58回の表彰台、20回のポールポジションを獲得したが、2021年をもって放出され、2022年はアルファロメオF1に移籍する。

アルファロメオF1代表 「周冠宇にはボッタスという良い先生がいる」

2022年1月11日
アルファロメオF1代表 「周冠宇にはボッタスという良い先生がいる」
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、バルテリ・ボッタスが周冠宇の“良い先生”になると感じている。

アルファロメオF1は、2022年にドライバーライナップを一新する唯一のチームとなる。キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィに代わり、メルセデスF1からバルテリ・ボッタスが加入し、F2を卒業するルーキーの周冠宇がチームメイトを務める。

ボッタスがウィリアムズ復帰ではなくアルファロメオ移籍を選んだ理由

2022年1月10日
F1:バルテリ・ボッタスがウィリアムズ復帰ではなくアルファロメオ移籍を選んだ理由
バルテリ・ボッタスは、2022年にウィリアムズF1に復帰するのではなく、アルファロメオF1に移籍することを決断した理由を説明した。

メルセデスF1との5年間の関係が終了に近づいたとき、将来の可能性な選択肢のひとつは、ウィリアムズF1に復帰することだったとバルテリ・ボッタスは認める。

バルテリ・ボッタスが苦しんだ“ルーベンス・バリチェロ症候群”

2022年1月9日
F1:バルテリ・ボッタスが苦しんだ“ルーベンス・バリチェロ症候群”
バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1での彼の業績を誇りに思うことができるが、F1ワールドチャンピオンを獲得するという究極の目的を達成することはできなかったことを認める。それは、ルーベンス・バリチェロがフェラーリ時代に経験した立場を自分自身に見つけるかもしれない。

二人の類似点は明らかだ。バルテリ・ボッタスは10勝、67回の表彰台、ルーベンス・バリチェロは11勝、68回の表彰台を獲得した。ただし、ボッタスははるかに短い期間でこれらの称賛を獲得した。

バルテリ・ボッタス 「ハミルトンと組んで自分自身について多くを学んだ」

2022年1月2日
F1:バルテリ・ボッタス 「ハミルトンと組んで自分自身について多くを学んだ」
バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1でルイス・ハミルトンと組んだことで、F1の精神的な側面について多くの教訓を得たと語った。

バルテリ・ボッタスは、7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンと5年間チームを組んだ後、今シーズン末でメルセデスF1を離れた。その時間の中で、全体的にはハミルトンが優位に立っていた。

バルテリ・ボッタス 「2022年F1マシンはこれまでとそれほど違わない」

2021年12月30日
バルテリ・ボッタス 「2022年F1マシンはこれまでとそれほど違わない」
バルテリ・ボッタスは、2022年F1マシンがドライバーにとって現在のF1マシンと全く異なるフィーリングになるとは考えていない。

F1チームは、2022年に登場するまったく新しいグラウンドエフェクトカーに全力で取り組んでいる。次世代F1マシンは、F1ドライバーがお互いをより緊密に追従できるようにすることで、レースの改善を支援することを目的としている。

バルテリ・ボッタス、メルセデスF1に最終出社「特別な一日だった」

2021年12月19日
バルテリ・ボッタス、メルセデスF1に最終出社「特別な一日だった」
バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1のファクトリーに最終出社。別れを告げた一日は“本当に特別”だったと語り、正式にアルファロメオF1に向けてチームを離れた絵。

バルテリ・ボッタスは、すでにF1アブダビGP後のピレリのタイヤテストでアルファロメオF1のチームでの仕事を開始しているが、金曜日に最後のメルセデスカラーに戻り、ルイス・ハミルトン、トト・ヴォルフとともにファクトリーを訪れ、8年連続でコンストラクターズチャンピオンに輝いたことを確認してくれたを獲得した労働力に感謝の意を表した。

バルテリ・ボッタス、ハミルトンの敗北は「自分事のように打ちのめされた」

2021年12月15日
バルテリ・ボッタス、ハミルトンの敗北は「自分事のように打ちのめされた」
バルテリ・ボッタスは、F1アブダビGPでの劇的なルイス・ハミルトンの敗北を自分のことにように感じており、「精神的に打ちのめされた」と語った。

残念ながら、バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1でのラストレースとなったF1アブダビGPを後方で戦うことになり、チームメイトのタイトル争いをサポートすることができなかった。

バルテリ・ボッタス&周冠宇、アルファロメオF1のマシンで初走行

2021年12月14日
バルテリ・ボッタス&周冠宇、アルファロメオF1のマシンで初走行 / F1アブダビテスト 初日
バルテリ・ボッタスが、2021年の所属チームであるアルファロメオF1のマシンで初走行を行った。

今シーズン限りで5シーズンを過ごしたメルセデスF1を離脱し、2022年からアルファロメオF1で新たなキャリアをスタートさせるバルテリ・ボッタス。2021年のコンストラクターズタイトルを獲得したメルセデスF1は、バルテリ・ボッタスの新チームでのテストを許可した。
«Prev || ... 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム