レッドブル・ホンダ、決勝に向けて2台のドライブシャフトを交換

2019年5月12日
F1 レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダは、F1スペインGPの決勝にむけてマックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーのドライブシャフトを交換した。

前戦F1アゼルバイジャンGPではピエール・ガスリーが6位走行中にドライブシャフトの故障によってリタイア。土曜日にもドライブシャフトに問題が発生しており、今回の交換はレッドブル・ホンダがいかにドライブシャフトの寿命にナーバスになっているかが見て取れる。

2019年 F1スペインGP 決勝 | 決勝スターティンググリッド

2019年5月12日
F1 スペインGP
FIA(国際自動車連盟)は、2019年のF1世界選手権 第5戦 スペインGPの決勝スターティンググリッドを発表した。

F1スペインGPでペナルティを科せられるドライバーは4名。ルノーF1チームのダニエル・リカルドは、前戦アゼルバイジャンGPでのダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)との接触事故に対して3グリッド降格ペナルティを科せられており、10番グリッドから13番グリッドに降格する。

ニコ・ヒュルケンベルグ、予選失格でピットレーンスタート / スペインGP

2019年5月12日
F1 ニコ・ヒュルケンベルグ
ルノーF1チームのニコ・ヒュルケンベルグで、予選中に異なる仕様のフロントウイングを装着してパルクフェルメルールを破ったことで失格となり、F1スペインGPの決勝をピットレーンからスタートすることになった。

ニコ・ヒュルケンベルグは、F1スペインGPの予選Q1でミスをしてターン4でバリアに接触。自走でピットに戻ったが、フロントウイングが破損していた。

F1スペインGP 決勝 | 各ドライバーの持ちタイヤ数

2019年5月12日
F1スペインGP 決勝
ピレリは、F1スペインGPの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を発表した。

ピレリは、今回のF1スペインGPにC1(ハード/ホワイト)、C2(ミディアム/イエロー)、C3(ソフト/レッド)と最も硬いレンジのタイヤを持ち込んでおり、決勝ではハードもしくミディアムのいずれか1セットを使用されなければならない。

F1 スペインGP 予選:トップ10ドライバーコメント

2019年5月12日
F1 スペインGP
2019年のF1世界選手権 第5戦 スペインGPの予選が5月11日(土)にバルセロナのカタロニア・サーキットで行われた。

ポールポジションを獲得したのはメルセデスのバルテリ・ボッタス。予選のすべてのセグメントでトップタイムをマークし、昨年ルイス・ハミルトンが記録したコースレコード(1分16秒173)を0.767秒更新する1分15秒406を記録。通算9回目、第3戦中国GPから3戦連続となるポールポジションを獲得した。

アントニオ・ジョビナッツィ、ギアボックス交換で5グリッド降格

2019年5月12日
F1 アントニオ・ジョビナッツィ
アルファロメオ・レーシングのアントニオ・ジョビナッツィは、ギアボックスを交換によってF1スペインGPの決勝で5グリッド降格ペナルティを科せられることになった。

アルファロメオ・レーシングは予選後にアントニオ・ジョビナッツィに新しいギアボックスを搭載することを選択。6戦連続使用を満たしていないため5グリッド降格ペナルティを科せられることになった。

レッドブル・ホンダ | 2019年 F1スペインGP 予選レポート

2019年5月12日
F1 レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダは、F1スペインGPの予選で、マックス・フェルスタッペンが4番手、ピエール・ガスリーが6番手だった。

レッドブル・ホンダは、マックス・フェルスタッペンが、3番手のセバスチャン・ベッテルにわずか0.1秒差に迫る4番手、2列目を確保。ピエール・ガスリーはフェルスタッペンの後ろの6番グリッドを獲得した。

トロロッソ・ホンダ | 2019年 F1スペインGP 予選レポート

2019年5月12日
F1 トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダは、F1スペインGPの予選で、ダニール・クビアトが9番手、アレクサンダー・アルボンが12番手だった。

トロロッソ・ホンダは、ダニール・クビアトが2戦連続となるQ3進出を果たして9番グリッドを獲得。アレクサンダー・アルボンはわずか0.146秒差でQ3進出を逃して12番手で予選を終えたが、他車のペナルティーにより、決勝は11番グリッドからのスタートになる予定となっている。

シャルル・ルクレール 「フロアの損傷の度合いに驚いた」

2019年5月12日
F1 シャルル・ルクレール フェラーリ
フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1スペインGPの予選で膨らんでしまった際に自分のマシンが負った損傷の度合いに驚いたと述べた。

シャルル・ルクレールは、予選Q2で高速のカンプサで縁石を乗り越えた際にマシンから破片が飛び散った。フェラーリは予選中に何度も修復を試みた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム