F1スペインGP 予選:トップ10 ドライバーコメント

2020年8月16日
F1スペインGP 予選:トップ10 ドライバーコメント
2020年のF1世界選手権 第6戦 F1スペインGPの予選でトップ10入りしたドライバーのコメント。

予選は再びメルセデス同士の戦いとなり、ルイス・ハミルトンがバルテリ・ボッタスを0.059秒の僅差で上回って今季4回目となるポールポジションを獲得。3番手には0.708秒差でマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が続いた。

F1スペインGP 予選:ドライバーコメント(11番手~20番手)

2020年8月16日
F1スペインGP 予選:ドライバーコメント(11番手~20番手)
2020年のF1世界選手権 第6戦 F1スペインGPの予選で11番手~20番手だったドライバーのコメント。

非常に僅差となったF1スペインGPの予選。11番手のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は0.002秒差、12番手のダニール・クビアトは0.026秒差でQ3進出を逃している。しかし、高温が予想されるレースではソフトでスタートするトップ10ドライバーに対し、タイヤを自由に選べるメリットは大きいかもしれない。

ホンダF1:2020年 第6戦 F1スペインGP 予選レポート

2020年8月16日
ホンダF1:2020年 第6戦 F1スペインGP 予選レポート
F1スペインGPの予選が行われ、ホンダ PUを搭載した4台のうち、3台がトップ10からの決勝スタートとなった。レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、カタルニア・サーキットでの自身ベストグリッド3番手からのスタートする。

昨日に続き気温が高い中で始まった予選のQ1では、4台とも力強いペースで走りQ2に進出。ダニール・クビアトは0.026秒差でQ2でノックアウトとなったが、他の3台はQ3に進出。クビアトはタイヤ選択ができる12番手から、トップ10圏内の3台はソフトタイヤで決勝をスタートする。

カルロス・サインツとロマン・グロージャン、新品のパワーユニットを投入

2020年8月16日
カルロス・サインツとロマン・グロージャン、新品のパワーユニットを投入 / F1スペインGP
マクラーレンのカルロス・サインツとハースのロマン・グロージャンは、F1スペインGPの最終プラクティスに先立って新品のパワーユニットを投入した。

カルロス・サインツは、先週末のF1 70周年記念GPで冷却問題に悩まされ、F1スペインGPに先立ってシャシーを含めた多くのパーツを交換。だが、バルセロナでもその症状は改善されず、“試すものが尽きている”と認めていた。

キミ・ライコネン、今季初のQ2進出 「タイヤが残っていればQ3も狙えた」

2020年8月16日
キミ・ライコネン、今季初のQ2進出 「タイヤが残っていればQ3も狙えた」 / アルファロメオ F1スペインGP 予選
アルファロメオF1のキミ・ライコネンは、2020年のF1世界選手権 第6戦 F1スペインGPの予選で今季初のQ2進出を果たし、14番手で予選を終えた。

これまで5戦連続でQ1敗退となっていたキミ・ライコネンだが、カタロニア・サーキットでは競争力を見せており、今季初となるQ2進出を果たした。Q2ではソフトタイヤがなく、ミディアムでのアタックを余儀なくされた。

セバスチャン・ベッテル 「SF1000にはまだ答えが出せていない部分がある」

2020年8月16日
セバスチャン・ベッテル 「SF1000にはまだ答えが出せていない部分がある」 / フェラーリ F1スペインGP 予選
フェラーリF1のセバスチャン・ベッテルは、F1スペインGPの予選Q2で敗退。シャシーを交換したものの、SF1000にはまだ“答えが出せていない”部分があると語る。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、今週末のF1スペインGPに先立ってシャシーを交換。最近のスランプを脱する手助けになってはいるものの、まだSF1000には苦戦をしていることを認める。

マックス・フェルスタッペン 「ロングランではメルセデスと戦える」

2020年8月16日
マックス・フェルスタッペン 「ロングランではメルセデスと戦える」 / レッドブル・ホンダ F1スペインGP 予選
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2020年のF1世界選手権 第6戦 F1スペインGPを3番手でフィニッシュ。メルセデスには一発のペースでは敵わないが、ロングランでは勝負できると考えていると語る。

Q3の最初のスティントで、マックス・フェルスタッペンはメルセデス2台に次ぐ3番手につけるが、2回目のスティントでタイムを伸ばせず、変わらず3番手。週末を通して常に3番手というポジションとなっている。

アルファタウリ・ホンダF1 「Q3でパッケージから最大限を引き出せなかった」

2020年8月16日
アルファタウリ・ホンダF1 「Q3でパッケージから最大限を引き出せなかった」 / F1スペインGP 予選
アルファタウリ・ホンダF1の車両パフォーマンス責任者を務めるギヨーム・デゾテウスが2020年のF1世界選手権 第6戦 F1スペインGPの予選を振り返った。

F1スペインGPの予選で、アルファタウリ・ホンダはピエール・ガスリーがQ3進出を果たして10番グリッドを獲得。ダニール・クビアトは0.024秒の僅差でノックアウトとなり決勝は12番手からスタートする。

ダニール・クビアト 「新品タイヤを生かしてトップ10以内を狙いたい」

2020年8月16日
ダニール・クビアト 「新品タイヤを生かしてトップ10以内を狙いたい」 / アルファタウリ・ホンダ F1スペインGP 予選
アルファタウリ・ホンダF1のダニール・クビアトは、2020年のF1世界選手権 第6戦 スペインGPの予選を12番手で終えた。

0.026秒差でQ2でノックアウトとなり、今季初のQ3進出は叶わなかったダニール・クビアトは「午前中のフリー走行ではマシンのフィーリングがよくなくて苦しんだが、予選では改善することができました」とコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム