角田裕毅 クラッシュリタイア 「完全にブレーキングポイントを間違えた」

2022年10月3日
角田裕毅 クラッシュリタイア 「完全にブレーキングポイントを間違えた」 / スクーデリア・アルファタウリ F1シンガポールGP 決勝
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年 F1シンガポールGP の決勝をクラッシュリタイアで終えた。

10番グリッドからスタートした角田裕毅は、20周目に挙動を乱してクルマがアンチストールに入るトラブルで12番手に順位を落としてレースを進めていた。しかし、インターミディエイトからミディアムタイヤに履き替えた直後の36周目にターン10でまっすぐバリアに衝突してリタイアでレースを終えた。

セルジオ・ペレス、5秒ペナルティ+戒告処分でF1シンガポールGP優勝が確定

2022年10月3日
セルジオ・ペレス、5秒ペナルティ+戒告処分でF1シンガポールGP優勝が確定
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、2022年F1シンガポールGPで2つのセーフティカーの侵害行為に対して5秒ペナルティと戒告を受けたが、マリーナ・ベイでの勝利はスチュワードによって支持された。

セルジオ・ペレスは、8周目から10周目までとレース後半の36周目から39周目までの2つの別々のセーフティカー期間で10台車身を維持できなかったとして記録され、レース後にスチュワードに召喚された。

フェラーリF1代表 「セルジオ・ペレスは2つのペナルティを受けるはず」

2022年10月3日
フェラーリF1代表 「セルジオ・ペレスは2つのペナルティを受けるはず」 / F1シンガポールGP 決勝
フェラーリF1のチーム代表であるマッティア・ビノットは、F1シンガポールGPでセルジオ・ペレスがセーフティカーから10車身以内に留まらなかった場合、2つのペナルティを受ける可能性があると考えている。

レースウィナーであるセルジオ・ペレスは、レース再開時にセーフティカーから10車身以内に留まるというルールを守らなかったとして、FIA スチュワードの調査に直面している。

【動画】 2022年 F1シンガポールGP 決勝 ハイライト

2022年10月3日
【動画】 2022年 F1シンガポールGP 決勝 ハイライト
2022年 F1シンガポールGP 決勝のハイライト動画。10月2日(土)にシンガポール・マリーナ・ベイ市街地コースで2022年のF1世界選手権 第17戦 シンガポールグランプリの決勝レースが行われた。

優勝は2番グリッドからスタートしたセルジオ・ペレス。1コーナーまでに首位に立つと、一度のリードを奪われることなくチェッカー。今季2勝目、通算4勝目を挙げた。だが、セーフティカー中に10車身以上の間隔をあけたことでインフリンジメント(侵害行為)でレース後の審議対象となっているため、現時点での結果は暫定となる。

F1シンガポールGP 決勝:レッドブルF1のセルジオ・ペレスが今季2勝目

2022年10月3日
F1シンガポールGP 決勝:レッドブルF1のセルジオ・ペレスが今季2勝目 フェルスタッペンの王座は次戦日本GPに持越
2022年F1シンガポールGPの決勝が10月2日(日)にマリーナ・ベイ市街地コースで行われ、セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)が優勝した。

新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催となったF1シンガポールGPは、決勝前の豪雨によって1時間5分遅れでスタート。2時間レースが適用され、61周のレースは59周で終了した。

F1シンガポールGP 決勝 速報:セルジオ・ペレスが暫定優勝

2022年10月3日
F1シンガポールGP 決勝 速報:セルジオ・ペレスが暫定優勝 フェルスタッペンは7位
F1シンガポールGP 決勝の結果速報。2022年F1第17戦シンガポールグランプリの決勝が10月2日(日)にマリーナ・ベイ市街地コースで行われた。

決勝前の雨によって1時間5分のディレイでスタートしたF1シンガポールGP。レースは3時間ルールが適用され、途中から残り周回数ではなく、時間へとカウント表示が変更された。

2022年 F1シンガポールGP 決勝:順位結果

2022年10月3日
2022年 F1シンガポールGP 決勝:順位結果
2022年F1シンガポールGP 決勝の順位結果。

2022年のF1世界選手権 第17戦 F1シンガポールGPの決勝が10月2日(日)にマリーナ・ベイ・サーキットで行われ、セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)が優勝。2位にはシャルル・ルクレール(フェラーリ)、3位にはカルロス・サインツJr.(フェラーリ)が続いた。角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)はリタイアだった。

角田裕毅、ドライタイヤ交換直後にクラッシュリタイア / F1シンガポールGP

2022年10月2日
角田裕毅、ドライタイヤ交換直後にクラッシュリタイア / F1シンガポールGP
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1シンガポールGPの決勝をクラッシュリタイアで終えた。

10番グリッドからスタートした角田裕毅は、20周目に挙動を乱してクルマがアンチストールに入るトラブルで12番手に順位を落としてレースを進めていた。

マックス・フェルスタッペン F1シンガポールGP タイトル獲得条件

2022年10月2日
マックス・フェルスタッペン F1シンガポールGP タイトル獲得条件
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第17戦シンガポールGPで2度目のF1ワールドチャンピオンを獲得する可能性がある。

今シーズン11勝を挙げているマックス・フェルスタッペンは合計335ポイントを獲得。ランキング2位のシャルル・ルクレール(フェラーリ)に116ポイント差、ランキング3位のセルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)に125ポイント差をつけている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム