アルファタウリF1 「ドライタイヤへの変更を早めすぎてチャンスを逃した」

2022年10月3日
アルファタウリF1 「ドライタイヤへの変更を早めすぎてチャンスを逃した」 / F1シンガポールGP
スクーデリア・アルファタウリのテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンが、2022年 F1シンガポールGPの決勝を振り返った。

ピエール・ガスリーが7番グリッド、角田裕毅が10番グリッドと2台揃ってトップ10圏内からスタートしたアルファタウリF1チームだったが、乾き始めた路面で早めにドライタイヤに変更するという戦略が裏目に出た。

ジョージ・ラッセル 「スリックタイヤに賭ける価値はあったと思う」

2022年10月3日
ジョージ・ラッセル 「スリックタイヤに賭ける価値はあったと思う」 / メルセデス F1シンガポールGP
ジョージ・ラッセル(メルセデス)は、F1シンガポールGPを14位でフィニッシュ。スリックタイヤに賭ける価値はあったと振り返る。

F1は2019年以来3年ぶりにシンガポールでレースを行った。2022年のF1シンガポールGPは、豪雨によってスタートが遅れ、路面を滑りやすくしたため、多くのリスクと見返りを提供するレースとなった。

セバスチャン・ベッテル 「グリッドまでのラップでラインをチェックしていた」

2022年10月3日
セバスチャン・ベッテル 「グリッドまでのラップでラインをチェックしていた」 / F1シンガポールGP
アストンマーティンは、F1シンガポールGPでランス・ストロールが6位、セバスチャン・ベッテルが8位でフィニッシュし、今シーズン2回目のダブルポイントフィニッシュを達成。ハースとアルファタウリを抜いてコンストラクターズ選手権7位にを上げた。

決勝では、ランス・ストロールが11番グリッド、セバスチャン・ベッテルが13番グリッドからスタートしたが、ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンのミスに加えて、6人のドライバーがリタイアした消耗戦で、両方のドライバーがノーズをきれいに保った。

ダニエル・リカルド 「角田裕毅の事故でセーフティカーの幸運に恵まれた」

2022年10月3日
ダニエル・リカルド 「角田裕毅の事故でセーフティカーの幸運に恵まれた」 / マクラーレン F1シンガポールGP
ダニエル・リカルド(マクラーレン)は、2022年 F1シンガポールGP の決勝を5位でフィニッシュ。「この結果が必要だった」と語った。

今シーズン限りでマクラーレンを退団することが決定しているダニエル・リカルドにとって5位は今季のベストリザルト。チームメイトのランド・ノリスとどうよに36周目に出動したセーフティカーでのフリーストップから恩恵を受けた。

レッドブルF1代表 「スチュワードは正しい決断を下した」

2022年10月3日
レッドブルF1代表  「スチュワードは正しい決断を下した」 ペレス優勝でチームは6連勝 / F1シンガポールGP
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2022年F1シンガポールGPの決勝を振り返った。

マリーナ・ベイ市街地コースで行われたシンガポールGP決勝で、セルジオ・ペレスはレースを通じてシャルル・ルクレール(フェラーリ)からのプレッシャーに耐え、レース終了後に5秒加算ペナルティを科されながらも全ラップリードを記録してキャリア通算4勝目を挙げた。

ピエール・ガスリー 「戦略に納得いかない。ビッグチャンスを逃した」

2022年10月3日
ピエール・ガスリー 「戦略に納得いかない。ビッグチャンスを逃した」 / スクーデリア・アルファタウリ F1シンガポールGP 決勝
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年 F1シンガポールGP の決勝を10位で終えた。

7番グリッドからスタートしたピエール・ガスリーは、第1スティントでそのポジションをキープしていた。しかし、路面が乾き始めているコンディションのなか、チームは32周目にミディアムタイヤに交換するというギャンブルに出た。

セルジオ・ペレス 今季2勝目 「僕にとって大きな意味を持つ優勝」

2022年10月3日
セルジオ・ペレス 今季2勝目 「僕にとって大きな意味を持つ優勝」 / レッドブル・レーシング F1シンガポールGP 決勝
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、2022年 F1シンガポールGP の決勝レースで今季2勝目を挙げた。

マリーナ・ベイ市街地コースで行われたシンガポールGP決勝で、セルジオ・ペレスはレースを通じてシャルル・ルクレール(フェラーリ)からのプレッシャーに耐え、レース終了後に5秒加算ペナルティを科されながらも全ラップリードを記録してキャリア通算4勝目を挙げた。

2022年 F1ポイントランキング (第17戦シンガポールGP終了時点)

2022年10月3日
2022年 F1ポイントランキング (第17戦シンガポールGP終了時点)
2022年F1第17戦シンガポールグランプリが終了。マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)のF1ワールドチャンピオンは次戦日本GPに持ち越された。

王座確定には優勝が絶対条件だったマックス・フェルスタッペンは7位でフィニッシュ。セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)が優勝し、シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)が2位でフィニッシュしたことで、チャンピオンシップはホンダの地元である鈴鹿サーキットでの開催されるF1日本GP以降に持ち越されることとなった。

マックス・フェルスタッペン 「スタートでアンチストールに入った」

2022年10月3日
マックス・フェルスタッペン 「スタートでアンチストールに入った」 / F1シンガポールGP 決勝
マックス・フェルスタッペンは、F1シンガポールGPのスタートでクラッチを離した後、アンチストールが起動したことが原因で発進がうまくいかなかったと語る。

レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、マシンがほぼアンチストールモードに入った後、8番グリッドからターン1 までに12番手に落ちた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム