エステバン・オコン、ジョージ・ラッセルのF1デビューを祝福

2018年10月12日
F1 ジョージ・ラッセル
エステバン・オコンは、同じメルセデスのジュニアドライバーであるジョージ・ラッセルのウィリアムズでのF1デビューを祝福した。

ウィリアムズは10月12日(金)、ジョージ・ラッセルを2019年のF1ドライバーとして起用することを発表。契約は複数年であることが発表されており、その点もエステバン・オコンと比較して有利だったと考えられている。

ウィリアムズ、2019年のジョージ・ラッセルの起用を発表

2018年10月12日
F1 ウィリアムズ ジョージ・ラッセル
ウィリアムズは、2019年のF1ドライバーとしてジョージ・ラッセルを起用することを発表した。

メルセデスの育成ドライバーであるジョージ・ラッセル(20歳)は、今年のF2でポイントランキング首位に立っており、チャンピオン獲得は確実だと考えられている。

ウィリアムズは10月12日(金)にジョージ・ラッセルを2019年のF1ドライバーとして起用することを発表。契約は複数年としている。

ジョージ・ラッセル 「F1には少なくともあと2チームは必要」

2018年9月24日
F1 ジョージ・ラッセル メルセデス
メルセデスの育成ドライバーであるジョージ・ラッセルは、若手ドライバーがシートを獲得できるようになるにはF1には少なくともあと2チームは必要だと考えている。

現在、F2のチャンピンシップリーダーであるジョージ・ラッセルだが、2019年にF1シートを獲得するのは難しいと考えられている。一方、ランキング2位のランド・ノリスはマクラーレンでのF1デビューが決定している。

ジョージ・ラッセル、2019年のウィリアムズのF1ドライバー候補に浮上

2018年9月16日
F1 ジョージ・ラッセル ウィリアムズF1
ジョージ・ラッセルが、2019年のウィリアムズのF1ドライバーの最有力候補だと報じられている。

ウィリアムズは、現在ドライバーを務めるランス・ストロールがフォースインディアに移籍するのは確実だとされており、2019年には空席ができることになる。

20歳のジョージ・ラッセルは、エステバン・オコンと同じメルセデスの育成プログラムのメンバーであれ、現在F2でランキングトップに立っている。

F1ハンガリーテスト 2日目 | ジョージ・ラッセルが非公式コースレコード

2018年8月2日
F1 F1ハンガリーテスト ジョージ・ラッセル
2018年のF1ハンガリーテストが8月1日(水)にブダペストのハンガロリンクで2日目を迎え、メルセデスのテストを担当したジョージ・ラッセルが非公式コースレコードを記録して2日間にわたるインシーズンテストは終了した。

今年最後のインシーズンテストが終了。前日は終了間際に雨が降ったが、2日目となるF1ハンガリーテストはドライコンディションで午前と午後で8時間にわたってセッションが行われた。

メルセデスF1、ウェーレインとラッセルをリザーブドライバーに起用

2018年2月23日
F1 メルセデスAMG F1 2018年のF1世界選手権
メルセデスF1チームは、2018年のF1世界選手権でパスカル・ウェーレインとジョージ・ラッセルの2名を公式リザーブドライバーに起用することを発表した。

昨年までザウバーのレースドライバーを務めていたパスカル・ウェーレインだが、F1でレースシートを獲得することができず、今季は2015年にチャンピオンを獲得したDTM(ドイツツーリングカー選手権)にメルセデスから復帰を果たす。

メルセデス育成のジョージ・ラッセル、ARTグランプリからF2に参戦

2018年1月19日
フォーミュラ2 ジョージ・ラッセル
ATRグランプリは、2018年フォーミュラ2選手権のドライバーにジョージ・ラッセルを起用することを発表した。

メルセデスの育成ドライバーであるイギリス出身のジョージ・ラッセル(19歳)は、昨年GP3にARTグランプリから参戦して圧倒的な強さでチャンピオンを獲得。

また、ハンガロリンクで実施されたF1インシーズンテストではメルセデスのテストを担当してF1マシンで初走行。

フォース・インディア、ジョージ・ラッセルのリザーブ起用を望む

2017年11月15日
フォース・インディア F1 ジョージ・ラッセル
フォース・インディアは、2018年のリザーブドライバーとしてメルセデスの育成ドライバーであるジョージ・ラッセルとの契約に近づいていると報じられている。

今年GP3のチャンピオンを獲得したジョージ・ラッセル(19歳)は、F1ブラジルGPのフリー走行1回目にセルジオ・ペレスに代わってフォース・インディアを走らせてF1グランプリデビューを果たした。

ジョージ・ラッセル、上々のF1フリー走行デビュー / F1ブラジルGP

2017年11月11日
ジョージ・ラッセル フォース・インディア GP3 ブラジルグランプリ
メルセデスの育成ドライバーであるジョージ・ラッセルが、F1ブラジルGPのフリー走行1回目にフォース・インディアのF1マシンで初走行を行い、上々のグランプリデビューを果たした。

2017年のGP3チャンピオンを獲得したジョージ・ラッセルは、インテルラゴス・サーキットの金曜フリー走行1回目でセルジオ・ペレスからマシンを引き継いで走行を担当。29周を走行して1分11秒047を記録し、ハース勢やルノー勢を上回る12番手につけた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム