ジョージ・ラッセル 「ハミルトンと5位を争うことに興味はない」

2022年4月20日
メルセデスF1のジョージ・ラッセル 「ハミルトンと5位を争うことに興味はない」
メルセデスF1のドライバーであるジョージ・ラッセルは、パフォーマンスに欠けた現状のW13でチームメイトのルイス・ハミルトンと戦うことに「興味はない」と語る。

メルセデスF1は、2022F1マシンであるW13で深刻なポーポイズ現象に苦しんでいる。これにより、走らせられる車高が制限されており、ジョージ・ラッセルとルイス・ハミルトンがパッケージから最高のパフォーマンスを引き出すことができなくなっている。

ジョージ・ラッセル 「実質的にW13で進行中のアップグレードはない」

2022年4月15日
メルセデスF1のジョージ・ラッセル 「実質的にW13で進行中のアップグレードはない」
ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1は、パフォーマンスを改善するために進行中のアップグレードが“実質的”にないことを明らかにした。

2022年F1シーズンのスタートはメルセデスF1にとって苦痛なものとなった。メルセデスW13は、フェラーリとレッドブルの両方に遅れをとっており、一部のレポートでは、5番目に速い車にすぎないとの見方もある。

F1:マーティン・ブランドル「ラッセルの表彰台は決して運だけではない」

2022年4月12日
F1:マーティン・ブランドル「ラッセルの表彰台は決して運だけではない」
ジョージ・ラッセルのF1オーストラリアGPでのメルセデスF1移籍後の初表彰台はセーフティカーが助けになったのは確かだが、元F1ドライバーで解説者に刊行したマーティン・ブランドルは、決して運だけで手にした表彰台ではないと称賛する。

予選で6番手タイムを記録し、5番グリッドのチームメイトのルイス・ハミルトンと3列目からスタートしたジョージ・ラッセルは、第1スティントを延ばしていた際にセーフティカーのタイミングで運に恵まれ、セルジオ・ペレスとルイス・ハミルトンの前で3番手を維持することができた。

ジョージ・ラッセル、メルセデスF1移籍後初表彰台は「かなりクレイジー」

2022年4月11日
ジョージ・ラッセル、メルセデスF1移籍後初表彰台は「かなりクレイジー」 / F1オーストラリアGP決勝
ジョージ・ラッセルは、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリで3位にフィニッシュし、メルセデスF1移籍後初表彰台を獲得し、ドライバーズランキングで2位に浮上。現状のレッドブルとフェラーリに対するパフォーマンス差を考えれば、そのポジションに驚いたと認める。

ジョージ・ラッセルは、チームメイトのルイス・ハミルトンの後ろの6位で予選を終えたが、23周目にセバスチャン・ベッテルのクラッシュによって出動したセーフティカーを利用してピットイン。

ジョージ・ラッセル 「マクラーレンの前でフィニッシュできない理由はない」

2022年4月10日
ジョージ・ラッセル 「マクラーレンの前でフィニッシュできない理由はない」 / メルセデス F1オーストラリアGP予選
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの予選を6番手で終えた。

ポーパシングに苦戦しているメルセデスF1だが、予選では大幅にパフォーマンスを改善させ、チームメイトのルイス・ハミルトンとともに3列目グリッドを獲得。決勝ではマクラーレンと封じられるジョージ・ラッセルは自信をみせる。

ジョージ・ラッセル 「当面はポーパシングに対応していかなければならない」

2022年4月9日
ジョージ・ラッセル 「当面はポーパシングに対応していかなければならない」  / メルセデス F1オーストラリアGP 金曜フリー走行
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリ初日のフリー走行を11番手で終えた。

メルセデスF1の苦戦はメルボルンでも続いている。ポーパシング(ポーポイズ現象)に特に問題を抱えているメルセデスF1は、パフォーマンスよりもその解決に追われているのは確かだ。

ジョージ・ラッセル 「ポーパシングを解決すれば巨大なタイムを稼げる」

2022年4月8日
メルセデスF1のジョージ・ラッセル 「ポーパシングを解決すれば巨大なタイムを稼げる」
ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1がW13の車高を下げることができれば、見い出せる“ラップタイムの巨大な塊”があることは分かっていると語る。

メルセデスF1は、F1新時代のスタートでつまずいており、2022年の最初の2ラウンドでは、フェラーリとレッドブルから大きく差をつけられた3番目のチームとして過ごした。だが、レーストリムにおいては、ミッドフィールドに対してペース面では優勢であることを示している。

ジョージ・ラッセル 「メルセデスのF1エンジンはフェラーリと同等」

2022年3月31日
ジョージ・ラッセル 「メルセデスのF1エンジンはフェラーリと同等」
ジョージ・ラッセルは、メルセデスのF1エンジンを擁護し、予選セッションで出力を上げたときにはフェラーリと“同等”だと考えていることを明らかにした。

2022年シーズンの2ラウンドが完了したが、今シーズンまでポイントを獲得していない2チームであるアストンマーティンとウィリアムズはどちらもメルセデスPUを搭載している。

ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1の問題は99%はポーパシング由来」

2022年3月29日
ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1の問題は99%はポーパシング由来」
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、ポーパシングの問題を解決することができれば、現在の現在の車の問題の99%に対処できると語る。

現時点でメルセデスF1はフロントランナーに匹敵するペースはなく、予選を6番手でジョージ・ラッセルは、フェラーリとレッドブルの4台とエステバン・オコン(アルピーヌ)の後ろの5位でレースをフィニッシュ。チームメイトのルイス・ハミルトンは予選Q1で敗退を喫して16番手となり、レースは10位でフィニッシュした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム