ジョージ・ラッセル 「早くにウィリアムズに溶け込むことが不可欠だった」

2018年12月15日
F1 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ
ジョージ・ラッセルは、2019年にF1デビューを果たす前にウィリアムズに溶け込むことが“不可欠”だったと語る。

F2チャンピオン、メルセデスのヤングスターであるジョージ・ラッセルは、今年10月に2019年のウィリアムズのドライバーとして発表された。チームメイトのロバート・クビサは1ヶ月後にドライバーとしての起用が発表されている。

ジョージ・ラッセル、カーナンバー“63”はイニシャルが由来

2018年12月14日
F1 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ
2019年にウィリアムズでF1デビューを果たすジョージ・ラッセルは、F1キャリアの固定ナンバーとして“63”を選択した。

20歳のジョージ・ラッセルがウィリアムズからF1デビューを飾ることが決定し、2019シーズンのF1グリッドには、ルイス・ハミルトン(メルセデス)とランド・ノリス(マクラーレン)と共に3人の英国人ドライバーが並ぶことになった。

ジョージ・ラッセル 「F1でアルボンとまたレースができて嬉しい」

2018年11月29日
F1 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ
ジョージ・ラッセルは、今年のF2でタイトル争いを繰り広げたアレクサンダー・アルボンがトロロッソ・ホンダのF1ドライバーに抜擢され、F1の舞台でまた戦えることを本当に嬉しく思っていると語る。

アレクサンダー・アルボンは、今年のF2のシーズン開幕時のDAMSとの契約は1戦ごとのものだった。しかし、ジョージ・ラッセルとチャンピオンシップ争いを演じるパフォーマンスを見せたことですぐにフルシーズン契約を勝ち取った。

ジョージ・ラッセル、ウィリアムズでの初テストは「非常にポジティブ」

2018年11月29日
F1 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ
ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズでの最初のF1テストは“非常にポジティブ”だったと語る。

2018年のF2チャンピオンであるジョージ・ラッセルは、2019年にロバート・クビサのチームメイトとしてウィリアムズでF1デビューを果たす。今年10月の発表以来、ウィリアムズで多くの時間を過ごしてきた。

ジョージ・ラッセルは、11月27日(火)のF1アブダビテスト初日の午前中にウィリアムズ FW41で初走行。42周を走行して10番手タイムを記録している。

ジョージ・ラッセル、F2タイトル獲得 「悪いレースから多くを学んだ」

2018年11月25日
F1 ジョージ・ラッセル フォーミュラ2
ジョージ・ラッセルは、F2チャンピオンという称号を手にして2019年にウィリアムズでF1デビューを果たすことになった。

2019年にウィリアムズで戦うことが決まっているジョージ・ラッセルは、F2最終戦アブダビのレース1で優勝。ART Grand Prixで昨年のGP3に続き、F2でもチャンピオンを獲得して、F1へと卒業することになった。

F2 | ジョージ・ラッセルが2018年のチャンピオンを獲得

2018年11月25日
F2 ジョージ・ラッセル
ジョージ・ラッセルが、2018年のF2チャンピオンを獲得した。

タイトル争いはポイントリーダーのジョージ・ラッセル(ART Grand Prix)をアレクサンダー・アルボン(DAMS)が37ポイント差で追いかける展開。2レースで獲得できる最大ポイントは48ポイントあり、まだアルボンにも逆転の可能性は残された状態でアブダビ大会を迎えた。

ジョージ・ラッセル 「アルボンはトロロッソのチャンスに相応しい」

2018年11月23日
F1 ジョージ・ラッセル アレクサンダー・アルボン
2019年にウィリアムズでF1デビューを果たすことが決定しているジョージ・ラッセルは、トロロッソ・ホンダのドライバー候補に挙げられているライバルのアレクサンダー・アルボンはジュニアカテゴリーで最も過小評価されているドライバーだと語る。

ジョージ・ラッセルとアレクサンダー・アルボンは、今週末の最終戦アブダビ大会で2018年のF2タイトルを賭けて戦う。2レースで獲得可能なポイントは48ポイント。現在、ジョージ・ラッセルはアレクサンダー・アルボンに37ポイント差をつけている。

ジョージ・ラッセル、F1アブダビテストでウィリアムズデビュー

2018年11月16日
F1 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ
ジョージ・ラッセルは、今月末のF1アブダビテストでウィリアムズのF1マシンを初めて走らせる。

今年のF2チャンピオンに王手をかけているジョージ・ラッセル(20歳)は、ウィリアムズと複数年契約を結んで2019年にF1デビューを果たす。すでに今シーズンはフォースインディアとメルセデスで最新のF1マシンを経験している。

ジョージ・ラッセル、パワポでウィリアムズ首脳陣に自らをプレゼン

2018年11月7日
F1 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ
ウィリアムズのチーフテクニカルオフィサーを務めるパディ・ロウは、ジョージ・ラッセルが2018年のウィリアムズのF1シートを獲得するためにパワーポイントでプレゼンテーションを行っていたことを明かした。

今年のF2チャンピオンに王手をかけているジョージ・ラッセルは、メルセデスでのテスト走行やシミュレーター作業で印象を与え、2019年のウィリアムズのF1シートを勝ち取った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム