ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1で結果を最大化できている」

2022年6月6日
ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1で結果を最大化できている」
メルセデスF1のジョージラッセルは、2022年F1シーズンの最初の3分の1で結果を最大化できたと感じていると語る。

ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズで3年間過ごした後、2022年にバルテリ・ボッタスの後任としてメルセデスF1に加入した。

エディ・ジョーダン 「ラッセルはハミルトンの鼻をへし折った」

2022年6月3日
F1:エディ・ジョーダン 「ラッセルはハミルトンの鼻をへし折った」
元F1チーム代表のエディ・ジョーダンは、メルセデスF1に新加入したジョージ・ラッセルが、ルイス・ハミルトンの鼻をへし折ったと考えている。

今シーズンのメルセデスF1の困難にもかかわらず、ジョージ・ラッセルは評価を高めている。3年間、パフォーマンスの悪いウィリアムズF1で修行を積んだラッセルは、その経験を生かしたW13を立派なフィニッシュに導いている。

ジョージ・ラッセル、堂々5位 「車の制約を考えれば悪くない結果」

2022年5月30日
ジョージ・ラッセル、堂々5位 「車の制約を考えれば悪くない結果」 / メルセデス F1モナコGP 決勝
ジョージ・ラッセル(メルセデスF1)は、2022年F1第7戦モナコグランプリで5位入賞を果たした。

6番手からスタートしたジョージ・ラッセルは、タイヤ交換のタイミングでランド・ノリス(マクラーレン)との攻防を制して5位に浮上。これまでの7レースをすべてトップ6以上で終えており、ドライバーズランキングで4位を維持した。

ジョージ・ラッセル、6番手「客観的に見ればパッケージを最大化した結果」

2022年5月29日
ジョージ・ラッセル、6番手「客観的に見ればパッケージを最大化した結果」 / メルセデス F1モナコGP 予選
ジョージ・ラッセル(メルセデスF1)は、2022年F1第7戦モナコグランプリの予選を6番手で終えた。

前戦バルセロナでは、課題だったポーパシングを解消したように見えたメルセデスF1だったが、ストリートサーキットであるモンテカルロ市街地コースでは、バンピーな路面によって異なる形でバウンシングが顔を出してドライバーを悩ませた。

ジョージ・ラッセル 「サーキットの一部でウィリー走行している!」

2022年5月28日
ジョージ・ラッセル 「サーキットの一部でウィリー走行している!」 / メルセデス F1モナオGP 金曜フリー走行
ジョージ・ラッセル(メルセデスF1)は、2022年F1第7戦モナコグランプリの金曜フリー走行を6番手で終えた。

「比較的良い日だったと思うけど、パフォーマンスの面でまだ目標を達成できていないことは明らかだ」とジョージ・ラッセルはコメント。

「モナコはこれらの車では非常にトリッキーなサーキットだ。空力が機能するように非常に硬くセットアップしているため、このようなバンピーなストリートサーキットで車を限界に置くのは簡単ではない」

メルセデスF1首脳 「ラッセルのフェルスタッペンへの防御は運も一因」

2022年5月27日
メルセデスF1首脳 「ラッセルのフェルスタッペンへの防御は運も一因」
メルセデスF1は、スペイングランプリでジョージ・ラッセルがマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)を防御できたのは、スキルだけでなく、運も一因だったと認める。

スペインGPは、メルセデスF1にとって現在の構成でのW13の重要なテストだった。チームは序盤戦でバウンシングをコントロールすることに苦労し、パフォーマンスに問題を引き起こしていた。

ルイス・ハミルトン 「自分をメルセデスF1のリーダーだとは感じていない」

2022年5月26日
ルイス・ハミルトン 「自分をメルセデスF1のリーダーだとは感じていない」
ルイス・ハミルトンは、自分をメルセデスF1のリーダーだとは感じておらず、自分とジョージ・ラッセルはチームの他の誰よりも一生懸命働いていると語る。

ルイス・ハミルトンにとっては奇妙なシーズンとなっている。バーレーンでの開幕戦での思いもかけない表彰台フィニッシュに続き、サウジアラビアでは10位のフィニッシュ。スペインでは、フィールドの最後尾から5位に挽回するパフォーマンスを見せたが、チームメイトのジョージ・ラッセルの台頭を考えると、このスポーツにおける彼の長期的な将来は疑問視されている。

ジョージ・ラッセル 「FP1のルーキードライバー規則は正しくない」

2022年5月25日
メルセデスF1のジョージ・ラッセル 「FP1のルーキードライバー規則は正しくない」
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、シーズン中の2回のプラクティスセッションでルーキードライバーを走らせるルールは、ドライバーやチームにとってほとんどメリットのないことだと語る。

それは決して週末の作業が妨げられるのではなく、グランプリ週末の60分間のプラクティスでのパフォーマンスに基づいて、ドライバーが才能を判断される立場に置かれるんは少し不公平だと感じているからだ。

ジョージ・ラッセル 「スペインGPがメルセデスF1のシーズンの始まり」

2022年5月24日
ジョージ・ラッセル 「スペインGPがメルセデスF1のシーズンの始まり」
F1スペインGPで表彰台を獲得したジョージ・ラッセルは、メルセデスF1がここからスイッチを入れて、W13からパフォーマンスのロックを解除できると信じている。

メルセデスF1は、2022年の序盤戦でそのポテンシャルの妨げとなっていたバウンシングに対処し、バルセロナでペースの上昇を示した。3位表彰台を獲得したジョージ・ラッセルは、レース序盤に最終的なレースウィナーであるマックス・フェルスタッペンと好バトルを繰り広げて抑え込み、ルイス・ハミルトンは最後尾から挽回して5位でフィニッシュした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム