ジョージ・ラッセル 「フェルスタッペンを抑えるためにできる限りのことをした」

2022年5月23日
ジョージ・ラッセル 「フェルスタッペンを抑えるためにできる限りのことをした」 / メルセデス F1スペインGP 決勝
ジョージ・ラッセル(メルセデスF1)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの決勝で3位表彰台を獲得した。

4番グリッドからスタートしたジョージ・ラッセルは、アップデート版W13が戦えるマシンへと変貌を遂げたことを証明した。DRSにトラブルがあったとは言え、マックス・フェルスタッペンをコース上では抑えてみせた。

ジョージ・ラッセル 「ついに開発のためのベースラインを手に入れた」

2022年5月22日
ジョージ・ラッセル 「ついに開発のためのベースラインを手に入れた」 / メルセデス F1スペインGP 予選
ジョージ・ラッセル(メルセデスF1)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの予選を4番手で終えた。

メルセデスF1は今週末にパウンシングを軽減させるアップデートを投入。パフォーマンスに焦点を当てられるようになったましんで、ジョージ・ラッセル実力でレッドブル・レーシングの1台を上回って2列目グリッドを獲得した。

ジョージ・ラッセル 「ストレートではポーパシングは出なくなった」

2022年5月21日
ジョージ・ラッセル 「ストレートではポーパシングは出なくなった」 / メルセデス F1スペインGP 金曜フリー走行
ジョージ・ラッセル(メルセデスF1)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの金曜フリー走行を2番手タイムで終えた。

これまで過度なポーパシングに苦しんできたメルセデスF1だが、5戦を終えて満を持してアップデートを投入。ジョージ・ラッセルは、コーナーではまだ発生しているが、ストレートではポーパシングは発生しなかったと語る。

メルセデスF1代表、ルイス・ハミルトンのナンバー2降格説を否定

2022年5月20日
メルセデスF1代表、ルイス・ハミルトンのナンバー2降格説を否定
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ジョージ・ラッセルがメルセデスF1のナンバー1ドライバーを引き継いだとの見方を否定した。

昨シーズンの終わりにバルテリ・ボッタスに代わってメルセデスF1に加入した23歳のジョージ・ラッセルは、ポーパング問題に苦戦している2022年マシンで7回のワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンよりも競争力を見せている。

メルセデスF1代表 「ジョージ・ラッセルの活躍を疑ったことはなかった」

2022年5月19日
メルセデスF1代表 「ジョージ・ラッセルの活躍を疑ったことはなかった」
メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、ジョージ・ラッセルがワークスチームでどのようにパフォーマンスを発揮するかについて疑いを持ったことなかったと語る。

メルセデスF1のジュニアドライバーとして数年間チームに所属していたジョージ・ラッセル(24歳)は、ウィリアムズとのF1での3シーズンの後、2022年にメルセデスF1のワークスチームに昇格した。

バルテリ・ボッタス 「ラッセルとのバトルに私情は挟んでいない」

2022年5月17日
F1:バルテリ・ボッタス 「ラッセルとのバトルに私情は挟んでいない」
アルファロメオF1チームのバルテリ・ボッタスは、自身の後任としてメルセデスF1に加入したジョージ・ラッセルとの最近のバトルに個人的なことは何もないと語る。

メルセデスF1で5シーズンを過ごした後、バルテリ・ボッタスは2021年の終わりにチームを去り、メルセデスの育成ドライバーのジョージ・ラッセルが、2020年以来続いていた憶測の末にそのシートを獲得した。

ジョージ・ラッセル 「国籍がF1ドライバーになる要因であってはならない」

2022年5月17日
ジョージ・ラッセル 「国籍がF1ドライバーになる要因であってはならない」
メルセデスF1のジョージラッセルは、ドライバーが国籍を理由にF1でチャンスを得ることを望んでいない。

F1ドライバーが母国で大きなサポートを生み出し、F1に直接利益をもたらすことができるのは長い間事実である。マックス・フェルスタッペンはその代表的な例であり、“アーミー”と称されるオランダの彼のファンがF1カレンダーでオランダグランプリの復帰を確保する上で重要な要素となった。

メルセデスF1のジョージ・ラッセル 「W13は運転するのが本当に難しい」

2022年5月16日
メルセデスF1のジョージ・ラッセル 「W13は運転するのが本当に難しい」
ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1の2022年マシンW13は、ポーパシングによって“運転するのが本当に難しい”と語る。

ジョージ・ラッセルと彼のチームメイトであるルイス・ハミルトンは、前戦マイアミGPを5位と6位でフィニッシュしたが、レッドブルとフェラーリのペースから大きく後れをとっていた。

ルイス・ハミルトン、ジョージ・ラッセルの好調ぶりで“不機嫌”に?

2022年5月12日
メルセデスF1のルイス・ハミルトン、ジョージ・ラッセルの好調ぶりで“不機嫌”に?
2022年のルイス・ハミルトンの問題は、単に競争力ないメルセデスF1マシンだけではない。F1レジェンドのニキラウド・の息子であるマティアス・ラウダによると、今年、7回のF1ワールドチャンピオンがとても「不機嫌」なのは、新しいチームメイトのジョージ・ラッセルのせいでもあると語る。

「彼はミッドフィールドで戦うことに本当に苦労している」とマティアス・ラウダはServusTVに語った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム