メルセデスF1、ジョージ・ラッセルに2022年の起用を通達との報道

2021年6月15日
メルセデスF1、ジョージ・ラッセルに2022年の起用を通達との報道
メルセデスF1は、ジョージ・ラッセルのマネジメントチームに2022年に起用することをすでに通知していると報じられている。

F1-Insider.comSky Italia は、2022年にメルセデスF1がバルテリ・ボッタスに代えてジョージ・ラッセルを起用することは確定だと報道。両方のドライバーのマネジメントを担当するトト・ヴォルフは、すでにジョージ・ラッセルにその事実を伝えているとした。

レッドブルF1首脳 「ボッタスの唯一の選択肢はラッセルとのスワップ」

2021年6月15日
レッドブルF1首脳 「ボッタスの唯一の選択肢はラッセルとのスワップ」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ジョージ・ラッセルが2022年にメルセデスF1に移籍するのは当然の結論であり、その後、バルテリ・ボッタスはウィリアムズF1に復帰する可能性があると考えている。

メルセデスF1は、まもなくルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスの二人と契約交渉に入る予定であり、これまでのハミルトンの発言に基づけば、7回のF1ワールドチャンピオンは2022年もメルセデスF1と2022年のグリッドに残るというあらゆる兆候が示されている。

ウィリアムズF1、ジョージ・ラッセルのメルセデス移籍は「大規模な損失」

2021年6月14日
ウィリアムズF1、ジョージ・ラッセルのメルセデス移籍は「大規模な損失」
ウィリアムズF1の車両パフォーマンス責任者を務めるデイブ・ロブソンは、ジョージ・ラッセルがメルセデスF1に移籍することで今シーズンの終わりにチームを去った場合に“大規模な損失”になると感じている。

今シーズン終了時にメルセデスF1との契約が満了するバルテリ・ボッタスがチームを放出された場合、育成ドライバーのジョージ・ラッセルは2022年のメルセデスF1のシートに深く結びついている。

ジョージ・ラッセル 「今年ノーポイントでも失敗だとは思わない」

2021年6月13日
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセル 「今年ノーポイントでも失敗だとは思わない」
ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズF1がノーポイントが2021年F1シーズンを終えたとしても決して失敗ではないと語る。

ウィリアムズF1は、2019年のF1ドイツGP以来、ポイントを獲得できていない。だが、そのレースもアルファロメオF1のマシンがレーススタート時にクラッチ設定違反が検出され、レース後にタイム加算ペナルティが科せられたことで、ロバート・クビサが10位に昇格したにすぎない。

メルセデスF1、2022年のジョージ・ラッセル起用をF1イギリスGPで発表?

2021年6月12日
メルセデスF1、2022年のジョージ・ラッセル起用をF1イギリスGPで発表?
メルセデスF1は、7月のF1イギリスGPで2022年のドライバーとしてジョージ・ラッセルの起用を発表し、ルイス・ハミルトンとオールブリティッスのラインナップを形成することになると噂されている。

メルセデスF1は、5シーズン連続でルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスを継続しているが、今年、ボッタスのパフォーマンスは急降下しており、ドライバーズ選手権で8位まで後退している。

ジョージ・ラッセル 「時間内にPUを交換してくれたメカニックに感謝」

2021年6月6日
ジョージ・ラッセル 「時間内にPUを交換してくれたメカニックに感謝」 / ウィリアムズ F1アゼルバイジャンGP 予選
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、2021年のF1世界選手権 第6戦 F1アゼルバイジャンGPの予選を15番手で終えた。

フリー走行3回目にエンジントラブルが発生したことで、ウィリアムズはパワーユニット一式を交換することを決断。2時間という限られたなかで交換を完了させ、Q1にジョージ・ラッセルを送り出した。

ジョージ・ラッセル、狙うは当然メルセデスF1移籍「夏までに決めたい」

2021年6月3日
ジョージ・ラッセル、狙うは当然メルセデスF1移籍「夏までに決めたい」
ジョージ・ラッセルは、2022年のF1世界戦選手権をどのチームで戦うかは夏休みまでに確定させたいとし、狙うは当然メルセデスF1への移籍だと語る。

23歳のイギリス人であるジョージ・ラッセルは、メルセデスの契約ドライバーだが、中期的にF1ワールドチャンピオンを獲得することを視野に入れて、まずはウィリアムズF1に“ローン”移籍に出されてF1デビューを果たし、契約最終年となる3シーズン目を戦っている。

ジョージ・ラッセル、ミック・シューマッハのハースF1での境遇に同情

2021年5月30日
ジョージ・ラッセル、ミック・シューマッハのハースF1での境遇に同情
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、自分の経験と重ねて、ハースF1でのミック・シューマッハが置かれている“困難”な境遇に同情している。

7回のF1ワールドチャンピオンのミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハは、アカデミーに所属するフェラーリがF1エンジンを供給するハースF1でデビューを果たしたが、競争力に欠けるマシンでチームメイトのニキータ・マゼピンとともにほぼ独占的にグリッド最下位を争っている。

フェルナンド・アロンソ 「ラッセルは将来のF1ワールドチャンピオン」

2021年5月29日
フェルナンド・アロンソ 「ラッセルは将来のF1ワールドチャンピオン」
2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは“将来のF1ワールドチャンピオン”になると評価している。

ヘルメットをコレクションしているフェルナンド・アロンソは、F1モナコGPでジョージ・ラッセルとヘルメットを交換。自分のヘルメットに『君は素晴らしい! 将来のワールドチャンピオンだ』とメッセージを添えて贈った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム