ジョージ・ラッセル、ミック・シューマッハのハースF1での境遇に同情

2021年5月30日
ジョージ・ラッセル、ミック・シューマッハのハースF1での境遇に同情
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、自分の経験と重ねて、ハースF1でのミック・シューマッハが置かれている“困難”な境遇に同情している。

7回のF1ワールドチャンピオンのミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハは、アカデミーに所属するフェラーリがF1エンジンを供給するハースF1でデビューを果たしたが、競争力に欠けるマシンでチームメイトのニキータ・マゼピンとともにほぼ独占的にグリッド最下位を争っている。

フェルナンド・アロンソ 「ラッセルは将来のF1ワールドチャンピオン」

2021年5月29日
フェルナンド・アロンソ 「ラッセルは将来のF1ワールドチャンピオン」
2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは“将来のF1ワールドチャンピオン”になると評価している。

ヘルメットをコレクションしているフェルナンド・アロンソは、F1モナコGPでジョージ・ラッセルとヘルメットを交換。自分のヘルメットに『君は素晴らしい! 将来のワールドチャンピオンだ』とメッセージを添えて贈った。

ウィリアムズF1、ジョージ・ラッセルが切望する複数年契約を準備

2021年5月27日
ウィリアムズF1、ジョージ・ラッセルが切望する複数年契約を準備
ウィリアムズF1のCEOを務めるヨースト・カピトは、ジョージ・ラッセルと新しい長期契約を結びたいと思っているが、ラッセルのF1での将来に関する決定はメルセデスに委ねられていると認める。

ジョージ・ラッセルとウィリアムズF1との現在の契約は2021年シーズン末で期限切れとなる。2019年にF1デビューを果たして以来、印象的なパフォーマンスを見せているラッセルは、2022年にメルセデスF1への移籍の可能性が噂されている。

メルセデスF1、2022年にボッタスに代えてラッセルの起用をすでに決定?

2021年5月25日
メルセデスF1、2022年にボッタスに代えてラッセルの起用をすでに決定?
メルセデスF1は、2022年にバルテリ・ボッタスに代えてジョージ・ラッセルを起用することをすでに決定していると報じられている。

F1モナコGPの決勝放送中、ロシアの Match TV のコメンテーターを務めるアレクサイ・ポポフは、メルセデスF1が今シーズン限りで契約を終了することをバルテリ・ボッタスに伝えたと語った。

ジョージ・ラッセル 「アルファタウリを倒しての15番手はベストな結果」

2021年5月23日
ジョージ・ラッセル 「アルファタウリを倒しての15番手はベストな結果」 / ウィリアムズ F1モナコGP 予選
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、2021年のF1世界選手権 第5戦 F1モナコGPの予選を15番手で終えた。

「今日はあれが最大だったし、Q1ラップは素晴らしかったと思う。ここで良いラップを刻めるのはとにかく爽快だ。簡単なではないからね。プラクティスでは非常に難しかったし、マシンに自信をつけるのに苦労していたけど、予選で状況がまとまったように思う」とジョージ・ラッセルはコメント。

ジョージ・ラッセル 「アルファロメオが速いのは予想していたこと」

2021年5月21日
ジョージ・ラッセル 「アルファロメオが速いのは予想していたこと」 / ウィリアムズ F1モナコGP 木曜フリー走行
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、2021年のF1世界選手権 第5戦 F1モナコGPの金曜フリー走行を16番手で終えた。

「まずモナコのトラックに戻ることができるのは素晴らしいことだ。マシンを限界までプッシュするのは本当にスリル満点だ。もちろん、1時間の間に20台がコースに出るので全員がクリアなラップを得るためのスペースを得るのは本当に難しい」とジョージ・ラッセルはコメント。

ウィリアムズF1幹部 「ジョージ・ラッセルは謝罪する必要はなかった」

2021年5月18日
ウィリアムズF1幹部 「ジョージ・ラッセルは謝罪する必要はなかった」
ウィリアムズF1のCEOを務めるヨースト・カピトは、ジョージ・ラッセルはイモラでのバルテリ・ボッタスとのクラッシュについて謝罪する必要はなかったと考えている。

ジョージ・ラッセルは、F1エミリア・ロマーニャGPの決勝で9位をかけてバルテリ・ボッタスにオーバーテイクを仕掛けたが、濡れた路面に片輪を落としたことでコントロールを失って高速でクラッシュ。両者はお互いを批判した。

ジョージ・ラッセル 「実力で周りのマシンとバトルすることができた」

2021年5月10日
ジョージ・ラッセル 「実力で周りのマシンとバトルすることができた」 / ウィリアムズ F1スペインGP 決勝
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、2021年のF1世界選手権 第4戦 F1スペインGPの決勝を14位で完走した。

「今日の仕事には満足しなければならない。今日のレースでのマシンの感触は良かったし、本当に自信を感じていた。15番手からスタートして14位でフィニッシュなので、結果をそれをあまり反映していないけどね」とジョージ・ラッセルはコメント。

ジョージ・ラッセル 「角田やライコネンを倒してのQ2は最大限の結果」

2021年5月9日
ジョージ・ラッセル 「角田やライコネンを倒してのQ2は最大限の結果」 / ウィリアムズ F1スペインGP 予選
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、2021年のF1世界選手権 第4戦 F1スペインGPの予選を15番手で終えた。

「今日のQ2進出は最大限だったと思う。僕たちは他の場所と比較してこのサーキットではマシンがそこまで完璧に機能してくれないことは分かっていた。FP2で少し苦労したけど、今日はコンディションが落ち着いていた」とジョージ・ラッセルはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム