ウィリアムズF1、ジョージ・ラッセルの2021年の残留を断言

2020年10月31日
ウィリアムズF1、ジョージ・ラッセルの2021年の残留を断言…セルジオ・ペレス加入説をシャットダウン
ウィリアムズF1の暫定チーム代表を務めるサイモン・ロバーツは、2021年もジョージ・ラッセルがニコラス・ラティフィとともに走ることを断言。セルジオ・ペレスと交代でチームを追われるという推測をシャットダウンした。

先週のF1ポルトガルGPで、サイモン・ロバーツは、ジョージ・ラッセルの将来についての質問に対して残留を明言せず、レーシング・ポイントのシートを失うセルジオ・ペレスが2021年にラッセルに代わってウィリアムズF1に加入するという噂に油を注いだ。

レッドブル・ホンダF1はジョージ・ラッセル獲得に動くべき?

2020年10月28日
レッドブル・ホンダF1はジョージ・ラッセル獲得に動くべき?
レッドブル・ホンダF1は、ニコ・ヒュルケンベルグではなく、ジョージ・ラッセルの獲得に動きべき。そう語るのは元F1ドライバーのクリスチャン・アルバースだ。

今季、期待された成績を残せていたないのアレクサンダー・アルボンはシート喪失のプレシャーに晒されており、F1ポルトガルGPの内容はそれにとどめを刺すことになったと考えられている。

ジョージ・ラッセル 「ペレス陣営がウィリアムズF1の噂を煽っている」

2020年10月27日
ジョージ・ラッセル 「ペレス陣営がウィリアムズF1の噂を煽っている」
ジョージ・ラッセルは、自身のウィリアムズF1のシート喪失の噂を煽っているのはレッドブル移籍を目論んでいるセルジオ・ペレス陣営だと考えている。

F1ポルトガルGPの週末を通して、ウィリアムズF1の新しい所有者であるドリルトン・キャピタルがジョージ・ラッセルを放出し、セルジオ・ペレスと彼の強力なメキシコの支持者に置き換える可能性があるとの憶測が広まった。

メルセデスF1 「ウィリアムズのラッセルに関する決定には干渉しない」

2020年10月26日
メルセデスF1 「ウィリアムズのラッセルに関する決定には干渉しない」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ジョージ・ラッセルが2021年にF1シートを失ってもウィライムズとチームの関係が損なわれることはないと主張する。

ウィリアムズF1は、今年7月にジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィの両方が来シーズンも残留することを発表。それにも関わらず、ジョージ・ラッセルのウィリアムズの将来は多くの憶測の対象となっている。

ジョージ・ラッセル、ウィリアムズF1のシート喪失説も「心配していない」

2020年10月23日
ジョージ・ラッセル、ウィリアムズF1のシート喪失説も「心配していない」
ジョージ・ラッセルは、セルジオ・ペレス加入の推測のなかでF1ポルトガルGPの記者会見に参加。2021年のウィリアムズF1のポジションを“心配はしていない”と強調した。

メルセデスが支援するジョージ・ラッセルは、2019年に複数年契約でウィリアムズF1に加入。今年7月にチームは2021年のラッセルのオプション契約を行使し、2021年もウィリアムズF1に残留することが発表されている。

ジョージ・ラッセル、ウィリアムズF1のシート喪失の危機?

2020年10月18日
ジョージ・ラッセル、ウィリアムズF1のシート喪失の危機?
ウィリアムズF1は、2021年にフリーエージェントになるセルジオ・ペレスと契約する機会に飛びつく可能性があり、ジョージ・ラッセルがシートを喪失する危機に瀕していると噂されている。

今季限りでレーシング・ポイントF1を放出されることが決定しているセルジオ・ペレスは、当初ハースF1への移籍が噂されていた。しかし、ロシアの大富豪を父に持ちニキータ・マセピンが強力な候補として登場したことで、その可能性は低くなったと報じられている。

F1ドライバー、退陣発表のウィリアムズ家に敬意「悲しい一日」

2020年9月4日
F1ドライバー、退陣発表のウィリアムズ家に敬意「悲しい一日」
ウィリアムズF1のドライバーであるジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィは、退陣することが発表されたウィリアムズ家に敬意を表し、“悲しい一日”と称した。

先月、ドリルトン・キャピタルによるチーム買収を発表したウィリアムズF1は、9月3日(木)にウィリアムズ家がF1イタリアGPのチームの経営から退くこを発表した。

ジョージ・ラッセル、大クラッシュの恐怖を語る 「ヘイローに救われた」

2020年8月31日
ジョージ・ラッセル、大クラッシュの恐怖を語る 「ヘイローに救われた」 / ウィリアムズ F1ベルギーGP 決勝
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、F1ベルギーGPの決勝でアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)と大クラッシュ。外れたホイールがマシンに衝突したが、コックピット保護デバイスであるヘイローによって救われたことに感謝した。

ジョージ・ラッセルは、10周目にアントニオ・ジョビナッツィがウォールにクラッシュし、反動でコース上を横切ってきたのを避けることができず、外れたホイールがマシンに直撃した後、ウォールにクラッシュした。

ジョージ・ラッセル 「アロンソのF1復帰は理にかなっている」

2020年7月28日
ジョージ・ラッセル 「アロンソのF1復帰は理にかなっている」
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、フェルナンド・アロンソのF1復帰が若手ドライバーのF1昇格を阻止しているとの見方に異論を唱え、復帰は“完全に理にかなっている”と語る。

セバスチャン・ベッテルが今シーズン限りでフェラーリF1を離脱することを発表したことをきっかけに、2021年のF1ドライバー市場は大きく動くことになった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1 最新ニュース

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム