ジョージ・ラッセル、後任のアレクサンダー・アルボンの活躍に太鼓判

2021年9月16日
F1:ジョージ・ラッセル、後任のアレクサンダー・アルボンの活躍に太鼓判 / ウィリアムズF1
ジョージ・ラッセルは、2022年に自身の後任としてウィリアムズに加入するアレクサンダー・アルボンの活躍に太鼓判を押す。

ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズで3年間F1を戦ってきたが、2022年からメルセデスに移籍し、ルイス・ハミルトンのチームメイトとなることが決定している。

ジョージ・ラッセル、今季3回目の入賞「ある時点では信じられかったこと」

2021年9月13日
ウィリアムズのジョージ・ラッセル、今季3回目の入賞「ある時点では信じられかったこと」 / F1イタリアGP 結果
ウィリアムズのジョージ・ラッセルは、F1イタリアGPの決勝で今季3回目の入賞となる9位フィニッシュを果たした。

「セーフティカーが出て、ピットレーンでいくつかのポジションを獲得したとき、僕たちは適切なタイミングで適切な場所でコース上にいた。その後の最後のスティントは、アロンソが僕の前に、オコンが僕の後ろにいて、本当に強かったけど、なんとかギャップを維持することができた」とジョージ・ラッセルはコメント。

ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1はレッドブルのように無謀ではない」

2021年9月11日
ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1はレッドブルのように無謀ではない」
ジョージ・ラッセルは、自身が所属するメルセデスF1のジュニアプログラムが、レッドブルのように“無謀”で“冷酷”なプログラムではないことを喜んでいる。

ジョージ・ラッセルは2015年にメルセデスF1と最初に契約を交わした。当時、ティーンエイジャーだったジョージ・ラッセルは、『将来メルセデスのドライバーとして成功する理由をすべて挙げた』パワーポイントによるプレゼンテーションでトト・ヴォルフの目を引いた。

ラッセル 「メルセデスF1でハミルトンと同等の扱いを約束されている」

2021年9月10日
ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1でハミルトンと同等の扱いを約束されている」
ジョージ・ラッセルは、2022年に加入するメルセデスF1から、ルイス・ハミルトンと同等に扱われ、ナンバー2ドライバーにならないことを約束されていると語る。

今週、ジョージ・ラッセルは、アルファロメオに加入するバルテリ・ボッタスの後任として、2022年にメルセデスF1でルイス・ハミルトンと組むことが確認された。2017年にメルセデスに加入して以来、ボッタスはハミルトンの端役を務めて、自分のレースを妥協することがよくあった。

ジェンソン・バトン、ハミルトンと対峙するジョージ・ラッセルに助言

2021年9月10日
F1:ジェンソン・バトン、ハミルトンと対峙するジョージ・ラッセルに助言
ジェンソン・バトンは、メルセデスF1でルイス・ハミルトンとチームを組むことになるジョージ・ラッセルに仕事の仕方についてアドバイスを送った。

ダブルタイトルを7連覇中のメルセデスF1は、バルテリ・ボッタスに代えて育成ドライバーのジョージ・ラッセルを昇格させることを決定。ラッセルはルイス・ハミルトンの新しいチームメイトとして2022年にメルセデスF1に加入する。

メルセデスF1代表 「ラッセルはルイスと強力なチームを形成すると確信」

2021年9月8日
メルセデスF1代表 「ラッセルはルイスと強力なチームを形成すると確信」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフが、2022年にルイス・ハミルトンのチームメイトとしてジョージ・ラッセルを迎えるという決断について語った。

バルテリ・ボッタスのアルファロメオF1移籍発表に続き、メルセデスは9月7日(水)にジョージ・ラッセルを2022年のルイス・ハミルトンのチームメイトに迎えることを発表した。

ハミルトン、ラッセルの加入を歓迎 「協力するのを楽しみにしている」

2021年9月7日
ルイス・ルイス・ハミルトン、ラッセルの加入を歓迎 「協力するのを楽しみにしている」 / メルセデスF1
メルセデスF1のルイス・ハミルトンが、2022年に新しいチームメイトとして加入することが決定したジョージ・ラッセルについて語った。

メルセデスF1は9月7日(水)、2022年にバルテリ・ボッタスの後任としてジョージ・ラッセルが加入することを発表。36歳のハミルトンと23歳のラッセルという13歳差のコンビが誕生する。

ジョージ・ラッセル、メルセデスF1移籍が決定「チャンスを両手で掴みたい」

2021年9月7日
ジョージ・ラッセル、メルセデスF1移籍が決定「チャンスを両手で掴みたい」
ジョージ・ラッセルが、2022年にメルセデスF1に移籍することが決定。「チャンスを両手で掴みたい」と語った。

ウィリアムズで3シーズンを過ごした後、ジョージ・ラッセルは、今シーズンの終わりにグローブを拠点とするチームを離れ、チャンピオンチームであるメルセデスAMGペトロナスF1チームに加わり、7回のワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンとチームを組む。

メルセデスF1、2022年のジョージ・ラッセルの起用を正式発表

2021年9月7日
メルセデスF1、2022年のジョージ・ラッセルの起用を正式発表
メルセデスF1は、2022年のドライバーとしてジョージ・ラッセルを起用することを正式発表。ルイス・ハミルトンのチームメイトとなる。

今週7日(火)、現在メルセデスF1のドライバーが務めるバルテリ・ボッタスが2022年にアルファロメオF1に移籍することが発表され、チャンピオンチームに空席ができていた。当初からジョージ・ラッセルの昇格は規定路線とされていたが、その憶測に終止符が打たれることになった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム