F1 | ジョージ・ラッセル 「メルセデスは僕を信じてくれている」

2020年1月9日
F1
ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1はまだ自分に将来のF1スターになるポテンシャルがあると信じてくれていると語る。

メルセデスのジュニアドライバーであるジョージ・ラッセルは、昨年ウィリアムズでF1デビュー。2019年に唯一ポイントを獲得できないドライバーとなったが、メルセデスとの自分の地位に害を与えたとは考えていない。

ウィリアムズF1 「ジョージ・ラッセルはマンセルを彷彿させる」

2019年12月24日
ウィリアムズF1 「ジョージ・ラッセルはマンセルを彷彿させる」
ウィリアムズF1チームの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは、厳しいルーキーシーズンとなったジョージ・ラッセルのパフォーマンスを表彰した。

F2チャンピオンとしてF1に昇格したジョージ・ラッセルだったが、ウィリアムズの2019年のパフォーマンスは乏しく、同じF2卒業生のランド・ノリスやアレクサンダー・アルボンとは異なり、後方での戦いを余儀なくされた。

ジョージ・ラッセル、18インチタイヤ搭載のメルセデスF1で218周を走破

2019年12月10日
ジョージ・ラッセル、18インチタイヤ搭載のメルセデスF1で218周を走破
ジョージ・ラッセルは、2日間にわたってヤス・マリーナ・サーキットでテストで行われたピレリの2021年の18インチF1タイヤ向けに改良されたメルセデス W10で218周を走破した。

F1は2021年に現行の13インチホイールから18インチホイールに切り替わり、今年ピレリは開発に必要なデータを収集するために大径ホイールで走行するために改良された“ミュールカー”でのテストを開始している。

ジョージ・ラッセル、メルセデスのF1マシンで18インチタイヤをテスト

2019年12月9日
ジョージ・ラッセル、メルセデスのF1マシンで18インチタイヤをテスト
ジョージ・ラッセルは。2021年のF1世界選手権で導入されるピレリの18インチタイヤをメルセデスのF1マシンでテストした。

ピレリは、18インチタイヤの実車でのテストを開始。今月に入ってからルノーとマクラーレンがそれぞれ2日間のテストを実施していた。

エステバン・オコン 「ラッセルの代役を務めるには身長が高すぎた」

2019年12月3日
エステバン・オコン 「ラッセルの代役を務めるには身長が高すぎた」
エステバン・オコンは、ジョージ・ラッセルの代役として招集されたが、ウィリアムズのマシンに乗るには身長が高すぎたため、いずれにしてもF1アブダビGPでレースをすることはできなかったと明かした。

ジョージ・ラッセルは、F1アブダビGPの週末に体調不良を訴え、ウィリアムズはメルセデスのリザーブドライバーであるエステバン・オコンにコンタクトをとった。

アレクサンダー・アルボン、F1でノーポイントのラッセルをからかう

2019年10月24日
アレクサンダー・アルボン、F1でノーポイントのラッセルをからかう
レッドブル・ホンダのF1ドライバーを務めるアレクサンダー・アルボンは、同じルーキードライバーのジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)のポイント不足を“からかって”はいるが、ラッセルのF1での将来については心配していないと語る。

F2卒業生であるアレクサンダー・アルボンとランド・ノリス(マクラーレン)はグリッドの上位争いに絡んでいるが、F2チャンピオンであるジョージ・ラッセルは、戦闘力の低いウィリアムズで最後尾でのレースを強いられ、まだF1ポイントを獲得できないでいる。

ジョージ・ラッセル 「ウィリアムズでのF1初年度に後悔はない」

2019年10月21日
ジョージ・ラッセル 「ウィリアムズでのF1初年度に後悔はない」
ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズでのF1初シーズンに後悔はしていないと語る。

F2チャンピオンとして今年ウィリアムズからF1デビューを果たしたジョージ・ラッセルだが、今シーズンまで唯一ポイントを獲得できていないドライバーとなっている。チームメイトのロバート・クビサは、ウィリアムズで唯一となる1ポイントを獲得している。

ジョージ・ラッセル、無線で悲痛な叫び「このブレーキでは続行できない」

2019年10月18日
ジョージ・ラッセル、無線で悲痛な叫び「このブレーキでは続行できない」 / ウィリアムズF1チーム
ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズにブレーキ問題の緊急な解決を求めている。

かつての名門チームであるウィリアムズだが、近年はグリッド最後尾が定位置となっており、グランプリのために十分なスペアパーツを製造することができないほどの危機に瀕している。

ロバート・クビサは、F1日本GPでプラクティス後に何の説明もなく新しいフロントウイングを取り外され、“限度を超えた”と憤りを示していた。

ジョージ・ラッセル 「日本GPはずっと楽しみにしてきたレース」

2019年10月8日
ジョージ・ラッセル 「日本GPはずっと楽しみにしてきたレース」 / ウィリアムズ F1日本GP プレビュー
ウィリアムズのジョージ・ラッセルが、F1日本GPへの意気込みと鈴鹿サーキットについて語った。

「日本はずっと楽しみにしていたレースだし、運転するのが待ち切れない素晴らしいサーキットだ。ファンは本当に情熱的だし、リザーブドライバーとして一度しか行ったことがないけど、本当に素晴らしい気分だった」とジョージ・ラッセルはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム