F1技術者 「今の技術なら2日あればライバルのパーツをコピーできる」

2021年3月11日
F1技術者 「今の技術なら2日あればライバルのパーツをコピーできる」
2021年のF1世界選手権ではイノベーションの機会が非常に限られているため、F1チームは新しいデザインについて特に秘密を厳守している。

今年は、コスト削減策として、F1チームには最大2つの開発“トークン”が割り当てられている。これらのトークンは、基本的に引き継がれる2020年マシンの設計をどこまでアップデートできるかを定義する。その上で、F1チームには、ダウンフォースを減らすために新しい空力制限が課された。

フェラーリF1、2021年型パワーユニット『065/6』は全コンポーネントを見直し

2021年3月11日
フェラーリF1、2021年型パワーユニット『065/6』は全コンポーネントを見直し
フェラーリF1は、2021年型のF1パワーユユニット『065/6』の設計において“体系的”なアプローチを採用したと述べた。

昨年、フェラーリF1はドラッギーなSF1000の車体とパワーユニットのパフォーマンス不足の両方に苦しみ、1勝も挙げることなくコンストラクターズ選手権6位と過去40年間で最悪のシーズンに耐えた。

フェラーリF1 SF21 画像ギャラリー:奇抜な配色に早くも賛否

2021年3月11日
フェラーリF1 SF21 画像ギャラリー:奇抜な配色に早くも賛否
フェラーリF1は、2021年F1マシン『SF21』を発表。これまでとは非常に異なるカラーリングで登場した。

フェラーリF1は、3月10日(水)に2021年のF1世界選手権を戦う新車『SF21』を発表。フェラーリの象徴ともいえるレッドと1000戦を迎えた昨年のF1トスカーナGPで採用したバーガンディを融合したボディカラーに蛍光グリーンのチームロゴという予想外の配色が披露された。

フェラーリF1、2021年F1マシン『SF21』を発表

2021年3月10日
フェラーリF1、2021年F1マシン『SF21』を発表
フェラーリF1は、2021年のF1世界選手権を戦うF1マシン『SF21』を発表した。

昨年、コンストラクターズ選手権6位と低迷したフェラーリF1は、セバスチャン・ベッテルがチームを去り、マクラーレンからカルロス・サインツが加入。チームでの3年目となるシャルル・ルクレールとタッグを組む。

F1豆知識:各チームのF1マシン名の由来 / 2021年編

2021年3月9日
F1豆知識:各チームのF1マシン名の由来 / 2021年編
2021年のF1世界選手権に投入される各チームの発表はほぼ完了した。今年はアルピーヌとアストンマーティンが新たなコンストラクターとして参戦を開始。それぞれ新しいマシン名称を発表している。

一部のチームは創造的な名称を与えているが、F1マシンのシャシー名にはすべて根本的な意味がある。2021年F1マシンのシャシー名でそれを紐解いてみる。

ウィリアムズF1 FW43B 画像ギャラリー:新体制を象徴する斬新なカラー

2021年3月6日
ウィリアムズF1 FW43B 画像ギャラリー:新体制を象徴する斬新なカラー
ウィリアムズ・レーシングは、2021年F1マシン『FW43B』を発表。新体制を象徴する斬新なカラーリングが施された。

昨年、チーム創設者であるフランク・ウィリアムズの一家は、米国の投資会社ドリルトン・キャピタルにチームを売却。2021年のF1世界選手権は、ウィリアムズ家が去り、新体制となっての初シーズンとなる。

ウィリアムズF1、2021年F1マシン『FW43B』を発表…カラーリングを一新

2021年3月5日
ウィリアムズF1、2021年F1マシン『FW43B』を発表…カラーリングを一新
ウィリアムズ・レーシングは、2021年F1マシン『FW43B』を発表。レンダリング画像を公開した。

2020年F1マシンのシャシーが引き継がれる今季は、レッドブルが『RB16B』、マクラーレンが『MCL35M』と、連番を進めずに記号を追加するチームがあるが、ウィリアムズF1も同じ法則をとって『FW43B』と命名している。

ハースF1、2021年F1マシン『VF-21』のカラーリングを発表

2021年3月4日
ハースF1、2021年F1マシン『VF-21』のカラーリングを発表…ウラルカリがタイトルスポンサーに就任
ハースF1は、2021年F1マシン『VF-21』に採用するカラーリングを発表。ニキータ・マゼピンの父親が経営する科学企業ウラルカリがタイトルスポンサーにつき、これまでとは異なる白・赤・青のカラーリングに変貌を遂げた。

ハースF1は、2020年のF1世界選手権も困難なシーズンとなり、2年連続でコンストラクターズ選手権9位で終了。合計3ポイントと低迷した。

ルノー、2022年の新型F1パワーユニットでメルセデス型のレイアウトを検討

2021年3月4日
ルノー、2022年の新型F1パワーユニットでメルセデス型のレイアウトを検討
ルノーは、2022年のF1世界選手権で導入する新型F1パワーユニットでメルセデス型のエンジンレイアウトを採用するかどうかを検討している。

現在のF1パワーユニット規則の下ですべてのタイトルを獲得しているメルセデスのF1パワーユニットは、2014年にルールが導入された際、デザイン面でライバルと異なっていた。メルセデスのF1パワーユニットは、ターボをコンプレッサーから分離してパワーユニットの前後に配置し、V6エンジンの2つのシリンダー間を走るシャフトで接続している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム