次世代F1マシン導入の2022年はプレシーズンテストを拡大

2021年7月27日
次世代F1マシン導入の2022年はプレシーズンテストを拡大
次世代F1マシンが導入される2022年は、プレシーズンテストが1週間から2週間に延長されるようだ。

2021年のプレシーズンテストはわずか3日間だったが、Auto Motor und Sportによると、新レギュレーションが導入される2022年はバルセロナとバーレーンで2つの3日間のテストが暫定的に予定されている。

F1:ルイス・ハミルトンのマクラーレン MP4-25Aが7億3000万円で落札

2021年7月26日
F1:ルイス・ハミルトンのマクラーレン MP4-25Aが7億3000万円で落札
ルイス・ハミルトンが、2010年にドライブした『マクラーレン MP4-25A』が、シルバーストンで開催された公開オークションで記録的な483万6000ポンド(約7億3000万円)で落札された。

このマシンは、F1イギリスGPの土曜日のスプリント予選に先立ってマクラーレンのテストドライバーによってデモ走行が行われ、潜在的なバイヤーとファンはマシンを詳しく見ることができた。

フェルスタッペン 「F1はインディカーのような同一マシンにはならない」

2021年7月26日
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「F1はインディカーのような同一マシンにはならない」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2022年のF1レギュレーションによってF1マシンはより制限されることになるが、それでもインディカーのようなほぼワンメークのような状況にはならないと考えている。

2022年に導入される次世代F1マシンは、ドライバーがより追従できるようにすることを目的として空力が設計されており、オーバーテイクの機会が増えることが期待されている。

2022年の次世代F1マシンではDRSは廃止?

2021年7月23日
2022年の次世代F1マシンではDRSは廃止?
2022年の次世代F1マシンではDRS(DRS(Reduction System:ドラッグ抑制システム)が廃止される可能性がある。

F1 TVのサム・コリンズは、F1イギリスGPで公開された2022年F1マシンのプロトタイプを詳しく調べた結果、リアウィングに現在DRSアクチュエータが搭載されていないことを発見。つまり、2022年からDRSが廃止される可能性がある。

F1マシン解説:メルセデスF1も取り入れる“ベネチアン・ブラインド”

2021年7月22日
F1マシン解説:メルセデスF1も取り入れる“ベネチアン・ブラインド”
メルセデスF1は、先週末のF1イギリスGPに“最終”と呼ぶアップグレードを投入した。

レッドブル・ホンダF1に5連敗を喫しているメルセデスF1は、すでにW12の開発はストップしているが、計画していたアップデートはあり、今週末のF1イギリスGPでそれらを投入してきた。

レッドブルF1代表 「次世代F1エンジンはサウンドを重視するべき」

2021年7月21日
レッドブルF1代表 「次世代F1エンジンはサウンドを重視するべき」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1は“環境”への配慮とファンのための“エンターテインメント”のバランスをとる必要があると考えており、次世代F1エンジンはサウンドを重視するべきだと出張する。

「大きな政治的圧力の下で電化が推進されていることは知っているが、それは今後25年または30年の間本当に正しい方法なのだろうか?」とクリスチャン・ホーナーは国際メディアに語った。

F1:ピットストップの“自動機能禁止”技術指令を一部変更&導入延期

2021年7月21日
F1:ピットストップの“自動機能禁止”技術指令を一部変更&導入延期
F1ハンガリーGPから発効される予定だった新しいピットストップ技術指令は、一部が調整され、夏休み後のF1ベルギーGPまで延期された。

2秒未満のピットストップで安全ではないホイールでピットを離れるリスクを軽減することを目指した技術指令にはF1チームから不満の声が出ていた。

メルセデスF1 「2022年F1マシンは工場ですでに“幼児”に成長している」

2021年7月21日
メルセデスF1 「2022年F1マシンは工場ですでに“幼児”に成長している」
メルセデスF1のトト・ヴォルフは、2022年F1マシンはブラックリーでもはや“赤ちゃんから幼児”に成長していると語る。

「幼児だと言えるし、風洞で最初の一歩を踏み出した。パフォーマンスがどこに向かっているのかを推定し始めることができる段階だ」とトト・ヴォルフは RTL に語った。

ロス・ブラウン 「次世代F1マシンの構想は“30人年”を費やした」

2021年7月21日
ロス・ブラウン 「次世代F1マシンの構想は“30人年”を費やした」
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、F1とFIA(国際自動車連盟)は、次世代F1マシンのコンセプトを考え出すために前例のない量の“激しい仕事”をしたと語る。

F1イギリスGPの週末、2022年に導入される新しいF1マシンの実物大モデルが披露された。そのデザインは来シーズン以降、フィールド全体でより緊密なレースを生み出すことを目的としている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム