F1ドライバー、“シールド”について賛否両論

2017年4月28日
F1 シールド
F1ドライバーは、FIAが2018年に導入を目指しているコックピット保護デバイス“シールド”に対して意見が割れている。

今週、F1ストラテジーグループは、昨年までテストを重ねてきた“ハロー”を廃案とし、“シールド”と呼ばれる新たなコンセプトのテストを優先することで合意した。

F1:予選でオイルを燃料として燃焼させる可能性を排除

2017年4月27日
F1 オイル
F1チームは、予選でオイルを燃料として不法に燃焼させているという疑惑を排除するための新たな規制に同意した。

レッドブルは、F1チームが予選でオイルを燃焼させることでパワーブーストを得ている可能性についてFIAに問い合わせている。おそらく、それはメルセデスを指していると思われる。

F1マシン:ドライバー名やカーナンバーの視認性をスペインGPから改善

2017年4月26日
F1
2017年のF1スペインGPからF1マシン上のドライバーの名前やカーナンバーの視認性を改善させることが義務付けられた。

火曜日にパリでF1ストラテジーグループの会議が開催され、2018年のレギュレーションについて議論された。その場で2018年はTウィングとシャークフィンの禁止、頭部保護デバイスとして“シールド”の採用を進めていくことで合意された。

【F1】 ハローは廃案とし、2018年のシールドの実現へ移行

2017年4月26日
F1 シールド
F1は、頭部保護デバイスとしてこれまでテストを重ねてきたハローは廃案とし、新たなコンセプトである“シールド”の2018年の採用にむけて準備を進めていくことを明らかにした。

火曜日にパリでF1ストラテジーグループの会議が行われ、その場で頭部保護デバイスについて議論がなされた。

当初、今年にハローを導入するために準備が進められていたが、F1ストラテジーグループで否決されていた。

【F1】 Tウィングとシャークフィンの来季禁止で合意

2017年4月26日
F1 Tウィング シャークフィン
F1ストラテジーグループは、2018年にTウィングとシャークフィンを“厳しく制限する”することで合意した。

今年、F1には新たな空力レギュレーションが導入されたが、規約の抜け道を見つけたチームは、リアウィングの前に“Tウィング”と呼ばれる小さなウィングを装着。また、エンジンカバーにはシャークフィンが復活した。

【F1】 2017年のDRSシステムの変更はなし

2017年4月25日
F1 DRS
FIAは、2017年にDRSシステムに変更を加えないことをF1チームに通達した。

2017年にF1空力レギュレーションが変更になったことに伴い、FIAは中国GP後にDRS機能の変更を検討していた。

F1ドライバーのなかには2017年にF1マシンのダウンフォース量が増加したことでオーバーテイクが難しくなったと警告しており、実際に今年のオーバーテイクの数は減少している。

各F1ドライバーのパワーユニット使用状況 (F1バーレーンGP終了時点)

2017年4月21日
F1 2017 パワーユニット
2017年 第3戦 F1バーレーンGP終了時点での各F1ドライバーのパワーユニット使用状況を振り返る。

2017年は、各ドライバーあたりの年間パワーユニット使用数が昨年から1基少ない4基へと変更になった。パワーユニットを構成する6つのコンポーネントのどれかひとつが5基目に達した時点で10グリッド降格ペナルティが課せられ、2つ目以降のコンポーネントは5グリッド降格となる。

【F1】 新コックピット保護デバイス『シールド』の導入を検討

2017年4月12日
F1 シールド
F1の新たなコクピット保護デバイス『シールド』の予想画像を Autosport が公開した。

F1は2018年に何らかの頭部保護システムの導入を検討しており、昨年は“ハロー”、そして、レッドブルが発案した“エアロスクリーン”がテストされた。

先週末のF1中国GPでは、金曜日のブリーフィングでドライバーに『シールド』と呼ばれる新たなキャノピー型のソリューションが披露された。

【F1】 FIA、Tウィングの“たわみ”問題にF1スペインGPから対策

2017年4月10日
F1 Tウィング
FIAは、Tウィングのたわみ問題にF1スペインGPからテコ入れを行う。

今年、レギュレーションの抜け穴によって生み出されたTウィングはマシンの外観を損なうとして不人気。

また、Tウィングは“たわみ”も問題となっており、開幕戦ではハースが補強を指示されている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム