F1:ポーパシング防止の技術指令のF1カナダGPでの実装は見送り

2022年6月18日
F1:ポーパシング防止の技術指令のF1カナダGPでの実装は見送り
FIA(国際自動車連盟)は、ボーパシング防止策について方針を変えており、F1カナダグランプリでは、車がどれだけ強く着地したかに関するデータのみを収集。車が激しくバウンシングしても措置を講ずることはないようだ。

FIAがF1カナダグランプリに先駆けて発表した技術規則はF1ドライバーから多くの承認を得ているが、F1チームにはとkに人気がない。

F1:ポーパシング防止例に合致しないチームは10mmの車高アップを強制

2022年6月18日
F1:ポーパシング防止例に合致しないチームは10mmの車高アップを強制
FIA(国際自動車連盟)が「安全なセットアップ」とみなす範囲で車を走らせることができないF1チームは、車高を「10mm」上げる必要があるとAuto Motor und Sportは報告している。

FIAは、カナダグランプリの週末に先立ち、ポーポイズ現象を最小限に抑えるように設計された新しい技術指令を発表。「最近のイベントで背中の痛みを報告したしたドライバーの健康への即時の身体的影響」を保護するための2段階の計画を発表した。

F1、ドライバーの安全のためにポーポイズ現象を軽減する技術指令を発行

2022年6月17日
F1、ドライバーの安全のためにポーポイズ現象を軽減する技術指令を発行
F1の統治機関であるFIA(国際自動車連盟)は、ポーパシング(ポーポイズ現象)についてコメントが相次いだ後、F1ドライバーの安全性を向上させるために技術指令を発行した。

2022年に導入された新世代F1マシンは、後続のドライバーの妨げになっていた車からの汚れた空気の影響を最小限に抑えることを目的として設計され、グランドエフェクトカーへと生まれ変わった。

フェルナンド・アロンソ 「F1マシンが真っ二つになるのは重量のせい」

2022年6月3日
フェルナンド・アロンソ 「F1マシンが真っ二つになるのは重量のせい」
F1マシンが真っ二つに割れたミック・シューマッハのモナコグランプリで恐ろしいクラッシュは、これまで以上に重いF1マシンの影響が完全に露呈したとフェルナンド・アロンソは考えている。

フェルナンド・アロンソが2001年にF1デビューした際には600gだったマシンの重量は増加し続けており、新世代F1マシンに生まれ変わったことはは約800kgとなった。

F1:予算上限によって“〇〇仕様”の1戦限りの特殊なパーツは削減

2022年6月3日
F1:予算上限によって“〇〇仕様”の1戦限りの特殊なパーツは削減
予算上限により、F1チームは1つのサーキットのみしか使えないような特殊なパーツを削減する必要があった。

モナコはその最たる例だった。例年、“モナコ仕様”と呼ばれるハイダウンフォースパッケージが導入されてきたが、今年はいくつかのブレーキダクトの変更を望んで位は、追加の空力アイテムは追加されなかった。

F1チーム、スペインGPで混乱を受けて最低燃料温度の手順を話し合い

2022年5月28日
F1チーム、スペインGPで混乱を受けて最低燃料温度の手順を話し合い
F1チームは、スペインGPでのレッドブルとアルファタウリの土壇場でのパニックの後、FIA(国際自動車連盟)と最低燃料温度を宣言する手順について話し合っている。

ホンダのF1エンジンを搭載するマックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーは、2つのチームが燃料が法定最低温度に上昇するのを待っていたため、レース開始の30分前にクルーズする直前になってようやくバルセロナのピットレーンを離れた。

エイドリアン・ニューウェイ 「F1カーは間違った方向に進んでいる」

2022年5月26日
エイドリアン・ニューウェイ 「F1カーは間違った方向に進んでいる」
レッドブル・レーシングのチーフテクニカルオフィサーを務めるエイドリアン・ニューウェイは、重量に関するルールの変更によって、F1が「間違った方向」に進んでいると語る。

F1は、オーバーテイクの改善を目的に2022年に革新的な新しい技術規則を導入。マシン表面でダウンフォースを生成していたオーバーボディ方式からグラウンドエフェクト効果への哲学の切り替えは、空力の流れとグリップの生成に抜本的な変化を加えた。

2022年 F1スペインGP:各F1チームのアップグレード詳細

2022年5月20日
2022年 F1スペインGP:各F1チームのアップグレード詳細
F1スペインGPが開催されるバルセロナは、伝統的にF1チームが車にかなりのアップグレードをもたらすレーストラックだったが、2022年もそれは変わっていない。

2022年の新世代F1マシンの導入により、F1チームがデータを収集し、マシンをさらに理解し、開発を進めていくことは、世界選手権の結果に大きな役割を果たすと考えられている。

F1マシン解説:エンジンパワーはフェラーリがホンダを5.4馬力リード

2022年5月20日
F1マシン解説:エンジンパワーはフェラーリがホンダを5.4馬力リード
2022年のF1世界選手権は、スクーデリア・フェラーリがポイントをリードし、レッドブル・レーシングの方が多くの勝利を挙げている。レッドブルRB18はストレートで最速の車で、コーナーではフェラーリF1-75がリードしている。そして、それはサーキット特性によって左右される。

5戦を終えて、フェラーリ対レッドブルのタイトル争いはイーブンだ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム