F1マシン分析:メルセデスF1、新型ディフューザーで競争力を回復

2021年4月21日
F1マシン分析:メルセデスF1、新型ディフューザーで競争力を回復 / F1エミリア・ロマーニャGP
メルセデスF1は、F1エミリア・ロマーニャGPに投入した新しいディフュザーでW12の競争力を取り戻した。

開幕戦では2021年の空力規則の変更によってメルセデスF1が競争力を失ったと世界中が騒いだ。“ローレーキ”がトピックとなったが、多くの専門家はディフューザーへの対応がレッドブルとのギャップの最大の要因だと分析していた。

アストンマーティンF1、空力ルールの意図を疑問視…FIAに調整を要求

2021年4月17日
アストンマーティンF1、空力ルールの意図を疑問視…FIAに調整を要求
アストンマーティンF1のチーム代表を務めるオトマー・アフナウアーは、2021年の空力ルール変更の背景にある意図を事後的に疑問視しており、それらを調整して“公平”にする必要があると主張して金曜日のイモラのパドックに論争を巻き起こしている。

FIA(国際自動車連盟)は、昨シーズンにピレリのF1タイヤに発生したいくつかの故障を受け、タイヤの安全性を保護することを目的としてダウンフォースレベルを下げるために2021年に空力ルールにいくつかの変更を導入した。

2021年F1マシン:勢力図を変えた空力ルールの変更点をおさらい

2021年4月14日
2021年F1マシン:勢力図を変えた空力ルールの変更点をおさらい
2021年のF1世界選手権で実施された空力ルールの変更は、シーズン前の予想に反して勢力図に大きな変更を与えることになった。

新型コロナウイルスの影響を受け、F1は大幅なレギュレーション変更の導入を2022年に延期することを決定。2021年は基本的に2020年のシャシーをそのまま使用することになった、FIA(国際自動車連盟)はダウンフォースを制限するためにルール上で介入した。

アストンマーティンF1 「メルセデスの問題克服への対応から学べる」

2021年4月13日
アストンマーティンF1 「メルセデスの問題克服への対応から学べる」
アストンマーティンF1のチーム代表を務めるオトマー・サフナウアーは、同じ空力哲学を採用して2021年の空力ルール変更による影響を受けているメルセデスの問題克服の方法から学ぶことができると語る。

昨年、レーシング・ポイントは、メルセデスF1の空力哲学をコピー。“ピンク・メルセデス”と揶揄されつつも競争力を高めた。しかし、今年はリア周りの空力ルール変更の影響と思われるパフォーマンス低下に悩まされ、開幕戦F1バーレーンGPではランス・ストロールの10位入賞がやっとだった。

2021年F1マシン:Z字型のフロアデザインがトレンドに?

2021年4月13日
2021年F1マシン:Z字型のフロアデザインがトレンドに?
2021年のF1マシンは、空力ルールの変更に対応したフロアソリューションで2つの相反した設計トレンドを見せているが、最終的には“Z字型”のフロアが主流になっていきそうだ。

2021年のF1世界選手権では、ピレリのタイヤの耐久性を考慮して、ダウンフォースを10%削減するための空力ルール変更が適用された。ブレーキダクト、ディフューザーの寸法の規制に加え、フロア面積の削減が最も大きな変更となる。

F1分析:レッドブルの“ハイレーキ”がルール変更の影響を受けなかった理由

2021年4月11日
F1分析:レッドブルの“ハイレーキ”がルール変更の影響を受けなかった理由
“ハイレーキ”コンセプトを採用するレッドブル・ホンダの2021年F1マシン『RB16B』は、“ローレーキ”のメルセデスに対して2021年の空力ルール変更の影響を受けなかったようだ。それを決定づけた主な部分は“ディフューザー”にあると MOTORSPORTWEEK は分析する。

F1バーレーンGPでは、メルセデスが勝利を収めたが、F1プレシーズンテスト、そして、開幕戦の週末ではレッドブル・ホンダが最速のマシンであることが明らかになった。

FIA、F1バーレーンGP後にバルテリ・ボッタスのF1マシンを分解して検査

2021年4月9日
FIA、F1バーレーンGP後にバルテリ・ボッタスのF1マシンを分解して検査
FIA(国際自動車連盟)は、F1バーレーンGP後にバルテリ・ボッタス(メルセデス)のF1マシンを分解して3時間にわたってチェックした。

2021年の開幕戦の直前、FIAはすべてのチームが規制に準拠していることを確認するために、今年のレース週末ごとに1台のF1マシンをランダムに押収して“分解”と“より詳細な技術チェック”を行うことを決定した。

F1:2025年に燃費の大幅削減のために“アクティブ・エアロ”の導入を計画

2021年4月9日
F1:2025年に燃費の大幅削減のために“アクティブ・エアロ”の導入を計画
F1は、2025年に導入するレギュレーションで燃料消費量と車両重量の大幅な削減を計画しており、パフォーマンスを損なわないために“アクティブ・エアロダイナミスク”の導入に目を向けている。

今年2月、F1は2025年に“パワフルでエモーショナル”な次世代F1パワーユニットを導入する意向を発表。声明には、環境の持続可能性と社会的および自動車的な関連性、完全に持続可能な燃料、パワフルでエモーショナルなパワーユニットの作成、大幅なコスト削減、新しいパワーユニットメーカーにとっての魅力という5つの主要な目標が記載されいる。

レッドブルF1の“レーキ”が空力ルール変更の恩恵を受けたとの考えは単純?

2021年4月9日
レッドブルF1の“レーキ”が空力ルール変更の恩恵を受けたとの考えは単純?
レッドブル・レーシングを含めた“ハイレーキ”を採用するF1チームが、2021年の空力ルールの変更から直接的な恩恵を受けたという風潮にマクラーレン、アルピーヌ、アルファロメオが反発している。

王者メルセデスF1が大きくパフォーマンスを落としたことで、F1とFIAが実装してたリア周りのダウンフォースを削減することを狙った空力ルール変更が、“ローレーキ”を採用するメルセデスF1を不釣り合いに傷つけたのではないかという議論に発展している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム