F1:2023年に各セッションのタイヤを固定した予選フォーマットを試用

2022年5月3日
F1:2023年に各セッションのタイヤを固定した予選フォーマットを試用
F1は、2023年に各セッションでドライバーが使用するタイヤを指定する新しい予選フォーマットを実施することを計画していると報じられている。

現在のノックアウト方式の予選フォーマットh、2006年以来、グランプリ週末の定番であり、セッションは3つのなセグメントに分割されてい。20人のドライバー全員がQ1を争い、上位15人がQ2に進出。Q2で最速の10人のドライバーは、ポールポジションのシュートアウトのためにQ3に進む。

F1マシン、2022年は“キールウィング”がトレンドアイテム

2022年4月29日
F1マシン、2022年は“キールウィング”がトレンドアイテム
2022年の新世代F1マシンで注目を集めているデバイスがアストンマーティンF1が開拓した“キールウィング”だ。

最も優れたアイデアは、F1のフロントランニングチームだけだ独占しているわけではなく、チャンピオンシップの歴史の中で何度も、勝利を争っていない車に最高のコンセプトのいくつかを見つけることができる。

F1、2026年の次世代F1パワーユニットに対応したシャシー計画を発表

2022年4月27日
F1、2026年の次世代F1パワーユニットに対応したシャシー計画を発表
FIA(国際自動車連盟)は、F1コミッションの会議に続いて、次世代F1パワーユニットと一緒に導入される2026年F1マシンのシャシー規制の目標を公表した。

昨年12月、MGU-Kを廃止し、ハイブリッドの出力を350kwに増加する2026年F1パワーユニットのいわゆる「4本の柱」を発表。「スペクタクルの維持」、「環境の持続可能性」、「経済的な持続可能性」、そしてF1を「新しいパワーユニットメーカーにとって魅力的なもの」にすることを目標に掲げた。

F1解説:レッドブルがプルロッド/プッシュロッドを採用した理由

2022年4月16日
F1解説:レッドブルがプルロッド/プッシュロッドを採用した理由
レッドブル・レーシングとマクラーレンは、新世代F1マシンで、フロントにプルロッド、リアにプッシュロッドというライバルとは異なるサスペンションレイアウトを採用した。F1テクニカルアナリストのパオロフィリセッティがその利点を開設した。

近年では、いくつかの例外を除いて、フロントにプッシュロッド、リアにプルロッドを備えたサスペンションレイアウトを採用したF1カーが一般的だった。

レッドブルF1、マシン重量でフェラーリに0.3秒のハンデ / 2022年F1マシン

2022年4月16日
レッドブルF1、マシン重量でフェラーリに0.3秒のハンデ / 2022年F1マシン 全10台の重量
レッドブル・レーシングの2022年F1マシンであるRB18は、グリッドに2番目に重い車であり、ライバルであるフェラーリよりも10kgのハンデがある。

新世代の2022年F1マシンは、18インチタイヤへの移行や安全性を向上させるためのシャシー構造の変更によって昨年よりも重くなっており、最低重量は46kg増加して798kgへと変更になった。

ポルシェ/アウディのF1参入計画によって新たなエンジン論争が勃発

2022年4月15日
ポルシェ/アウディのF1参入計画によって新たなエンジン論争が勃発
レッドブルは、2026年に参入する新しいF1エンジンメーカーにもっと寛大な譲歩を望んでいるが、ライバルはフォルクスワーゲン・グループからの前例のないエントリープランがどのように実現できるかについて懸念している。

2021年にチーム予算上限が導入された後、F1は、2026年に新しい技術規制とともに、エンジンメーカーの支出を制限することを計画している。これらの規制の最初の草案は6月の完成が目標とされているが、それまでに最初の枠組みが作成されている。

F1:3チームがインフレによる予算上限の引き上げに反対

2022年4月13日
F1:3チームがインフレによる予算上限の引き上げに反対
F1は、インフレの影響で予算上限を700万ドル(8億7800万円)引き上げる動きがあるが、3つのF1チームがそれに反対している。

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、特に運送費が新型コロナウイルスとロシ・ウクライナ戦争などの要因の結果として、2022年に「倍増」していると語った。

F1 「凍結後の4メーカーのF1エンジンのパフォーマンスはほぼ同等」

2022年4月6日
F1 「凍結後の4メーカーのF1エンジンのパフォーマンスはほぼ同等」
FIA(国際自動車連盟)のシングルシーター責任者を務めるニコラス・トンバジスは、開発が凍結された現在、グリッド全体のF1エンジンのパフォーマンスはほぼ同等であると宣言した。

メルセデス、フェラーリ、ルノー、レッドブル・パワートレインズ(ホンダ)は、2026年にF1の新しいエンジン仕様が発表されるまでエンジン開発が大幅に凍結されることを念頭に2022年の新しいF1パワーユニットを製造した。

アルピーヌF1チーム 「フロアステイ追加の譲歩はライバルチームに有利」

2022年4月6日
アルピーヌF1チーム 「フロアステイ追加の譲歩はライバルチームに有利」
アルピーヌF1チームは、ポーパシング問題を軽減するためにプレシーズンにFIA(国際自動車連盟)からフロアステイの追加を許可されたことで“大規模”なゲインを得たと考えている。

今シーズンのF1のグラウンドエフェクト効果への空力コンセプトの移行は、初期のテストで頭痛の種を引き起こし、ほとんどのF1チームがストレートでのバウンシングに苦しんだ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム