F1 | 2020年からドライバーの比重を高めるべくクラッチルールを変更

2019年5月3日
F1
FIA(国際自動車連盟)は、2020年のF1世界選手権からレーススタートにおけるドライバーの難しさを高めるためにクラッチ管理のルールを変更する。

2020年からは各ドライバーにプルタイプのパドル作動式クラッチを必須にするとともに、有利なマッピングを制限するために標準ECUで使用されるクラッチ信号もFIAによって厳しく監視されることになる。

F1中国GP終了時点:各F1ドライバーのパワーユニット使用状況

2019年4月19日
F1 2019年のF1世界選手権
2019年のF1世界選手権も第3戦を終え、複数のドライバーが2基目のパワーユニットコンポーネントを導入し始めている。

ルノー勢は、開幕戦のカルロス・サインツ(マクラーレン)のMGU-Kの故障を受け、新型MGU-Kを投入。カルロス・サインツとニコ・ヒュルケンベルグは内燃エンジン、ターボチャージャー、MGU-Hも2基目を投入している。

アラン・プロスト 「F1はマシンよりもドライバーが主役になるべき」

2019年4月10日
F1 アラン・プロスト
ルノーF1チームのスペシャルアドバイザーを務めるアラン・プロストは、将来のF1はテクノロジーよりも人間的な“創意工夫”の部分が大きくなり、F1マシンよりもドライバーが主役となることを望んでいると語る。

F1は何十年にもわたって世界的な商業スポーツへと進化してきたが、2014年のハイブリッド時代の到来は前例のないレベルの技術的な洗練をもたらした。

2021年F1マシンはグランドエフェクトカーに変身?

2019年3月29日
F1 2021年F1マシン
2021年F1マシンは、オーバーテイクを根本的に見直し、グランドエフェクトカーとして生まれ変わることになるようだ。

F1のオーナーであるリバティ・メディアとFIA(国際自動車連盟)は、3月26日(火)にロンドンで会議が開催し、F1チームやプロモーターに2021年の競技面、ガバナンスと財政面についての提案を発表した。

2019年F1マシン | 全マシンのホイールベースとレーキ角

2019年3月28日
F1 2019年のF1世界選手権
2019年F1マシンのホイールベースとレーキ角を Auto Motor und Sport が測定して公開した。

以前、全てのF1チームは新車発表の際にマシンの全長・全幅・高さ・ホイールベース・重量などを細かく公表していた。だが、現在ではそれらは大きな役割を果たしており、2メートルの全幅や743kgの車重など、レギュレーションで決められた以外のディメンションは秘密にしている。

2021年F1マシン 最新コンセプト:リーク画像

2019年3月27日
F1
2021年F1マシンの最新コンセプトを Auto Motor und Sport がリークした。

F1は、2021年に大幅なレギュレーション変更を予定しており、F1のスポーティングディレクターであるロス・ブラウンが率いるリバティ・メディアとFIA(国際自動車連盟)はエンジニアは、デザインを“ステージ9”まで練り直しており、すべてのコンセプトはCFDシミュレーションとザウバーの風洞でテストされている。

F1とインディカー、COTAで13秒のタイム差

2019年3月26日
F1 インディカー・シリーズ
インディカーがF1と同じサーキット・オブ・アメリカズ(COTA)で開催されたことで、F1とインディカーの直接比較が可能になり、F1マシンとINDYCARマシンの大きなタイム差が浮き彫りになった。

2012年からF1を開催しているテキサス州オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズで“インディカー・クラシック”と題されてインディカー・シリーズが初開催された。

ロス・ブラウン 「2019年のF1空力レギュレーション変更はポジティブ」

2019年3月20日
F1
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、2019年のF1世界選手権で導入された空力レギュレーション変更はシーズン開幕戦で有望な効果をみせたと考えている。

2019年に向けて、F1マシンには後続マシンの乱気流を抑えてオーバーテイクを改善することを目的にフロントウイング、リアウイング、バージボード、ブレーキダクトの重要な空力エリアに変更が加えられた。

F1 | 空力レギュレーション変更もオーバーテイクの難しさは変わらず?

2019年3月19日
F1
ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンは、新しい空力レギュレーションが導入されてもオーバーテイクに“違いはない”“非常に難しい”との印象を語った。

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1オーストラリアGPでチームメイトのバルテリ・ボッタスを追いかけたが、フロアにダメージを負ったもあり、20秒後方でレースを終えた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム