マクラーレン、オコン不採用の理由は「メルセデスとの結びつき」

2018年9月6日
F1 マクラーレン エステバン・オコン
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、2019年のドライバーとしてエステバン・オコンを採用しなかったのは、メルセデスとの緊密な関係が理由のひとつだったと認める。

エステバン・オコンは、マクラーレンへの移籍が強く噂されており、今シーズン中にランス・ストロールのフォースインディア移籍によってシート喪失した場合に走るためにマクラーレンでシート合わせも行っていた。

ハースF1チーム 「オコンとルクレールは2019年のドライバー候補」

2018年9月1日
F1 ハースF1チーム
ハースF1のチームプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは、エステバン・オコンとシャルル・ルクレールが2019年のドライバー候補であることを認めた。

これまで、ロマン・グロージャンに代わってフェラーリのジュニアドライバーであるシャルル・ルクレールが2019年のハースのF1シートを獲得することになると考えられてきた。

エステバン・オコン、マクラーレンでのシート合わせを認める

2018年8月31日
F1 エステバン・オコン マクラーレン
エステバン・オコンは、マクラーレンのファクトリーでシート合わせを行ったことを認めた。これにより、F1シンガポールGPでランス・ストロールを軸にした玉突き移籍が発生する可能性が高まった。

父親のローレンス・ストロールがチームを買収したことで、ランス・ストロールのシーズン中のフォースインディア移籍は確実だとされており、2戦後のF1シンガポールGPでそれが実現すると噂されている。

ランス・ストロール 「オコンのシートを奪うのは確かにフェアではない」

2018年8月29日
F1 ランス・ストロール エステバン・オコン
ランス・ストロールは、フォースインディアのエステバン・オコンのシートを奪い取ることは“完全にフェアなことではない”と認める。

先週、ランス・ストロールの父親ローレンス・ストロール率いるレーシングポイント・コンソーシアムが旧フォースインディアを買収。チームは新規エントリーとしてF1に参戦すうることになった。

エステバン・オコン、マクラーレンでシート合わせとの報道

2018年8月28日
F1 エステバン・オコン マクラーレン
エステバン・オコンが、マクラーレンのファクトリーを訪れ、F1シンガポールGPでの参戦を目指してシート合わせの準備を進めていると報じられている。

エステバン・オコンの将来は不確実なものとなっている。当初はメルセデスはオコンのルノーへの移籍をまとめていたが、ダニエル・リカルドの電撃移籍によって立ち消えとなった。

エステバン・オコン 「3番手は困難を乗り越えての素晴らしい結果」

2018年8月26日
F1 エステバン・オコン フォース・インディア
エステバン・オコンは、F1ベルギーGPで予選自己ベストリザルトとなる3番グリッドを獲得。厳しい時期を乗り越えて再出発を切ったレーシングポイント・フォースインディアにとって素晴らしい結果だと語った。

夏休み前に管財人の管理下に入ったフォース・インディアは、カナダの大富豪ローレンス・ストロールが率いる投資家たちのコンソーシアムによって救済され、将来が確保された。

マクラーレン、F1ベルギーGPからエステバン・オコンを起用?!

2018年8月12日
F1 マクラーレン エステバン・オコン
マクラーレンは、F1ベルギーGPからストフェル・バンドーンに代えてエステバン・オコンを起用する。そんな大胆な予測をフランスの La Dernière Heure が報じている。

先週、ランス・ストロールの父親であるカナダの大富豪ローレンス・ストロールが、多数の投資家を集めてコンソーシアムを組織し、破産管財人の管理下に入っていたフォース・インディアを買収した。

メルセデス 「エステバン・オコンのルノー移籍を妨げることはない」

2018年8月2日
F1 メルセデス エステバン・オコン
メルセデスは、エステバン・オコンがF1キャリアを進歩させるチャンスが提供されるのであれば、ライバルメーカーであるルノーへの移籍を妨げることはないと語る。

メルセデスの育成ドライバーであるエステバン・オコンは、現在、財政難によって管財人の管理下に入ったフォース・インディアでレースをしているが、ルノーが2019年のドライバーとして移籍に興味を示していることで知られている。

ルノーF1、エステバン・オコンと契約する可能性を認める

2018年7月29日
F1 ルノーF1 エステバン・オコン
ルノーF1のマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、2019年にカルロス・サインツに代えてエステバン・オコンと契約する可能性があることを認めている。

ルノーは、レッドブルから1年間の“ローン移籍”で獲得したカルロス・サインツに満足していると繰り返してきたが、状況には変化がみられている。シリル・アビテブールは、カルロス・サインツを継続することは“選択肢のひとつ”と語った。
«Prev || ... 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム