ロータス、食事を手配してくれたバーニー・エクレストンに感謝

2015年9月25日
ロータス
ロータスは、支払い問題が原因でホスピタリティーから閉めだされているチームメンバーに食事を手配してくれたバーニー・エクレストンに感謝のメッセージを送った。

24日(木)、資金繰りに苦しむロータスの貨物は予定より遅れて鈴鹿のパドックに到着した。

しかし、ホスピタリティー施設は準備が整わず、ロータスは雨の降る鈴鹿のパドックで記者対応を行った。

バーニー・エクレストン、ロータスのF1スタッフの8月分の給料を立て替え

2015年9月2日
ロータス
バーニー・エクレストンが、ロータスの400人のスタッフの8月分の給料を肩代わりしたと Times が伝えた。

このニュースの伝えられる前、ロータスは、F1ベルギーGP後、裁判所の執行官によってF1マシンを含めた器材をスパ・フランコルシャンからの持ち出すことを妨害されていた。

バーニー・エクレストン、ルノーのワークスF1チーム復活を望む

2015年8月13日
ルノー
バーニー・エクレストンは、ルノーにF1から撤退せずにワークスチームとしての日々に戻るように訴えた。

ルノーの取締役は、現在、今後のF1をどうしていくべきかについての決定プロセスにある。ルノーのCEOであるカルロス・ゴーンは、その件についてバーニー・エクレストンと会談の場を持ったことが知られている。

バーニー・エクレストン 「今のF1はかつてないほど安全」

2015年7月22日
F1 安全性
バーニー・エクレストンは、今のF1がかつてないほど安全だと主張する一方で、常に危険性が伴うスポーツでもあるとも認める。

17日(金)夜、昨年のF1日本GPの事故で負った怪我により、ジュール・ビアンキが25歳でこの世を去った。F1レース中の事故で命を落としたのは1994年のアイルトン・セナ以来となる。

新F1タイヤー供給メーカー、決定はバーニー・エクレストンの手に

2015年7月22日
F1 タイヤ供給メーカー
ピレリとミシュランは、次のF1タイヤ供給契約を勝ち取るためにバーニー・エクレストンを納得させるためのバトルに直面している。

2017年以降のF1タイヤ供給への入札は、ピレリとミシュランの2社のみが提出しており、両者は7月17日までに技術面と安全面の必要条件を満たすためにFIAを納得するための提案を行った。

バーニー・エクレストン 「ルールブックがトヨタのF1復帰を妨げている」

2015年7月11日
トヨタ F1
バーニー・エクレストンは、現在のF1のルールプックがトヨタのような自動車メーカーのF1参戦を思いとどまらせていると考えている。

バーニー・エクレストンは解決策は至ってシンプルだと考えている。

「この憎きルールブックを引き裂いて、もう一度やり直せばいい」とバーニー・エクレストンは Guardian に述べた。

バーニー・エクレストン、F1パワーユニットは“何の役にも立たない”

2015年5月20日
F1 パワーユニット
バーニー・エクレストンは、引き続き現在のF1エンジン規定を非難している。

バーニー・エクレストンは、常にV6パワーユニットに批判的な態度を示しており、大人しくなったサウンドや燃料制限、小規模チームには荷が重い莫大なコストが明らかになってからはその姿勢を強めていた。

アリス・パウエル、女性限定F1のアイデアを歓迎

2015年4月1日
アリス・パウエル
女性ドライバーのアリス・パウエルは、女性限定のF1シリーズを設立するというバーニー・エクレストンのアイデアを歓迎している。

F1最高権威のバーニー・エクレストンは、グランプリ前に別のイベントを開催することが女性ドライバーへの門戸を開くことになるのではないかと考えている。

「現時点では考えているだけだ」とバーニー・エクレストンは述べた。

バーニー・エクレストン 「女性のみの選手権はF1にとって良いアイデア」

2015年3月31日
スージー・ヴォルフ
バーニー・エクレストンは、F1と平行して女性のみの選手権を運営することで、より多くの女性がこのスポーツに参入するのではないかと提案している。

女性ドライバーとしては、ウィリアムズ開発ドライバーのスージー・ウォルフが、昨年22年ぶりに金曜フリー走行でドライブしたが、最後にF1グランプリでスタートを切った女性ドライバーは1976年のレラ・ロンバルディまで逆上る。
«Prev || ... 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム