「FIAはフェラーリF1との秘密の和解で自分の首を絞めた」とエクレストン
元F1最高経営責任者のバーニー・エクレストンは、FIA(国際自動車連盟)がF1エンジンの調査に続いてフェラーリとの“秘密の和解”を発表したことで、自ら 厄介な問題には首を突っ込んだと考えている。

フェラーリのF1パワーユニットの合法性は、2019年シーズンが進むにつれて厳格な調査の対象となり、シーズン終盤にはさらなる分析のためにFIAがフェラーリだけでなく、ホンダやルノーのパーツを押収することにつながった。

しかし、調査の結果、FIAはフェラーリが不正を行っていたことを包括的に証明できるものはなかったとして“秘密の和解”に達したことを発表した。

だが、この発表はライバルチームの反発を生み、調査と回答が不十分だとして、非フェラーリ系の全7チームはフェラーリとFIA(国際自動車連盟)に対して法的措置を脅かす事態に発展した。

その後、メルセデスはこの問題から撤退したが、レッドブルのを筆頭にコンストラクターズ選手権でフェラーリより後ろでフィニッシュしたため、適切な回答を追求し続けている。

バーニー・エクレストンは、FIAがフェラーリとの内々の合意のニュースを公表した後、実際の合意については何の情報も明らかにしなかったことで、事態は余計に悪化したと語る。

「FIAがやったこと、すべきではないこと、それは彼らはフェラーリとの合意に達したと発表したプレスリリースを出したことだと思う」とバーニー・エクレストンは Autocar に語った。

「どういう意味なのか? 何のための合意なのか? それは規制の範囲内だったが、彼らはそれが許されるべきものだったとも考えていない。彼らは将来のためにそれを禁止するだけだ。そうでなければ、私はどのような同意を得ることができるのか理解できない」

「合意して『まあ、あなたは間違いなく100%浮気したが、それは起こってしまったことであり、今我々がそれについてできることはほとんどないので、我々はあなたのために罰金を科す』ということなのだろうか」

フェラーリの現在の物語は、バーニー・エクレストンにマクラーレンを巻き込んだ悪名高い“スパイゲート”スキャンダルを思い起こさせた。マクラーレンはは1億ドルの罰金を科せられている。

「私は彼らに1億ドルの罰金を科すべきだと提案した。残念ながら、私を非難したチームがいたと思う」とバーニー・エクレストンは語る。

「代わりは何ができた? 当時、FIAの会長であるマックス・モズレーは、チャンピオンシップから彼らを追い出したいと考えていた」

「私は『あなたは彼らを2年間締め出すするつもりなのか』と言った。少なくとも彼らは求めようとした。彼らは2年以上消えることになる。だが、それは実際には行われなかった」

「なぜ彼らを罰し、何が起こったから彼らが稼ぐであろうお金を奪わないのか。それが我々のやったことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / FIA / バーニー・エクレストン