ロス・ブラウン、バーニー・エクレストンの後任としてF1ボスに?

2016年11月1日
ロス・ブラウン F1
ロス・ブラウンが、バーニー・エクレストンの後任としてF1の最高権威者を務めるとの噂が浮上。すでにFIAの承認を受けて、F1の新たなオーナーであるリバティ・メディアと契約を結んだと報じられている。

リバティ・メディアは、現在のバーニー・エクレストンのポジションを連合体制にしたいと考えており、新会長のチェイス・キャリーとともにロス・ブラウンがリーダーのひとりに指名されるという。

バーニー・エクレストン 「F1史上最高のドライバーを選ぶならプロスト」

2016年9月15日
バーニー・エクレストン アラン・プロスト
F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、F1史上最高のドライバーを選ぶとしたらアラン・プロストだと考えている。

F1史上最高のドライバーは誰だと思うかと Marca に質問されたバーニー・エクレストンは「難しいが、長年見てきたなかで選ぶとすれば、プロストだろう」と答えた。

バーニー・エクレストン 「ヨーロッパはF1に金を払おうとしない」

2016年9月14日
バーニー・エクレストン
バーニー・エクレストンは、将来のF1開催の継続のためにお金を払おうとしないヨーロッパ諸国に苦言を呈した。

最近姿を消したF1グランプリの中で最も残念に思っているのはどのレースかと Top Gear から質問を受けたバーニー・エクレストは「亡くなってレースでインドとトルコの2つに対しては心から憤慨している」と答えた。

リバティメディア、F1買収後もバーニー・エクレストンの残留を希望

2016年9月8日
バーニー・エクレストン
バーニー・エクレストンは、リバティメディアによるF1買収が完了した後も少なくとも3年間はF1に留まってほしと慰留されたことを明かした。

リバティメディアは、CVCキャピタルの保有するF1株式を8800億円で買収すると報じられ取り、契約の第一段階が来週にも実行されるとみられている。

バーニー・エクレストン 「F1に別れを告げるかもしれない」

2016年9月8日
バーニー・エクレストン
バーニー・エクレストンは、F1に新オーナーが誕生した後、自分が現在の地位に留まるかどうかはまだわからないと語った。

先週、ジョン・マローンが率いるアメリカのメディア大手リバティー・グループが、CVCの持つF1株式を約8800億円で買収し、新たなオーナーとなることが確定的だと報じられた。

バーニー・エクレストン義母誘拐事件、犯人は元雇用者

2016年8月2日
バーニー・エクレストン
バーニー・エクレストンは、誘拐された義母を無事に救出したブラジルの警察をほめたたえた。

イギリスの報道によると、バーニー・エクレストンの妻ファビアナ・フロシの母親を誘拐し、3,700万ドル(約37億円)の身代金を要求していた誘拐犯の主犯は、バーニー・エクレストンがF1ブラジルGP開催時に雇っていたヘリコプターパイロットだったことが明らかとなっている。

誘拐されたバーニー・エクレストンの義母、無事に救出

2016年8月1日
バーニー・エクレストン 義母 誘拐 解決
ブラジルで誘拐されたバーニー・エクレストンの義母が現地の警察によって救出されたと BBC が伝えた。

先週、バーニー・エクレストンの妻ファビアナ・フロシの母であるアパレシーダ・シュンクさんが誘拐され、犯人は3650万ドル(約37億4,000万円)の身代金を要求していると報じられた。

バーニー・エクレストンの義母、ブラジルで誘拐・・・身代金38億円

2016年7月26日
バーニー・エクレストン
バーニー・エクレストンの義母がブラジルのサンパウロで誘拐され、犯罪者が身代金1億2,000万レアル(約38億円)を要求しているという。

ブラジルの Veja を含めたメディアは、バーニー・エクレストンの妻ファビアナ・フロシの母、アパレシーダ・シュンクが金曜日夜に誘拐されたと報じた。

だが、詳細を報じおれとらず、地元警察でも報道内容は確認されてない。

バーニー・エクレストン 「メルセデスは同士討ちした方が人気が出る」

2016年7月11日
メルセデス 同士討ち
バーニー・エスレストンは、メルセデスは優勝するよりもルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグが同士討ちした方が彼らの人気を高めると主張する。

F1イギリスGPにむけて、前戦オーストリアGPでのルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグの同士討ち関連の話題がメディアを賑わせた。

バーニー・エクレストンは、そのことへの関心をメルセデスは享受するべきだと考えている。
«Prev || ... 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム