F1:バーニー・エクレストン 「ルクレールの最高の状態はもう見切った」
元F1ボスのバーニー・エクレストンは、シャルル・ルクレールが発揮できる最高の形はすでに見切ったと考えている。

シャルル・ルクレールは2018年にザウバーでF1デビューを果たし、2019年にフェラーリへと所隠して、セバスチャン・ベッテルとのチームメイトとなった。スタートは不安定だったが、その後チャンスをつかみ、ベッテルよりも多くの勝利、ポールポジション、ポイントを獲得した。

シーズンを通してシャルル・ルクレールは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとコース上で激しいバトルを繰り広げ、ルイス・ハミルトンが去った後のF1を背負って立つ二人だと考えられている。

しかし、バーニー・エクレストンはシャルル・ルクレールがそのような存在になるとは確信を持っていない。ベッテルと仲の良いエクレストンは、昨年ルクレールが“仕事をした”と語りつつも、将来に偉大なドライバーとして名を遺すとは考えていない。

「彼はいい感じの仕事をしたし、彼にもそう伝えた。彼は相応しい位置(5位)で終えた。フェラーリはルクレールを100%支持していた」とバーニー・エクレストンは Daily Mail に語った。

「彼らはそこでドライバーに恋に落ち、もう一人にとっては難しかった。多くのことがセバスチャンに対して行われた」

「我々は最高のルクレールを目にした思う。彼はうまくやったし、そうし続けるだろうが、我々は壮大な何かを見ることはないと思う」

「カナダでのビジネスはセバスチャンを混乱させた(コースを外れた後にハミルトンを絞ったことに対するペナルティが勝利を失った)。彼はフェラーリが彼をもっと支え、立ちふさがってくれるはずだと思った。彼は正しい」

現在のF1ボスであるチェイス・キャリーは、以前、バーレー・エクレストンの元政権を問題を“修正”するのではなく、不満を訴えていただけだと批判した。

バーレー・エクレストンは、2017年にF1を購入したリバティ・メディアが、スポーツを運用するのが彼らが思っていたより難しいことを思い知ったはずだと語る

F1を買い戻す誘惑があるかと質問されたバーニー・エクレストンは「ノー」とコメント。

「リバティの人々が私に会社を経営するように頼んできたら100パーセント、ノーと言うだろ、それは彼らがまとめたすべてのものを解体するようなものだからね」とバーニー・エクレストンはコメント。

「彼らはそれを行う独自の方法を持っている。チェイスはルパート・マードックの右腕だったと言われているが、彼はそうではなく、彼らは通常のビジネスのように簡単だと思っていた」

「彼らはそうではないと思い知った。私にとってすべての取引は中古車を売買するようなものだ。F1には中古車のセールスマンが必要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バーニー・エクレストン / フェラーリ / シャルル・ルクレール