バーニー・エクレストン、短時間2レース制のF1週末を提案

2016年11月21日
バーレー・エクレストン
バーレー・エクレストンは、日曜日に2つのより短いレースを開催するF1グランプリ週末のフォーマット改正を提案した。

現在、F1週末は金曜日に2度のフリー走行、土曜日にフリー走行と予選、そして、日曜日にグランプリというフォーマットで開催されている。

しかし、バーニー・エクレストンは、日曜日を40分の2レース制にすることで、F1にチャンネルを合わせるより多くのファンを作り出せると考えている。

バーニー・エクレストン、マクラーレンとロン・デニスの和解を望む

2016年11月21日
ロン・デニス
バーニー・エクレストンは、マクラーレンとロン・デニスが和解することを望んでいる。

ロン・デニスは、同じマクラーレンの株主であるマンスール・オジェとマムタラカトと争った後、マクラーレンの取締役会によって会長兼CEOを解任された。

ロン・デニスは、自身の解任を阻止するためにロンドンの高等裁判所を訪れたが、その要求は却下されている。

バーニー・エクレストン、インテルラゴス買収の可能性

2016年11月20日
バーニー・エクレストン インテルラゴス 買収
バーニー・エクレストンは、インテルラゴスを買収する可能性をほのめかしている。

F1ブラジルGPは、2017年のF1カレンダーで暫定扱いとなっており、今後の開催が不安視されている。

インテルラゴスの将来が疑問視されている理由について質問されたバーニー・エクレストンは「財政的な理由だ」と Globo Esporte にコメント。

ロス・ブラウン、F1のトップ就任を否定

2016年11月3日
ロス・ブラウン
ロス・ブラウンは、F1のトップに就任することが決定したとの報道を否定した。

Auto Bild は、ロスブラウンがバーニー・エクレストンに代わってF1の次期CEOに就くことに同意したと報じ、他にも彼がスポーティングチーフの役割を担うとも報道されている。

リバティ・メディアが、F1の経営権取得に乗り出して以来、ロス・ブラウンにはこのような噂がしばしば流れている。

ロス・ブラウン、バーニー・エクレストンの後任としてF1ボスに?

2016年11月1日
ロス・ブラウン F1
ロス・ブラウンが、バーニー・エクレストンの後任としてF1の最高権威者を務めるとの噂が浮上。すでにFIAの承認を受けて、F1の新たなオーナーであるリバティ・メディアと契約を結んだと報じられている。

リバティ・メディアは、現在のバーニー・エクレストンのポジションを連合体制にしたいと考えており、新会長のチェイス・ケアリーとともにロス・ブラウンがリーダーのひとりに指名されるという。

バーニー・エクレストン 「F1史上最高のドライバーを選ぶならプロスト」

2016年9月15日
バーニー・エクレストン アラン・プロスト
F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、F1史上最高のドライバーを選ぶとしたらアラン・プロストだと考えている。

F1史上最高のドライバーは誰だと思うかと Marca に質問されたバーニー・エクレストンは「難しいが、長年見てきたなかで選ぶとすれば、プロストだろう」と答えた。

バーニー・エクレストン 「ヨーロッパはF1に金を払おうとしない」

2016年9月14日
バーニー・エクレストン
バーニー・エクレストンは、将来のF1開催の継続のためにお金を払おうとしないヨーロッパ諸国に苦言を呈した。

最近姿を消したF1グランプリの中で最も残念に思っているのはどのレースかと Top Gear から質問を受けたバーニー・エクレストは「亡くなってレースでインドとトルコの2つに対しては心から憤慨している」と答えた。

リバティメディア、F1買収後もバーニー・エクレストンの残留を希望

2016年9月8日
バーニー・エクレストン
バーニー・エクレストンは、リバティメディアによるF1買収が完了した後も少なくとも3年間はF1に留まってほしと慰留されたことを明かした。

リバティメディアは、CVCキャピタルの保有するF1株式を8800億円で買収すると報じられ取り、契約の第一段階が来週にも実行されるとみられている。

バーニー・エクレストン 「F1に別れを告げるかもしれない」

2016年9月8日
バーニー・エクレストン
バーニー・エクレストンは、F1に新オーナーが誕生した後、自分が現在の地位に留まるかどうかはまだわからないと語った。

先週、ジョン・マローンが率いるアメリカのメディア大手リバティー・グループが、CVCの持つF1株式を約8800億円で買収し、新たなオーナーとなることが確定的だと報じられた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1 最新ニュース

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム