F1:バーニー・エクレストン(89歳)に第4子となる男の子が誕生

2020年7月2日
F1:バーニー・エクレストン(89歳)に第4子となる男の子が誕生
元F1最高経営責任者のバーニー・エクレストン(89歳)に第4子となる男の子「エース(Ace)」君が誕生した。

現在、バーニー・エクレストンは、ブラジル・サンパウロ北部にある農場で新型コロナウイルスから自己隔離措置をとっている。今年10月で90歳になるエクレストンだが、その前に4人目となる子供が妻ファビアナとの間に誕生した。

F1:バーニー・エクレストン、人種政治のチェイス・キャリーに反撃

2020年6月30日
F1:バーニー・エクレストン、人種政治のチェイス・キャリーに反撃
元F1最高責任者のバーニー・エクレレストンは、F1内の新しい人種政治の動きに対して後継者のチェイス・キャリーに反撃した。

かつて40年にわたってF1を取り仕切ってきたバーニー・エクレストンは、最近CNNのインタビューで反人種的活動を行っているルイス・ハミルトンについて意見を求められた。

F1王者ルイス・ハミルトン、人種差別的発言のエクレストンを猛批判

2020年6月28日
F1王者ルイス・ハミルトン、人種差別的発言のエクレストンを猛批判 「無知で教養に欠ける」
F1ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンは、「白人よりも黒人の方が人種差別的なケースがある」と発言した元F1最高責任者のバーニー・エクレストンに激怒。「無知で教養に欠ける」と激しく批判した。

かつて40年にわたってF1を取り仕切ってきたバーニー・エクレストンは、最近CNNのインタビューで反人種的活動を行っているルイス・ハミルトンについて意見を求められた。

F1、人種差別的発言のバーニー・エクレストンは「完全な部外者」

2020年6月27日
F1、人種差別的発言のバーニー・エクレストンは「完全な部外者」
F1は、CNNのインタビューで人種差別的発言を行ったバーニー・エクレストンに対して声明を発表。すでにF1内で役割を持たない無関係な人物であることを強調した。

元F1最高経営責任者のバーニー・エクレストンは、ルイス・ハミルトンが行動を起こしたモータスポーツ内での多様性を広げるための活動がF1で明確な効果をもたらすとは考えていないとCNNのインタビューで語った。

バーニー・エクレストン 「F1の黄金時代は終わった」

2020年6月9日
バーニー・エクレストン 「F1の黄金時代は終わった」
元F1最高責任者であるバーニー・エクレストンは、F1の黄金時代は終わったと考えており、高額の給与を受け取っている多くのF1ドライバーは今後は多くを犠牲にしなければならないと予想している。

新型コロナウイルスは自動車産業に大きなダメージを与えており、バーニー・エクレストンはそれがF1にも影響を与えると考えている。エクレストンは、ルイス・ハミルトンが新しい契約にサインする際には給与を大幅に犠牲にしなければならないと考えている。

バーニー・エクレストン、ウィリアムズF1の買収先/投資家探しを支援

2020年6月5日
バーニー・エクレストン、ウィリアムズF1の買収先/投資家探しを支援
元F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、ウィリアムズF1の消滅を防ぐべく、買収先・投資家を探すために救い手を差し伸べた。

先週、ウィリアムズはROKiTとのタイトルスポンサー契約を解消することを発表し、チーム自体を売却するプロセスを開始したことを明らかにしている。

バーニー・エクレストン 「セバスチャン・ベッテルは1年間F1を休むべき」

2020年6月1日
バーニー・エクレストン 「セバスチャン・ベッテルは1年間F1を休むべき」
元F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、良い友人であるセバスチャン・ベッテルにF1を1年休み、スポーツの変化を観察してから将来を決めるようアドバイスした。

セバスチャン・ベッテルが2020年シーズン限りでフェラーリF1を去るという衝撃的な発表は、4回のF1ワールドチャンピオンの次の動きについて多くの憶測を巻き起こした。

「メルセデスでハミルトンとベッテルが組めばF1に大きな価値をもたらす」

2020年5月22日
「メルセデスでハミルトンとベッテルが組めばF1に大きな価値をもたらす」とバーニー・エクレストン
元F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、メルセデスがルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルという“スーパーチーム”を起用すればF1は面白くなるだろうと語る。

2020年シーズン限りでフェラーリF1を離脱することを発表していらい、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルの将来は推測の対象となっている。

バーニー・エクレストン 「メルセデスF1はベッテル獲得を検討すべき」

2020年5月21日
バーニー・エクレストン 「メルセデスF1はベッテル獲得を検討すべき」
元F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、メルセデスF1は2021年のドライバーとしてセバスチャン・ベッテルと契約することを“検討すべき”だと語る。

セバスチャン・ベッテルは、契約期間が満了する2020年をもってフェラーリF1を離脱することを決断。競争力のあるシートを手放したことで、ベッテルがこのままF1を引退することになるかもしれないとの憶測を呼んでいる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム