バーニー・エクレストン、F1プロモーターとリバティの仲裁役に意欲

2019年1月31日
F1 バーニー・エクレストン
元F1最高権威者のバーニー・エクレストンは、F1プロモーターとリバティメディアとの論争を解決するために手を貸すことに前向きであると語る。

F1カレンダーに掲載されている21戦のレース主催者のうち16戦のプロモーターの代表で構成されるF1プロモーター協会は、1月28日(月)にロンドンで集会を開き、リバティメディアの手法への異議を表明。サーキットがF1から撤退することも辞さないと警告した。

バーニー・エクレストン、ロバート・クビサのF1復帰に太鼓判

2019年1月31日
F1 バーニー・エクレストン ロバート・クビサ
元F1の最高責任者であるバーニー・エクレストンは、今年F1復帰するロバート・クビサはこれまでよりも強いと太鼓判を押す。

2011年のプレシーズン中のラリー事故で右腕に重傷を負ったロバート・クビサ(35歳)は、2019年にウィリアムズで8年ぶりにF1レース復帰を果たす。

バーニー・エクレストン クリスマスカード 2018年

2018年12月22日
F1 バーニー・エクレストン クリスマスカード
バーニー・エクレストンが、毎年恒例となっているユーモラスなイラストが描かれたクリスマスカードを今年も用意した。

昨年、リバティメディアがF1を買収し、もはやバーニー・エクレストンはF1の運営には関わっていないが、風刺の効いたクリスマスカードが今年も用意された。2018年のクリスマスカードの題材は、F1の運営に関してのようだ。F1の新しいボスであるチェイス・ケアリー、FIA会長のジャン・トッド、そして、10名のチームプリンシパルがなんらかの共謀をしている。

バーニー・エクレストン 「シルバーストーン買収を試みたが断られた」

2018年12月12日
F1 バーニー・エクレストン シルバーストーン
元F1の最高権威であるバーニー・エクレストンは、シルバーストーンの買収を試みたが、売却の意向はないと伝えられたと述べた。

昨年、シルバーストーンの責任者は、以前のオーナーとの間で締結したF1開催契約の解除条項を行使。現在の契約下では2019年がF1イギリスGPの最後のレースとなっている。

バーニー・エクレストン 「セバスチャン・ベッテルはリーダーではない」

2018年11月25日
F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
元F1の最高権威者であるバーニー・エクレストンは、セバスチャン・ベッテルがフェラーリでミハエル・シューマッハのようなリーダーの役割を担っているとの見解を否定した。

「ミハエルはフェラーリを背負い、危機から脱却させた。彼はリーダーだった。セバスチャンはそうではない」とバーニー・エクレストンは La Gazzetta dello Sport にコメント。

バーニー・エクレストン 「オコンにF1シートがないなど信じられない」

2018年11月25日
F1 エステバン・オコン
元F1の最高権威であるバーニー・エクレストンは、エステバン・オコンほどのドライバーが来季のF1でシートを得られなかったことは“信じられない”と語る。

まだフォースインディアへのランス・ストロールの加入は正式発表されていないが、エステバン・オコンは、ウィリアムズがロバート・クビサの起用を発表したことで2019年のF1グリッドに並べないことが確定した。

バーニー・エクレストン、F1ブラジルGP救済の噂に口を閉ざす

2018年11月17日
F1 バーニー・エクレストン ブラジルGP
バーニー・エクレストンは、F1ブラジルGPの救済に乗り出すかどうかについて口を閉ざしている。

元F1の最高権威者であるバーニー・エクレストンは、ブラジル出身の妻ファビアナがコーヒブランド『Celebrity』を経営者を務めていることもあり、近年はブラジルで時間を過ごすことが多くなっている。

バーニー・エクレストン 「フェラーリは“イタリア化”されすぎている」

2018年10月3日
F1 バーニー・エクレストン フェラーリ
元F1の最高責任者であるバーニー・エクレストンは、フェラーリがチャンピオンシップに勝てないのはチームが“イタリア化されすぎている”ことが問題だと考えている。

今シーズン、フェラーリはグリッドの“最速のクルマ”だと評されているが、ドライバーズ選手権とコンストラクターズ選手権の両方でメルセデスに大きな差をつけられている。

「フェルナンド・アロンソは誤った決断が多すぎた」とエクレストン

2018年9月5日
F1 フェルナンド・アロンソ
元F1の最高席責任者であるバーニー・エクレストンは、フェルナンド・アロンソはキャリアのなかで誤った決断があまりに多かったとし、F1の偉大なチャンピオンとして見なされることはないだろうと語る。

2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、フェラーリ時代の2013年のF1スペインGPでの優勝を最後に通算勝利数は32勝で止まったまま。2015年にマクラーレンに移籍して以降は表彰台にも一度も上がっておらず、過去4シーズンはグリッド後方でポイントを獲得することさえ苦しんだ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム