バーニー・エクレストンのF1の支配に終止符が打たれた日

2023年1月24日
バーニー・エクレストンのF1の支配に終止符を打たれた日
2017年1月24日、長らくF1の最高責任者を務めてきたバーニー・エクレストンが解任された。リバティ・メディアによるF1買収をきっかけに、86歳のバーニーは退任を余儀なくされた。

40年にわたりグランプリレースを支配し、F1を世界的なフランチャイズと経済大国にまで高めた元最高責任者は、この決定によってスポーツ史上最も顕著で成功した在任期間のひとつに終止符を打つことになった。

シルバーストン責任者 「エクレストンはF1プロモーターを潰していた」

2023年1月14日
シルバーストン責任者 「エクレストンはF1プロモーターを潰していた」
シルバーストンのマネージングディレクターであるスチュアート・プリングルは、バーニー・エクレストン運営時代のF1のリーダーシップはプロモーターを「潰していた」と述べ、現在のオーナーであるリバティ・メディアの姿勢を称賛した.

スチュアート・プリングルは、F1イギリスGP、ますます高まるF1への関心、そして、プロモーターとしてその人気をどのように活用しなければならないかについて話した。

エクレストン 「ハミルトンのメルセデスF1移籍で給与の負担を申し出た」

2023年1月5日
バーニー・エクレストン 「ハミルトンのメルセデスF1移籍で給与の負担を申し出た」
元F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、2012年にメルセデスF1にルイス・ハミルトンと契約するよう促した方法を明らかにした。

6年前にルイス・ハミルトンがマクラーレンからメルセデスに移籍すると発表されたとき、それは物議をかもした。

バーニー・エクレストン 「F1はマックス・フェルスタッペンに感謝するべき」

2022年11月15日
バーニー・エクレストン 「F1はマックス・フェルスタッペンに感謝するべき」
元F1最高責任者であるバーニー・エクレストンは、F1は批判するのではなく、「マックス・フェルスタッペンに感謝するべき」だと語る。

92歳のバーニー・エクレストンは、2017年にリバティメディアから追放された後、もはやレースに参加していないが、ブラジル人の妻と子供と一緒に近くに住んでいるため、インテルラゴスのパドックに戻ってきた。

ミック・シューマッハ 「F1での将来にエクレストンのアドバイスなど不要」

2022年11月11日
ミック・シューマッハ 「F1での将来にエクレストンのアドバイスなど不要」
ミック・シューマッハは、元F1最高責任者バーニー・エクレストンの「F1を忘れて他のカテゴリーに転向すべき」というアドバイスを聞き入れることを拒否した。

92歳のバーニー・エクレストンは、RTLに対し、F1レジェンドであるミハエル・シューマッハの23歳の息子ミック・シューマッハは、ハースF1チームのシートを失うと考えていると語った。

バーニー・エクレストン 「ミック・シューマッハはF1を諦めるべき」

2022年11月11日
バーニー・エクレストン 「ミック・シューマッハはF1を諦めるべき」
ミック・シューマッハはF1の将来を忘れて、代わりに別のモータースポーツカテゴリーで成功を収めるべきだと、元F1ボスのバーニー・エクレストンは考えている。

22歳のミック・シューマッハに2022年シーズン以降もF1での将来があるかどうかは、ハースF1チームがニコ・ヒュルケンベルグを後任に据えるとの報道もあり、疑わしいものとなっている。

レッドブルF1の財務規則違反への制裁はポイント剥奪よりも重い罰?

2022年10月19日
レッドブルF1の財務規則違反への制裁はポイント剥奪よりも重い罰?
元F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、2021年のF1予算上限に違反したことに対するレッドブルF1チームのペナルティは、ポイント剥奪よりも「厳しい」ものになると考えられている。

FIA(国際自動車連盟)は、レッドブル・レーシングが2021年の予選上限を超過したことを発表。だが、それは5%以下の“軽微”なものと発表されており、金銭的なペナルティを伴う軽い罰則になるとも予想されている。

F1 バーニー・エクレストン、巨額脱税巡る公判で無罪を主張

2022年8月25日
F1 バーニー・エクレストン、巨額脱税巡る公判で無罪を主張
F1の前CEOであるバーニー・エクレストンは、月曜日にウェストミンスター治安判事裁判所に出廷し、推定4億ポンド(約646億円)相当の詐欺罪について無罪を主張した。

月曜日の朝、91歳の彼は妻のファビアナと公聴会に出廷したバーニー・エクレストンは、簡単な審問の後、9月19日にサザーク刑事法院で行われる次の法廷に出廷する前に、無条件の保釈を認められた。

F1:バーニー・エクレストン、650億円以上の海外資産の脱税で起訴

2022年7月12日
F1:バーニー・エクレストン、650億円以上の海外資産の脱税で起訴
元F1の最高経営責任者であるバーニー・エクレストンは、4億ポンド(約650億円)を超える海外資産の虚偽の申告により脱税の罪で起訴された。

バーニー・エクレストンは、2017年初頭にリバティメディアにF1を売却するまで40年以上にわたってF1を主宰してきた。また、1972年から1987年にかけてF1チームのブラバムを所有していた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム