F1:「トト・ヴォルフはアストンマーティンに移籍する」とエクレストン
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、そう遠くない将来にアストンマーティンに移籍するはずだとバーニー・エクレストンは語る。

今年ははじめ、ローレンス・ストロールの友人であるトト・ヴォルフはアストンマーティンにリンクされた。噂は、二人は一緒にメルセデスからF1チームを購入し、アストンマーティンに改名することを計画しているというものだった。

だが、それは起こらなかった。代わりにローレンス・ストロールは、アストンマーティンの株式を購入。2021年から自身が所有するレーシング・ポイントF1チームをアストンマーティンに名称変更すると発表している。

トト・ヴォルフについて言及されていないが、それは今後数か月でアストンマーティンに移籍しないという意味ではない。

トト・ヴォルフは、まだメルセデスでの将来をコミットしていないが、元F1最高経営責任者のバーニー・エクレストンは、それはローレンス・ストロールと協力しようとしているためだろうと語る。

「トト・ヴォルフは、ローレンス・ストロールとより友好的になった」とバーニー・エクレストンはコメント。

「彼は友達になるのに適した人を選ぶ頭脳を持っている、そして、私はおそらく彼がアストンマーティンでローレンスに加わるのを見ることになると思っている」

「ローレンスには彼と一緒に何人かの人々がいて、グループは会社の支配権を買った、そして、私はトトが最高経営責任者としてそこに飛び込むことができると思っている。うまくいくかもしれない」

しかし、アストンマーティンに加わったトト・ヴォルフが自動車会社だけでいるのか、それとも彼がF1チームで役割を果たすのかについてバーニー・エクレストンは語っていない。

先週、トト・ヴォルフはリバティ・メディアとの重要な会議を欠席し、代わりにジェームズ・アリソンをメルセデスの代表として送った。

トト・ヴォルフがメルセデスから離れることを選択した場合、ルイス・ハミルトンの去就にも影響を与えると考えられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バーニー・エクレストン / メルセデス / アストンマーティン