F1:バーニー・エクレストン、マックス・モズレーの死は「兄弟を亡くしたようなもの」
バーニー・エクレストンは、元FIA会長のマックス・モズレーの死は“兄弟を亡くした”ようなものだと語った。

マックス・モズレーの家族は「昨夜、癌との長い戦いの末に亡くなりました」と声明で発表。81歳だった。

元F1の最高経営責任者であるバーニー・エクレストン(90歳)は、2009年のFIA会長選でマックス・モズレーの辞任を支持したことは最大の後悔のひとつだと語った。

「彼の家族を失うようなものだ。彼は私にとって兄弟のような存在だった」とバーニー・エクレストンは DPA通信 に語った。

「我々はお互いを理解していた。つまり、何かが気に入らなければ、一方が他方を批判する可能性があった。彼は率直な男だったが、愚か者に寛容な人ではなかった」

実際、マックス・モズレーが改革を推し進めたとき、しばしばF1チームと激しく対立した。その多くは、今日のF1おける彼の永続的な遺産となったいる

「マックスは、自動車を非常に安全にすることでモータースポーツと自動車産業に多くの利益をもたらした」とバーニー・エクレストンは確認した。

また、マックス・モズレーは、セックス・スキャンダルを報じ、その後、廃刊となったタブロイド紙『ニュース・オブ・ザ・ワールド』との戦いのように、行き過ぎた取材方法に問題を提起した。

「私がそれをしなければ、彼らは自分自身を守ることができない人々を暴露し続けるだろうと思った。私は正しいことをしたと思う」と当時マックス・モズレーは語った。

マックス・モズレーとバーニー・エクレストン

弁護士で元レーシングドライバーのマックス・モズレーは、様々なモータースポーツカテゴリーで大きな成功を収めた。そして、1970年代にF1で3勝を挙げたコンストラクターズ兼レーシングメーカーのマーチ・エンジニアリングの5人の創設メンバーの一人だった。

FOCA(Formula One Constructors' Association)内のマーチの代表となったマックス・モズレーは、そこでFOCAのボスだったバーニー・エクレストンと親しくなり、その後、組織の公式法律顧問に就任。F1とチームを繋ぐ非常に重要な拘束力のある商業および財政契約であるコンコルド協定の初版の作成者の一人となった。

政治的洞察力をもったマックス・モズレーは、1991年にモータースポーツの統治機関であるFISA(国際自動車スポーツ連盟)の会長選で当選。1993年にFIA会長にも就任すると、FISAをFIAに吸収し、代わりに世界モータースポーツ評議会を新設した。

おそらくモータースポーツで最も強力な才能であるバーニー・エクレストンとマックス・モズレーの組み合わせは、F1を10億ドル規模のビジネスとグローバルブランドへと成長させた。

16年間のFIA会長の任期の間、マックス・モズレーは、1994年のイモラでのアイルトン・セナとローランド・ラッツェンバーガーの劇的な死を受けてモータースポーツの安全性を高めることに注力。ヨーロッパで実施されている自動車安全テストであるユーロNCAP(European New Car Assessment Programme)の導入を主導した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バーニー・エクレストン / FIA