バーニー・エクレストン、エイドリアン・ニューウェイの治療を手配 / レッドブル・ホンダF1
元F1最高責任者のバーニー・エクレストンが、事故を起こしたレッドブルF1のエイドリアン・ニューウェイの治療を手配していたことが明らかになった。

エイドリアン・ニューウェイは、サイクリング中に複数回の手術が必要となる深刻な事故を起こし、今シーズのいくつかのレースで不在だったことが明らかになっている。

だが、エイドリアン・ニューウェイは、メルセデスが競争力で優位にたったF1トルコGPでピットウォールに戻った。

エイドリアン・ニューウェイの不在について質問されたレッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「本当に大変だった」と f1-insider.comと 語る。

「エイドリアンはいくつかの骨折と頭部外傷を負っていた。幸いなことに、バーニー・エクレストンはたまたま同じ時期にクロアチアにいた」

「バーニーはクロアチアの当局に近い」

「彼はエイドリアンがすぐに最高の治療を受けたことを確認し、イギリスへの輸送を手配してくれた」

しかし、62歳のエイドリアン・ニューエイが復帰したからと言って、マックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンを6ポイント上回っているレッドブル・ホンダのパフォーマンスがすぐに急上昇する可能性は低い。

「我々は緊急にステップアップする必要がある。そうしなければ、我々にとって困難になる」とヘルムート・マルコは認める。

「理論的には、標高が高いメキシコとサンパウロでしか我々にアドバンテージはない。我々にはそこで空力的にうまく機能するマシンもある」

「しかし、他の4つのサーキットに関してはすべての部外者だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / バーニー・エクレストン