ミック・シューマッハはアルファタウリF1に移籍するべき? バーニー・エクレストンが提言
ミック・シューマッハは、2022年にアルファロメオF1への移籍が噂されているが、元F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、アルファタウリのドライバーになることを望んでいる。

7回の元F1ワールドチャンピオンであるミハエルシューマッハの息子であるミック・シューマッハは、ルーキーシーズンで戦っているハースF1よりも競争力のあるチームへのステップアップが望まれている。

現役F22チャンピオンであるミック・シューマッハは、競争力のないハースのF1マシンでこれまで素晴らしい結果を達成していないが、トラック外での不要な悪評と一連のスピンで注目を集めているチームメイトのニキー・タマゼピンよりも確実に良い印象を与えている。

キミ・ライコネンは今年シーズン限りでF1を引退する可能性があるため、2019年のバーレーンでテストミック・シューマッハとすでに関係を築いているアルファロメオに空席ができる可能性がある。昨年のF1アイフェルGPではミック・シューマッハはアルファロメオでのFP1出走が予定されていてが、外出悪天候のためにセッションはキャンセルされたという経緯もある。

ミック・シューマッハ、フェラーリのアカデミードライバーであり、アルファロメオは自然にフィットするが、バーニー・エクレストンは、次のキャリアのためにレッドブル陣営に加わることを望んでいる。

「彼には最初からアルファロメオに行ってもらいたかった」とバーニー・エクレストンは Bild に語った。

「そこで彼はキミ・ライコネンという速くて経験豊富なチームメイトを持っていただろう。彼は彼の父親とも非常に良い関係を築いていた」

フェラーリは代わりにアントニオ・ジョヴィナッツィに信頼を置いた。では、ミック・シューマッハの次の動きはどうなるのだろう?

「私はアルファタウリをミックの次のチームとして想像することができる」とバーニー・エクレストンは続けた。

「彼らは良い仕事をしているし、彼らにはフランツ・トストという若い才能に非常に優れている経験豊富な男がいる」

「ミックは、現在のチームのドライバーとして、実際にどの位置いるのか分からない。彼は、純粋にもっと良い、より競争力のあるマシンを必要としている」

もちろん、レッドブルのドライバー開発プログラムのボスであるヘルムート・マルコとタレントプールに多くのドライバーがいるのは、言うまでもなく、アルファタウリに加入するにはピエール・ガスリーと角田裕毅がいるという問題もある。

しかし、ミック・シューマッハは、ニキータ・マゼピンよりも良い成績を残していることで、少なくとも彼が優れたマシンとより才能のあるチームメイトと組む価値があることを示したとバーニー・エクレストンは語る。

「すべてのドライバーはより良いマシンを望んでいる」とバーニー・エクレストンは続けた。

「彼はチームメイトを打ち負かした。それはまずはすべてのドライバーにとって最も重要なことだ」

「しかし、それはマゼピンではあまり多くのことは言えない。ミックは自分がどこに立っているかを知るために、より速いチームメイトを必要としている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / レッドブル / バーニー・エクレストン / アルファタウリ