「2021年もルイス・ハミルトンが楽勝でF1タイトルを獲る」とエクレストン
元F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、2021年のF1世界選手権もルイス・ハミルトンがマックス・フェルスタッペンを“簡単”に打ち負かしてタイトルを獲得することが明らかになったと語る。

バーレーンで2021年F1シーズンが開幕したときはレッドブル・ホンダF1がメルセデスを凌駕しているように見えた。しかし、先週末のF1スペインGPではルイス・ハミルトンが2連勝。ここまでの4戦のうち3勝を挙げた。

“ハイレーキ vs ローレーキ”論争もすっかりと影を潜め、国際メディアはすでにこれまでと同じようにメルセデスF1とルイス・ハミルトンが優位だとの結論を始めている。

「フェルスタッペンは未来だが、まだハミルトンが現在であることは間違いない」とバーニー・エクレストンは AS に語った。

他の海外メディアもF1スペインGPの結果を踏まえて以下のように表する。

スイス紙 Tages Anzeiger は「フェルスタッペンは最初のコーナーでルイスハミルトンを追い抜いて、すべてを正しく行ったが、スペインGPには勝てなかった」と報道。

Giorgio Terruzzi に寄稿するジョルジオ・テルッツィは「我々はすでにルイス・ハミルトンのための最上級を使い果たしてしまった」と語る。

「マックス・フェルスタッペンは他に何ができた? ハミルトンはシンプルに彼のメルセデスを無敵の方法で運転している」

La Gazzetta dello Sport に寄稿するウンベルト・ザペローニは「ハミルトンは違いを生み出せるドライバーだ。ボッタスの結果はマックスに勝てなかったであろうことを示している」と語った。

また、ルイス・ハミルトンのフォームは、バーニー・エクレストンにルイス・ハミルトンが今年、史上最多の8回目のF1ワールドチャンピオンを獲得することを確信させている。

「現在、このスポーツには、セナとプロストのケースと同様に、再び互角に渡り合える2人のドライバーがいる」とバーニー・エクレストンは Blick に語った。

「しかし、残念ながら、私はオランダ出身のファイターのサポーターたちから希望を奪い去らなければならない。ハミルトンはこれまで以上にいいドライビングしている」

「フェルスタッペンのおかげでもあるが、今やルイスは完璧で、落ち着いており、クレバーだ。彼が問題に巻き込まれることはないし、常に相手に生き残るために必要なスペースと敬意を与えている」

また、ルイス・ハミルトンが、今や彼の個人的な生活と職業的な生活のバランスを取っていると考えている。

「そのすべてが彼をコックピットでさらに強くしている」とバーニー・エクレストンは同意します。

「マックスは彼のドライビングスキルと同等かもしれないが、ルイスは常に彼の後ろにいる優れたチームとより信頼性の高いエキップメントを持っていることに頼ることができる」

「奇妙な事件がなければ、ルイスは楽勝で8回のF1ワールド゙チャンピオンになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / バーニー・エクレストン