バーニー・エクレストン 「F1の成功はフランク・ウィリアムズたちのおかげ」
元F1最高経営責任者のバーニー・エクレストンは、フランク・ウィリアムズのようなパイオニアたちがいなければ、今のF1は存在しなかったと語り、故人を偲んだ。

ウィリアムズF1チームは11月28日、創設者で元チームプリンシパルのフランク・フランク卿が79歳で亡くなったことを発表した。。彼のリーダーシップの下、ウィリアムズF1チームは合計16の世界タイトルを獲得し、スポーツに目覚ましい遺産を残した。

フランク・ウィリアムズは、エンツォ・フェラーリ、ケン・ティレル、ロータスのコーリン・チャップマンといった創設者が設立したチームがタイトルを争っていた時代にF1を戦った。

2020年にウィリアムズ一家はチームを売却してF1を去り、アメリカの投資会社であるドリルトン・キャピタルが運営を引き継いで、F1で最後のファミリー経営のチームの時代は幕を閉じた。

バーニー・エクレストンは、1977年から2020年の間にウィリアムズF1チームに心と魂を注ぎ込んだフランク・フランクは、F1が今日も残ることを保証する大きな柱だったと考えている。

「あのようなタイプの人々がいなければ、F1が今も続いていたかどうかは疑わしい。おそらくフェラーリはやめていただろうし、それだけだっただろう」と91歳のバーニー・エクレストンはロイターに語った。

「もうチームをスタートした古参たちで頭に浮かぶ人はあまりいない」

「フランクのような人々が初期の頃にいなかったら、F1が今日生き残ったのだろうかと疑問に思う。彼はフォーミュラ1を作った人の一人だった」

「ひとつの時代の終わりだ」

1970年代初頭にブラバムを引き継いで運営したバーニー・エクレストンは、フランク・ウィリアムズを魅力と決意を持って人生の経済的および物理的な障害を乗り越えた旧友だと回想した。

「当時はエンジンとギアボックスを購入することができた。数十億円を払って、1,000人の従業員を雇う必要はなかった」とバーニー・エクレストンは言った。

「彼は常にゲームの先を行っていた。私がカシミアのことを聞いたことがなかったとき、彼はカシミヤのセーターについて知っていた。それがフランクだった」

「彼が私に『2,000ポンド貸してくれないか』と言えば、私はイエスと答えた。彼は『10日で返済する』と言う。フランクが10日で2,000ポンドを返してくれるのは確かなことだった」

「彼は何でも話し、そして、帰る直前に『私を助けてくれないか? 2,500ポンド貸せるか? 10日で返済する』と言う。それが我々がフランクと働いた方法だ。私は彼を生涯で信頼ていた」

バーレー・エクレストンは、フランク・ウィリアムズが、事故に遭ったフランスからロンドンに戻った後、F1ドクターのシド・ワトキンス教授と病院に座っていたことを思い出した。

「私は『これはどれくらい続く?』と言った。彼(ワトキンス)は『彼は6ヶ月間ここで天井を見ていることになる思う』と言った。私は『彼はこのままで生きていくことになるの?』と言った。彼は『私はそうは思わない』と言った。シドは本当に科学を知っていた」

「いつものように、フランクはみんなが間違っていることを証明した。彼らはもうフランクのようにF1を育てることはないだろう」

フランク・フランク卿は1986年の自動車事故の後、残りの人生を車椅子で過ごした。バーニー・エクレストンは、フランク・フランクの死はおそらく「不幸に見えて実はありがたいもの」のように感じていると認め、娘クレアから家族に囲まれた病院で亡くなったと言われたことで慰められたと語った。

「クレアは今朝私に電話をかけて、フランクが亡くなった言った。私がそれが幸せでもあり、不幸にも感じた。彼は長い間とてもうまくやっていた。しかし、おそらくこれらのことは不幸に見えて実はありがたいことだ。」とバーニー・エクレストンは語った。

「彼女は明らかに動揺していた。彼らは昨日彼女を病院に呼び、彼は長くないので、彼に会いに来るべきだと言った。しかし、私は彼が苦しんでいるかどうか尋ねた。彼女はノーと言った」

「彼のストーリーは素晴らしい。彼の状態(四肢麻痺)で彼ほど長く生きた人はいなかった」

「フランクは人として少し特別だった。そして、彼が続けていった方法でそれは示された。フランクに関する限り、物事は決して悪いことではなかった」

彼は物事について不平を言うことはなかった。彼は可能な限り最善の方法で物事を進めた。そして、それが彼がとても成功した理由だ。彼はずっとレーサーだった。」

「だが、フランクは文句を言うことはなかった。彼は決して泣き言を言ったり、シクシク泣くことはしなかった。彼はできる限り最善を尽くした。彼はファイターだった。フランクはとにかくフランクだった。彼はみんなと仲が良く、みんなが彼を好きだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / バーニー・エクレストン