F1:バーニー・エクレストン 「ハミルトンへのペナルティは不相応」
元F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、F1イギリスGPのスチュワードがルイス・ハミルトンにペナルティとして下した裁定は“罪に適合しなかった”と考えている。

F1イギリスGPでの物議を醸すルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンについて意見を求められたバーニー・エクレストンは、スチュワードは関与する必要はなかったと考えているが、関与するという決定したのであれば、彼らがもたらしたペナルティは十分に厳しいものではなかった語る。

「昔ならば、レーシングインシデントと言っていたような事故のひとつだった」とバーニー・エクレストンは Sportsmail に語った。

「両チームがチャンピオンシップに勝つために最善を尽くしていることは明らかだ。ある意味、彼ら制裁を加える必要はなかったと思うが、そうしなければならないとすれば、正しい決定ではなかった。十分ではなかった」

「スチュワードが関与する必要があるなら、彼らはルイスに10秒以上のペナルティを与えるべきだった。30秒にすべきだったね」

「ルイスは衝突した時点で前にいなかった。あれは彼のコーナーではなかった。彼はほぼマシンの後ろにいた。だから、彼は前ではなく後ろから彼に衝突した」

「10秒は正しくなかった。罰は罪に適合していなかった」

1996年のF1ワールドチャンピオンのデイ・モンヒルは、日曜日のルイス・ハミルトンの「フルオン」レベルのアグレッシブさに驚いたことを認めた。

「ある時点で、2人が接触することは避けられなかったと思う。とても攻撃的だった」とデイモン・ヒルは F1 Nation のポッドキャストで述べた。

「ルイスがあれほどアグレッシブにドライブするのを見たことがない。頭を悩ませてそんな時があったかを考えている。思いつくのは、ニコ・ロズベルグとのバルセロナだけだ」

「フルオンアタックモードだったが、前日のスプリントでポールポジションを失ったことと関係があるのではないかと思う」

ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンのクラッシュについては多くの意見が交わされているが、デイモン・ヒルはどちらのドライバーにその責任があるかについて答えはまだはっきりしていないと認める。

「この件について意見を持っている私のレーシングフレンドや友人から電話や連絡が増えているが、まだ答えは見つかっていない・・・現時点ではどちらの側も50/50だ」とデイモン・ヒルは語った。

「ペナルティを受けるがルイスだったのか、マックスがペナルティを受けるべきだったのか、明確な答えはない」

「彼らは両方とも信じられないほど妥協していなかった。そして、2人の非常に妥協のない人々が180mphのコーナーで一緒になれば何かが起こるだろう。そして、それは起こった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バーニー・エクレストン / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1イギリスGP