ウィリアムズ 「2020年のF1ドライバーラインナップの発表はアブダビ後」

2019年11月8日
ウィリアムズ 「2020年のF1ドライバーラインナップの発表はアブダビ後」
ウィリアムズは、2020年のF1ドライバーラインアップを発表するのは最終戦F1アブダビGPの後になると語る。

ジョージ・ラッセルはすでに2020年もウィリアムズに残留することが決定しているが、ロバート・クビサが抜けたシートに誰が座ることになるかはまだ明らかになっていない。

ジャック・ヴィルヌーヴ 「ウィリアムズは予算上限に値しない」

2019年11月7日
ジャック・ヴィルヌーヴ 「ウィリアムズは予算上限に値しない」
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、ウィリアムズのようなチームは予選上限に“値しない”と語る。

最後にウィリアムズでF1ワールドチャンピオンを獲得したドライバーであるジャック・ヴィルヌーヴは、最近のバックマーカーに甘んじているチームの努力にかなり批判的な発言を繰り返している。

ウィリアムズ | 2019年 F1アメリカGP 決勝レポート

2019年11月5日
ウィリアムズ
ウィリアムズは、F1アメリカGPの決勝レースで、ジョージ・ラッセルが17位、ロバート・クビサはリタイアでレースを終えた。

デイブ・ロブソン(シニアレースエンジニア)
「今日はシンプルにペースに苦戦した。マシンのドライブを難しくした突風のコンディションも助けにはならず、そのせいでタイヤにも負担をかけた。1ストップでレースを乗り切りたかったが、タイヤのデグラデーションがひどく、ほぼ不可能だった」

ニコ・ヒュルケンベルグ、ウィリアムズ移籍を除外「僕はふわさしくない」

2019年11月2日
ニコ・ヒュルケンベルグ、ウィリアムズ移籍を除外「僕はふわさしくない」
ニコ・ヒュルケンベルグは、ウィリアムズ移籍を自らの口で除外した。

今シーズン末でルノーのF1シートを失うニコ・ヒュルケンベルグは、2020年にF1シートを獲得できなければ、それがF1引退に繋がることを示唆している。

ニコ・ヒュルケンベルグは、アルファロメオ・レーシングと交渉をしていることは認めているが、2010年にF1キャリアをスタートさせた現在のバックマーカーであるウィリアムズへの移籍は否定している。

ウィリアムズ、ロバート・クビサに要求「批判的な会話はチーム内で」

2019年10月31日
ウィリアムズ、ロバート・クビサに要求「批判的な会話はチーム内で」
ウィリアムズの副チーム代表を務めるクレア・ウィライムズは、ロバート・クビサに対して、苦戦を強いられているチームへの批判を“内部的”に議論してくれることが好ましいと要求した。

ロバート・クビサ自身はそれを否定しているが、今シーズン限りで去ることが決定ているウィリアムズとの関係が悪化しているのは明らかだ。

「状況は簡単ではないが、僕はまだチームと良い関係を保っている」とロバート・クビサは語っている。

ウィリアムズF1、日本のゲーム会社『ポノス』とスポンサー契約

2019年10月31日
ウィリアムズF1、日本のゲーム会社『ポノス』とスポンサー契約
ウィリアムズF1チームは、日本のゲーム開発会社『ポノス(PONOS)』とスポンサー契約を結んだことを発表した。

京都を拠点にするポノスは、スマートデバイス向けゲーム開発しており、日本だけに留まらず海外市場に向けても配信している。代表作には『にゃんこ大戦争』などがある。

ウィリアムズ | 2019年 F1メキシコGP 決勝レポート

2019年10月29日
ウィリアムズ
ウィリアムズは、2019年 F1メキシコGPの決勝で、ジョージ・ラッセルが16位、ロバート・クビサが18位でレースを終えた。

デイブ・ロブソン(シニアレースエンジニア)
「ジョージが良いスタートを切って、ターン1、2、3でいくつかポジションを上げた。残念ながら、オープニングラップの後半にそれらを失ってしまい、それが彼のレースの多くを決定づけた。オープニングラップで前をキープできていれば、彼の基本的なペースでいくと最後まで前を維持できる良いチャンスがあったはずだ」

ロバート・クビサ 「ウィリアムズとの間に軋轢はない」

2019年10月26日
ロバート・クビサ 「ウィリアムズとの間に軋轢はない」
ロバート・クビサは、F1日本GP後にチームを批判したが、ウィリアムズとの間の軋轢は否定した。

F1日本GPで、ロバート・クビアは金曜日に新型フロントウイングを試して好感触を得ていたが、ウィリアムズは予選と決勝にむけて旧型に戻すことをクビサに説明せずに決断したことで怒りを露わにしていた。

ジョージ・ラッセル 「ウィリアムズでのF1初年度に後悔はない」

2019年10月21日
ジョージ・ラッセル 「ウィリアムズでのF1初年度に後悔はない」
ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズでのF1初シーズンに後悔はしていないと語る。

F2チャンピオンとして今年ウィリアムズからF1デビューを果たしたジョージ・ラッセルだが、今シーズンまで唯一ポイントを獲得できていないドライバーとなっている。チームメイトのロバート・クビサは、ウィリアムズで唯一となる1ポイントを獲得している。
«Prev || ... 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム