ウィリアムズ | 2019年 F1スペインGP 予選レポート

2019年5月12日
F1 ウィリアムズF1
ウィリアムズは、F1スペインGPの予選で、ジョージ・ラッセルが19番手、ロバート・クビサが20番手だった。

ジョージ・ラッセル (19番手)
「FP3での状況を考えれば良いセッションだった。プラクティスの僕のミスの後、クルマを準備するためにメカニックが頑張ってくれたおかげだ。でも、予選での自分の最後の頑張りには本当に満足しているし、クルマから最大限を引き出せたと感じている」

ジョージ・ラッセル、ギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ

2019年5月11日
F1 ジョージj・ラッセル ウィリアムズF1
ウィリアムズのジョージ・ラッセルは、予選前にギアボックスを交換したことにより、決勝で5グリッド降格ペナルティを受けることになった。

ジョージ・ラッセルは、F1スペインGPのフリー走行3回目の終了間際にターン4でウォールにクラッシュ。セッションは赤旗中断となり、そのまま終了となった。

ジョージ・ラッセル 「F1スペインGPでウィリアムズの今季が決まる」

2019年5月7日
F1 ジョージ・ラッセル ウィリアムズF1
ジョージ・ラッセルは、今週末のF1スペインGPでのウィリアムズのパフォーマンスレベルが、2019年のF1世界選手権の残りのシーズンでチームに“希望”があるかどうかを決めると考えている。

今年、ウィリアムズは冬季テストまでに新車を完成させることができず、2019年F1マシン『FW42』は昨年マシンよりもさらにパフォーマンスが低下。ジョージ・ラッセルとロバート・クビサは常にグリッドの最下位を走っており、まだ一度のトップ10圏内でレースラップを走行したことがない。

F1アゼルバイジャンGP主催者、ウィリアムズの損害を全額補償

2019年5月5日
F1 ウィリアムズF1 アゼルバイジャンGP
バクー市街地サーキットは、F1アゼルバイジャンGPのフリー2回目にマンホールの蓋によってジョージ・ラッセルのマシンが損傷したことでウィリアムズが被った負担を全額補償することを確認した。

ジョージ・ラッセルは、浮き上がったマンホールの蓋がマシンの底部に接触したことでシャシーが粉砕。ウィリアムズはレースに向けて3台目のシャシーを準備することを強いられた。

ニキータ・マゼピン、父親のウィリアムズ買収報道に口を閉ざす

2019年5月3日
F1 ウィリアムズF1 ニキータ・マゼピン
ニキータ・マゼピンは、父親であるドミトリー・マゼピンがウィリアムズ買収を検討しているとの報道に口を閉ざしている。

今月、ロシアの大富豪ドミトリー・マゼピンが、ウィリアムズとチーム買収について交渉しているとの噂が浮上。しかし、マゼピンが会長を務めるロシアの肥料会社ウラリカリ、ウィリアムズの双方がその噂を否定している。

フランク・ウィリアムズ、アイルトン・セナの死についていまだ沈黙

2019年5月3日
F1 アイルトン・セナ
アイルトン・セナの悲劇的な事故死から25年が過ぎたが、フランク・ウィリアムズは1994年5月1日の出来事についていまだ話そうとしないとを娘のクレア・ウィリアムズが語った。

25年前、アイルトン・セナはウィリアムズ FW16での事故で命を落とした。チームオーナーにとってドライバーを失うことは耐え難い経験であり、イタリアでの長年にわたる裁判はその傷口はさらに広げた。

ウィリアムズ 「チームは売りに出てはいない」

2019年4月30日
F1 ウィリアムズF1
ウィリアムズの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは、チームは売りに出てはいないと強調する。

先週、ロシアの大富豪ドミトリー・マゼピンが、ウィリアムズとチーム買収について交渉しているとの噂が浮上。しかし、マゼッピンが会長を務めるロシアの肥料会社ウラリカリは、ドミトリー・マゼピンがウィリアムズを買収するために“交渉”しているとの噂を否定している。

ウィリアムズ | 2019年 F1アゼルバイジャンGP 決勝レポート

2019年4月30日
F1 ウィリアムズF1 アゼルバイジャンGP
ウィリアムズは、F1アゼルバイジャンGPの決勝レースで、ジョージ・ラッセルが15位、ロバート・クビサが16位でレースを終えた。

デイブ・ロブソン(シニアレースエンジニア)
「難しい週末に再び2台が完走を果たせたことは良かったと思う。予選後、レースまでにロバートのマシンを準備してくれたメカニックたちが素晴らしい仕事をしてくれた」

ロバート・クビサ、ピットレーンスタートを選択 / F1アゼルバイジャンGP

2019年4月28日
F1 ロバート・クビサ ウィリアムズ
ウィリアムズは、F1アゼルバイジャンGPの予選Q1でクラッシュを喫したロバート・クビサが、決勝レースをピットレーンからスタートすることを確認した。

予選Q1でターン8のウオールにクラッシュを喫してマシンにダメージを負ったことで、調査の結果、ロバート・クビサのマシンはフロントブレーキとステアリングコラムの交換が必要になった。
«Prev || ... 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム