ウィリアムズ:2019年 F1日本GP 決勝レポート

2019年10月15日
ウィリアムズ:2019年 F1日本GP 決勝レポート
ウィリアムズは、2019年F1日本GPの決勝レースをジョージ・ラッセルが18位、ロバート・クビサが19位で終えた。

デイブ・ロブソン(シニアレースエンジニア)
「予選は、ドライであるが、非常に風の強いコンディションで行われたため、誰にとっても難しかった。残念ながら、ロバートはQ1の最初の赤旗を出して、結果としてそれに苦しんだドライバーの1人となった」

ジャック・ヴィルヌーヴ 「ウィリアムズの現状は当然の結果」

2019年10月13日
ジャック・ヴィルヌーヴ 「ウィリアムズの現状は当然の結果」
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、悲しくはあるが、ウィリアムズの現状を驚いてはいないと語る。

ジャック・ヴィルヌーヴは、フランク・ウィリアムズが創設したチームで最後にチャンピオンシップを獲得したドライバーだ。だが、現在、娘のクレア・ウィリアムズが運営するチームは、グリッドで最も遅いチームに落ちてしまった。

ジョージ・ラッセル 「日本GPはずっと楽しみにしてきたレース」

2019年10月8日
ジョージ・ラッセル 「日本GPはずっと楽しみにしてきたレース」 / ウィリアムズ F1日本GP プレビュー
ウィリアムズのジョージ・ラッセルが、F1日本GPへの意気込みと鈴鹿サーキットについて語った。

「日本はずっと楽しみにしていたレースだし、運転するのが待ち切れない素晴らしいサーキットだ。ファンは本当に情熱的だし、リザーブドライバーとして一度しか行ったことがないけど、本当に素晴らしい気分だった」とジョージ・ラッセルはコメント。

ロバート・クビサ 「鈴鹿は古き良きレースのDNAが残るサーキット」

2019年10月8日
ロバート・クビサ 「鈴鹿は古き良きレースのDNSが残るサーキット」 / ウィリアムズ F1日本GP プレビュー
ウィリアムズのロバート・クビサが、F1日本GPの舞台となる鈴鹿サーキットについて語った。

「日本GPはF1カレンダーで最もエキサイティングなレースのひとつだ。本当にチャレンジングなセクションが組み合わされているし、セクター1の高速のS字はクルマのポテンシャルを最大化する。ミドルパードはいくつかヘアピンがあって少し遅いけど、その後はトラックの最終コーナーであるシケインに繋がる非常に速いパートだ」とロバート・クビサはコメント。

ロバート・クビサ、F1イタリアGPでようやくカスタムステアリングを入手

2019年10月7日
ロバート・クビサ、F1イタリアGPでようやくカスタムステアリングを入手
ウィリアムズのロバート・クビサは、夏休みまで自分専用にカスタマイズされたステアリングを待たなければならなかった。

2010年のラリーでの事故で右腕に重傷を負ったロバート・クビサは、奇跡的とも言える回復をみせて今年F1復帰を果たした。だが、右手には後遺症が残っており、すべてを左手で操作できるように左側にボタンを並べてステアリングをチームに求めていた。

ロバート・クビサのスポンサー、F1ロシアGPのリタイアにいて説明を要求

2019年10月4日
ロバート・クビサのスポンサー、F1ロシアGPのリタイアにいて説明を要求
ロバート・クビサのスポンサーが、F1ロシアGPでのクビサのリタイアについてウィリアムズに説明を求めている。

F1ロシアGPのレース終盤、チームメイトのジョージ・ラッセルがバーチャルセーフティカー中にクラッシュしてリタイア。その1周後にロバート・クビサはピットに戻されてレースをリタイアしている。

ウィリアムズ、F1日本GPで実験的なフロントウイングをテスト

2019年10月4日
ウィリアムズ、F1日本GPで実験的なフロントウイングをテスト
ウィリアムズは、F1日本GPのフリー走行で2020年にむけた実験的なフロントウイングをテストするとしている。

プレシーズンテストに新車が間に合わないという厳しい状況で今季をスタートしたウィリアムズはテールエンダーの常連となっている。獲得ポイントは雨で波乱となったドイツGPでロバート・クビサが獲得した1ポイントだけとなっている。

ウィリアムズ、今季初のダブルリタイア / F1ロシアGP

2019年10月1日
ウィリアムズ、今季初のダブルリタイア / F1ロシアGP
ウィリアムズは、F1ロシアGPの決勝レースで、ロバート・クビサ、ジョージ・ラッセルともにリタイアでレースを終えた。ダブルリタイアは今季初となる。

デイブ・ロブソン(シニアレースエンジニア)
「今日はチーム全体にとってタフで非常にフラストレーションが溜まる一日だった。序盤のセーフティカーのチャンスを利用してロバートを2回にわたってピットに入れ、オプションタイヤもにでレースを完走することを目指した」

ロバート・クビサ、“パーツ節約”が理由のリタイアに不満

2019年9月30日
ロバート・クビサ、“パーツ節約”が理由のリタイアに不満
ロバート・クビサは、F1ロシアGPでパーツを節約するためにリタイアを強いられたことに不満を露わにし、“機能するツール”が必要だと語った。ロバート・クビサにとっては今シーズン初リタイア。ウィリアムズとしても今季初のダブルリタイアだった。

ジョージ・ラッセルがクラッシュした後、ウィリアムズはロバート・クビサをピットにリタイアさせた。レース後にチームはマシンには何も問題がなかったことし「今後のレースにむけてパーツを節約するというチームの決定」だったと説明した。
«Prev || ... 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム