ウィリアムズF1、ロイ・ニッサニーを2020年のテストドライバーに起用

2020年1月15日
ウィリアムズF1、ロイ・ニッサニーを2020年のテストドライバーに起用
ウィリアムズF1チームは、イスラエル出身のロイ・ニッサニーが2020年の公式テストドライバーに就任することを発表した。

ロイ・ニッサニーは、2020年のF1世界選手権で3回のFP1セッションに出走し、ルーキーテストでも1回マシンを走らせる。ファクトリーでは多数のシミュレーターセッションを実施し、シーズンを通してすべての部門との統合に時間を費やす。

F1 | ロブ・スメドレー 「ウィリアムズはさらに悪化する可能性がある」

2020年1月15日
F1
ウィリアムズF1チームで車両パフォーマンス責任者を務めていたロブ・スメドレーは、これ以上状況が悪化することはないとのチームの見解に不快感を覚えている。

コンストラクターズ選手権を9回制した名門チームのウィリアムズだが、近年は低迷が続いている。2015年はコンストラクターズ選手権3位だったが、2018年には最下位に転落。2019年は1ポイントしか獲得できず、再び最下位でシーズンを終えた。

F1 | ユニリーバ、ウィリアムズからマクラーレンにF1協賛を鞍替え

2020年1月11日
F1
ウィリアムズの大口スポンサーを務めていたユニリーバが、2020年からマクラーレンと複数年のスポンサー契約を結んだことが発表された。

様々な家庭用品を製造・販売する世界的な複合企業であるユニリーバは、2015年からウィリアムズのスポンサーを務め、デオドラントブランドのRexona(レクソナ)を宣伝してきた。その額は年間1500万ユーロ(約18億円)だとされ、タイトルスポンサーのROKiTに次ぐ2番目の大口スポンサーだった。

F1 | ニコラス・ラティフィ、ウィリアムズ FW43でシート合わせを完了

2020年1月11日
F1
ニコラス・ラティフィが、ウィリアムズの2020年F1マシン『FW43』でシート合わせを完了させた。

2019年のF2選手権をランキング2位で終えたニコラス・ラティフィは、3月の開幕戦オーストラリアGPでウィリアムズのF1ドライバーとしてデビューを果たす。2020年のF1世界選手権では唯一のルーキーとなる。

F1 | ジョージ・ラッセル 「メルセデスは僕を信じてくれている」

2020年1月9日
F1
ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1はまだ自分に将来のF1スターになるポテンシャルがあると信じてくれていると語る。

メルセデスのジュニアドライバーであるジョージ・ラッセルは、昨年ウィリアムズでF1デビュー。2019年に唯一ポイントを獲得できないドライバーとなったが、メルセデスとの自分の地位に害を与えたとは考えていない。

苦境のウィリアムズF1、スポンサー資金はラティフィ頼み?

2020年1月8日
苦境のウィリアムズF1、スポンサー資金はラティフィ頼み?
ウィリアムズF1チームは、2020年のF1世界選手権に先立ち、カナダの食品会社『ソフィーナ・フーズ』とのパートナーシップを延長・強化することを発表した。

2019年にウィリアムズF1チームのスポンサーとなったソフィーナ・フーズは、今年からチームのドライバーを務めるニコラス・ラティフィの父であるマイケル・ラティフィが会長を務める企業だ。

ジェイミー・チャドウィック、ウィリアムズF1の開発ドライバーを継続

2020年1月8日
ジェイミー・チャドウィック、ウィリアムズF1の開発ドライバーを継続
ジェイミー・チャドウィックは、2020年もウィリアムズF1チームのドライバアカデミー内で開発ドライバーの仕事を継続することが発表された。

21歳のジェイミー・チャドウィックは、昨年Wシリーズの初代チャンピオンを獲得し、ニュルブルクリンク24時間レースではアストンマーティンから参戦してクラス優勝を果たしている。

ウィリアムズF1、Rexonaを含めたスポンサーが続々と離脱

2020年1月7日
ウィリアムズF1、Rexonaを含めたスポンサーが続々と離脱
ウィリアムズは、2020年のF1世界選手権にむけて続々とスポンサーを失っている。

2019年に深刻なパフォーマンス危機が露呈されたウィリアムズ。ロバート・クビサを後援するポーランドの石油会社PKNオーレンは、クビサとともにアルファロメオ・レーシングに移動。また、Symantec、Omnitude、Tataもスポンサーを降りたと Sportowe Fakty は報じている。

ウィリアムズF1チーム、Williams Advanced Engineeringの株式を売却

2019年12月25日
ウィリアムズF1チーム、Williams Advanced Engineeringの株式を売却
ウィリアムズF1チームは、関連会社のWilliams Advanced Engineering(ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリング/WAE)の過半数株式を売却することに同意した。

2011年に設立されたWAEは、F1チームを所有するウィリアムズ・グループのエンジニアリングサービス事業。40の異なる技術プロジェクトで働く300人以上の従業員を雇用している。
«Prev || ... 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム