ジェイミー・チャドウィック 「女性がF1で戦えることを証明したい」

2020年1月20日
ジェイミー・チャドウィック 「女性がF1で戦えることを証明したい」
Wシリーズの初代チャンピオンであるジェイミー・チャドウィックは、1970年代以来の女性F1ドライバーになるという明確な目標を持っており、女性ドライバーがF1で競争できることを証明したいと決意している。

ジェイミー・チャドウィックは、2019年からスタートした女性だけのレースシリーズ『Wシリーズ』でチャンピオンを獲得。ウィリアムズF1チームでダニエル・ティクトゥムなどと開発ドライバーを務めている。

ウィリアムズF1 「2020年のレース予算に懸念はない」

2020年1月19日
ウィリアムズF1 「2020年のレース予算に懸念はない」
ウィリアムズF1チームの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは、2020年のF1世界選手権にむけたチームの予算に“懸念”はないと主張する。

ウィリアムズF1チームは、過去2シーズンで多くのスポンサーを失った。過去18か月間でマルティーニ、PKNオーレン、ユニリーバといった大口スポンサーがチームを離れ、スポンサー就任に依存しているチームにとっては大きな穴をあけた。

ウィリアムズF1 「ダニエル・ティクトゥムは失ってはいけない才能」

2020年1月19日
ウィリアムズF1 「ダニエル・ティクトゥムは失ってはいけない才能」
ウィリアムズF1チームは、2020年からドライバーアカデミーに加入し、開発ドライバーを務めるダニエル・ティクトゥムの“素晴らしいな才能”から利益を得ることができると期待している。。

ダニエル・ティクトゥムは、2016年にMSAフォーミュラでセーフティカー中に意図的にライバルに衝突したことで悪名を高め、2年間の禁止令を受けたが、2018年にフルタイムの競争に戻り、レッドブルのジュニアプログラムの支援を受け、F3をランキング2位で終え、レッドブルのF1カーをテストしていた。

ウィリアムズF1 「ロイ・ニッサニーの起用はお金が目的ではない」

2020年1月17日
ウィリアムズF1 「ロイ・ニッサニーの起用はお金が目的ではない」
ウィリアムズF1チームは、ロイ・ニッサニーを2020年の公式テストドライバーに任命したのは、お金ではなく、あくまでニッサニーの姿勢と強い労働倫理が重要な要因だと主張する。

ウィリアムズF1チームは1月15日(水)にイスラエルのテルアビブでイベントを開催し、F2ドライバーのロイ・ニッサニーがテストドライバーに就任し、今年3回のFP1セッションで走ることを発表した。

F1 | クレア・ウィリアムズはウィリアムズF1の運営から退くべき?

2020年1月17日
F1
元F1ドライバーのマーティン・ブランドルは、クレア・ウィライムズは低迷するウィリアムズF1チームの運営から退く時が来たと考えている。

ウィリアムズは水曜日にイスラエルのテルアラビにいた。ほぼ無名だが、イスラエルから重要な支援を受けるロイ・ニッサニーが、2020年のチームの公式ドライバーに就任し、金曜日のフリー走行に出走することが発表された。

ウィリアムズ、2020年F1マシン『FW43』がクラッシュテストに一発合格

2020年1月16日
ウィリアムズ、2020年F1マシン『FW43』がクラッシュテストに一発合格
ウィリアムズF1チームは、2020年F1マシン『FW43』がFIAのクラッシュテストに一発合格を果たしたことを明らかにした。

昨年、ウィリアムズF1チームはグリッド最後列が定位置であり、ロバート・クビサが1ポイント、ジョージ・ラッセルはノーポイントでシーズンを終えた。だが、副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは、チームは一歩一歩進んでいると語る。

ウィリアムズF1、ロイ・ニッサニーを2020年のテストドライバーに起用

2020年1月15日
ウィリアムズF1、ロイ・ニッサニーを2020年のテストドライバーに起用
ウィリアムズF1チームは、イスラエル出身のロイ・ニッサニーが2020年の公式テストドライバーに就任することを発表した。

ロイ・ニッサニーは、2020年のF1世界選手権で3回のFP1セッションに出走し、ルーキーテストでも1回マシンを走らせる。ファクトリーでは多数のシミュレーターセッションを実施し、シーズンを通してすべての部門との統合に時間を費やす。

F1 | ロブ・スメドレー 「ウィリアムズはさらに悪化する可能性がある」

2020年1月15日
F1
ウィリアムズF1チームで車両パフォーマンス責任者を務めていたロブ・スメドレーは、これ以上状況が悪化することはないとのチームの見解に不快感を覚えている。

コンストラクターズ選手権を9回制した名門チームのウィリアムズだが、近年は低迷が続いている。2015年はコンストラクターズ選手権3位だったが、2018年には最下位に転落。2019年は1ポイントしか獲得できず、再び最下位でシーズンを終えた。

F1 | ユニリーバ、ウィリアムズからマクラーレンにF1協賛を鞍替え

2020年1月11日
F1
ウィリアムズの大口スポンサーを務めていたユニリーバが、2020年からマクラーレンと複数年のスポンサー契約を結んだことが発表された。

様々な家庭用品を製造・販売する世界的な複合企業であるユニリーバは、2015年からウィリアムズのスポンサーを務め、デオドラントブランドのRexona(レクソナ)を宣伝してきた。その額は年間1500万ユーロ(約18億円)だとされ、タイトルスポンサーのROKiTに次ぐ2番目の大口スポンサーだった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム