ウィリアムズ:フェリペ・マッサが10位入賞 / F1イギリスGP

2017年7月17日
ウィリアムズ F1 イギリスグランプリ
ウィリアムズは、F1イギリスGPの決勝で、フェリペ・マッサが10位、ランス・ストロールが16位でレースを終えた。

フェリペ・マッサ (10位)
「14番手スタートからとても良いスタートとオープニングラップを走って10位でフィニッシュできたのでレースにはもちろん満足している。レースの最も難しかった部分は間違いなく終盤のフォース・インディア勢のオーバーテイクだった」

ウィリアムズ:F1イギリスGP 予選レポート

2017年7月16日
ウィリアムズ F1 イギリスグランプリ
ウィリアムズは、F1イギリスGPの予選でフェリペ・マッサが15番手、ランス・ストロールが16番手だった。

フェリペ・マッサ (15番手)
「今日の予選にはとてもがっかりしている。全てのセッションでトップ10を争っていて、予選を初めて15位だったら、それは落ち込むよ。Q3に到達するために十分だったかはわからないけど、最後のタイヤセットで多くのトラフィックに見舞われてしまった」

ウィリアムズ:F1イギリスGP 金曜フリー走行レポート

2017年7月15日
ウィリアムズ F1 イギリスグランプリ
ウィリアムズは、F1イギリスGPの金曜フリー走行でフェリペ・マッサが8番手タイム、ランス・ストロールが15番手タイムだった。

フェリペ・マッサ (8番手)
「オーストリアで見舞われたような問題もなく、ノーマルな金曜日だった。全てが通常通りに機能していたし、クルマnバランスには満足している。タイヤも1周目で機能させることができたし、クルマの全ての感触がノーマルだった。クルマには本来の競争力を感じているし、全体的にいい金曜日だった」

ウィリアムズ:後方スタートからダブル入賞 / F1オーストリアGP

2017年7月10日
ウィリアムズ F1 オーストリアGP
ウィリアムズは、F1オーストリアGPの決勝で、フェリペ・マッサが9位、ランス・ストロールが10位でフィニッシュ。17番手と18番手スタートから挽回してダブル入賞を成し遂げた。

フェリペ・マッサ (9位)
「9位を祝うことはできないけど、17番手からスタートした僕にとっては素晴らしいレースだった。本当に好スタートを切ることができたし、1コーナーで起こった問題を切り抜けて何台もオーバーテイクすることができた」

ウィリアムズ:F1オーストリアGP 予選レポート

2017年7月9日
ウィリアムズ F1 オーストリアGP
ウィリアムズは、F1オーストリアGPの予選で両ドライバーがQ1敗退。フェリペ・マッサが17番手、ランス・ストロールが18番手だった。

フェリペ・マッサ (17番手)
「僕たちはタイヤを機能させて、クルマからベストラップを引き出すことに黒んしていたし、僕にとってもチームにとっても期待外れな予選だった。ターン6でオーバーステアが酷くてコンマ数秒が犠牲になった」

ウィリアムズ:F1オーストリアGP 金曜フリー走行レポート

2017年7月8日
ウィリアムズ F1 オーストリアGP
ウィリアムズは、F1オーストリアGPの金曜フリー走行で、フェリペ・マッサが14番手タイム、ランス・ストロールが16番手タイムだった。

フェリペ・マッサ (14番手)
「僕たちにとって簡単な金曜日ではなかったのは確かだ。僕たちはクルマの高速と低速とのバランスの違いに苦しんでいた。とにかくバランスに満足できなかったし、明日にむけて改善させるためにやらなければならない仕事がある。ラップタイムが良くなって、予選でもっと競争的になれることを本当に願っている」

ウィリアムズ、F1オーストリアGPに大幅アップグレードを投入

2017年7月7日
ウィリアムズ F1 オーストリアGP
ウィリアムズは、F1オーストリアGPに大幅なアップグレードを投入している。

ウィリアムズは、2週間前のアゼルバイジャンGPでランス・ストロールがチームにとって今シーズン初となる表彰台を獲得したが、コンストラクターズ選手権で4位のフォース・インディアにまだ42ポイント差をつけられている。

ウィリアムズ、ドキュメンタリー映画を今夏公開

2017年7月1日
ウィリアムズ F1
ウィリアムズは、チームのドキュメンタリー映画を今夏に公開することを発表した。

英国アカデミー賞テレビ部門を受賞したモーガン・マシューズが監督を務めるこの作品は、1977年にフランク・ウィリアムズとパトリック・ヘッドが新チームを設立してF1に参戦から現在までを描いたドキュメンタリー映画。

ウィリアムズ、デイブ・レディングのチームマネージャー就任を発表

2017年6月30日
ウィリアムズ F1
ウィリアムズは、元マクラーレンのデイブ・レディングが7月17日付でチームマネージャーとして加入することを発表した。

ジャガー、スチュワート、ベネトンで仕事をしてきたデイブ・レディングは、2001年にシステムエンジニアとしてマクラーレンに加入。いくつかの職務を経て、2009年にチームマネージャーに就任。今年、マクラーレンを離脱していた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム