アレクサンダー・アルボン 「ミッドフィールドはイライラするほど拮抗」

2022年4月17日
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボン 「ミッドフィールドはイライラするほど拮抗」
アレクサンダー・アルボンは、2022年のミッドフィールドの戦いが「イライラするほど拮抗」していることで、ウィリアムズF1チームが一貫してそのバトルに加わることを困難にしていると認める。

F1オーストラリアGPで、アレクサンダー・アルボンは58周のレースの57周を同じハードタイヤで走行するという大胆な戦略を成功させて10位でフィニッシュ。ウィリアムズF1チームに今シーズン初ポイントをもたらした。

ウィリアムズF1、アストンマーティンを模倣してFW44の塗装を剥がす

2022年4月16日
ウィリアムズF1、アストンマーティンを模倣してFW44の塗装を剥がす
ウィリアムズF1は、軽量化の方法としてアストンマーティンからインスピレーションを受け、F1オーストラリアGPでFW44の塗装を剥がした。

F1は新しいレギュレーション時代で3レースを終えたばかりだが、この段階で多くのチームのF1マシンが太りすぎている。アストンマーティンは最低重量より30kg重いと報じられているが、車の塗装の一部を剥がすことで約350グラムを削減した。

ウィリアムズF1、アルボンが大胆な戦略で今季初ポイント獲得

2022年4月11日
ウィリアムズF1、アルボンが大胆な戦略で今季初ポイント獲得 / F1オーストラリアGP決勝
ウィリアムズF1は、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの決勝で、アレクサンダー・アルボンが10位入賞を果たしてチームに今シーズン初ポイントをもたらした。ニコラス・ラティフィは16位でレースを終えた。

1リットルの燃料サンプルを提出できなかったことで予選結果から失格となったアレクサンダー・アルボンは、最後尾からハードタイヤでスタート。そして、残り1周までタイヤを交換しない大胆な戦略を行使して10位入賞を果たした。

アレクサンダー・アルボン 「すべてのセッションをC2タイヤでやるべき!」

2022年4月11日
アレクサンダー・アルボン 「すべてのセッションをC2タイヤでやるべき!」 / ウィリアムズ F1オーストラリアGP決勝
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボンは、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリでほぼレースディスタンスをハードタイヤ(C2)で走り切り、ピレリのC2コンパンヅを称賛した。

C2はオーストラリアグランプリで最も硬いコンパウンドであり、予選失格となって最後尾スタートとなったアレクサンダー・アルボンはそのタイヤを使用することを選択。その戦略が奏功した。

アレクサンダー・アルボン、ほぼタイヤ無交換作戦で最後尾から10位入賞

2022年4月10日
アレクサンダー・アルボン、ほぼタイヤ無交換作戦で最後尾から10位入賞 / ウィリアムズ F1オーストラリアGP決勝
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボンは、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの決勝レースで10位入賞を果たした。

予選で1リットルの燃料サンプルを提出できなかったことで失格となったアレクサンダー・アルボンは最後尾からスタート。そこからハードタイヤで58周のうち57周を走って7番手まで浮上。

アレクサンダー・アルボン、燃料サンプル不足で予選失格

2022年4月9日
アレクサンダー・アルボン、燃料サンプル不足で予選失格 / F1オーストラリアGP
アレクサンダー・アルボン(ウィリアムズF1)は、チームがFW44から十分な燃料サンプルをFIA(国際自動車連盟)に提出できなかったことからF1オーストラリアGPの予選結果から失格となった。

アレクサンダー・アルボンは、F1オーストラリアGPの予選で16番手を獲得していた。しかし、予選Q1後にコース上でストップ。マシンをピットに押し戻し、その間はQ2のスタートが遅れた。

ラティフィ、接触のストロールに激怒『何をしていたのか分からない』

2022年4月9日
ラティフィ、接触のストロールに激怒『何をしていたのか分からない』 / F1オーストラリアGP予選
ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)は、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの予選Q1で接触事故を起こしたランス・ストロール(アストンマーティン)に怒りを露わにした。

ニコラス・ラティフィは、最初にランス・ストロールを先に行かせたが、セクター1でストロールは減速して、右側にスペースを開けていた。そのスペースにラティフィが入ると、ストロールは右にステアリングを切って両者はクラッシュ。ラティフィのマシンは大きなダメージを負った。

ジェンソン・バトン 「ウィリアムズF1にとって2022年は構築の年」

2022年4月3日
ジェンソン・バトン 「ウィリアムズF1にとって2022年は構築の年」
ウィリアムズF1のシニアアドバイザーを務める元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、2022年シーズンをウィリアムズF1にとっての“構築の年”だと表現した。

ジェンソン・バトンが2000年にF1キャリアを始めたウィリアムズF1に2021年シーズンに先立ってシニアアドバイザーをして戻り、複数年の契約に合意した。

アレクサンダー・アルボン 「FW44は正しいウィンドウに入れば良い車」

2022年4月3日
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボン 「FW44は正しいウィンドウに入れば良い車」
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボンは、2022年F1マシンであるFW44が、セットアップのスイートスポットにあっている場合には予選とレースで競争力を発揮できるマシンだと信じている。

ウィリアムズF1は、オープニング2レースでグリッドで最も遅いマシンの一台であり、特に予選ではアストンマーティンF1チームと最下位争いを演じた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム