ウィリアムズ、今季初のダブルリタイア / F1ロシアGP

2019年10月1日
ウィリアムズ、今季初のダブルリタイア / F1ロシアGP
ウィリアムズは、F1ロシアGPの決勝レースで、ロバート・クビサ、ジョージ・ラッセルともにリタイアでレースを終えた。ダブルリタイアは今季初となる。

デイブ・ロブソン(シニアレースエンジニア)
「今日はチーム全体にとってタフで非常にフラストレーションが溜まる一日だった。序盤のセーフティカーのチャンスを利用してロバートを2回にわたってピットに入れ、オプションタイヤもにでレースを完走することを目指した」

ロバート・クビサ、“パーツ節約”が理由のリタイアに不満

2019年9月30日
ロバート・クビサ、“パーツ節約”が理由のリタイアに不満
ロバート・クビサは、F1ロシアGPでパーツを節約するためにリタイアを強いられたことに不満を露わにし、“機能するツール”が必要だと語った。ロバート・クビサにとっては今シーズン初リタイア。ウィリアムズとしても今季初のダブルリタイアだった。

ジョージ・ラッセルがクラッシュした後、ウィリアムズはロバート・クビサをピットにリタイアさせた。レース後にチームはマシンには何も問題がなかったことし「今後のレースにむけてパーツを節約するというチームの決定」だったと説明した。

ジョージ・ラッセル 「ニコ・ヒュルケンベルグが加入するなら大歓迎」

2019年9月27日
ジョージ・ラッセル 「ニコ・ヒュルケンベルグが加入するなら大歓迎」
ウィリアムズのジョージ・ラッセルは、2020年のチームメイトとして“可能な限り速いドライバー”を望んでおり、ニコ・ヒュルケンベルグが加入するならば大歓迎だと語る。

今シーズン限りでルノーのF1シートを喪失することが決定しているニコ・ハルケンベルグは、ほとんど選択肢がなくなっており、F1に残る場合はウィリアムズが潜在的な選択肢とみなされている。

ウィリアムズ、連続完走記録が途絶える / F1シンガポールGP

2019年9月24日
ウィリアムズ、連続完走記録が途絶える / F1シンガポールGP
ウィリアムズは、F1シンガポールGPの決勝レースで、ロバート・クビサが16位、ジョージ・ラッセルがリタイアでレースを終えた。

デイブ・ロブソン(シニアレースエンジニア)
「3回のセーフティカー導入で2時間レースの制限に近づく長く難しいレースだった。ジョージは残念なことにスタート直後に接触されてフロントウイングにダメージを負った」

ロバート・クビサ 「ウィリアムズ離脱は純粋に僕の決断」

2019年9月20日
F1 ロバート・クビサ 「ウィリアムズ離脱は純粋に僕の決断」
ロバート・クビサは、2019年のF1シーズン限りでウィリアムズを去ることはスポンサーやチーム側からのものではなく“純粋に自分の決定”だと主張する。

ロバート・クビサ(34歳)は、F1シンガポールGPの木曜記者会見の場で今シーズン限りでウィリアムズを離脱することを発表。2011年のラリー事故から8年ぶりにF1復帰を果たしたクビサだが、2020年にフルタイムのF1シートを獲得できる可能性は低く、注目を集めたカムバックは1シーズンで終了することになりそうだ。

ロバート・クビサ、2019年限りでのウィリアムズ離脱を発表

2019年9月20日
F1 ロバート・クビサ、2019年限りでのウィリアムズ離脱を発表
ロバート・クビサは、2019年シーズン終了をもってウィリアムズを離脱することを発表した。

ラリーでの怪我によってF1パドックから姿を消していたロバート・クビサだが、今年、ジョージ・ラッセルのチームメイトとしてウィリアムズから8年にぶりにF1にカムバックを果たした。

アウディ、ロバート・クビサとDTM参戦について交渉

2019年9月16日
F1 アウディ、ロバート・クビサとDTM参戦について交渉
アウディのモータースポーツ責任者を務めるディーター・ガスは、ウィリアムズのF1ドライバーであるロバート・クビカとDTM参戦について話し合っていることを明らかにした。

ウィリアムズは、2020年シーズンに誰をジョージ・ラッセルとパートナーとして起用すべきかを検討しており、ロバート・クビサは、F1でシートを獲得できない可能性があり、F1外に目を向けていることを認めている。

ウィリアムズ、メルセデスとのF1エンジン契約を2025年まで延長

2019年9月13日
ウィリアムズ、メルセデスとのF1エンジン契約を2025年まで延長
ウィリアムズは、メルセデスとのF1エンジン契約を2025年まで延長したことを発表した。

英国のプライベーターチームであるウィリアムズは、2014年からメルセデスのパワーユニットを搭載している。現在のメルセデスのF1チーム代表であるトト・ヴォルフは、かつてウィリアムズの株主であり、ウィリアムズとは密接なつながりがある。

ウィリアムズ | F1イタリアGP 決勝レポート

2019年9月10日
ウィリアムズ
ウィリアムズは、F1イタリアGPの決勝レースで、ジョージ・ラッセルが14位、ロバート・クビサが17位でレースを終えた。

デイブ・ロブソン(シニアレースエンジニア)
「今回もアクション満載のレースとなり、我々のドライバーたちは数台のマシンと戦った。ロバートは良いオープニングラップを楽しみ、13番手まで順位を上げたが、その後はレースが進むにつれて後退してしまった」
«Prev || ... 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム