アレクサンダー・アルボン 「アロンソは罰せられる必要がある」

2022年6月12日
アレクサンダー・アルボン 「アロンソは罰せられる必要がある」 / F1アゼルバイジャンGP 予選
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボンは、F1アゼルバイジャンGPの予選Q1終盤のフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)の走行が遅すぎたと非難。「罰せられる必要がある」と語った。

予選Q1セッションの終盤にランス・ストロール(アストンマーティン)がクラッシュして残り2分30秒で赤旗。アレクサンダー・アルボンはアタックに間に合うようにラインを通過するために必死にアウトラップをプッシュしていたドライバーの1人だった。

ウィリアムズF1 「F1ブームでアメリカ企業のスポンサーが2倍以上に増加」

2022年6月10日
ウィリアムズF1 「F1ブームでアメリカ企業のスポンサーが2倍以上に増加」
ウィリアムズF1のコマーシャルディレクターであるジェームズ・バウアーは、リバティメディアがスポーツを支配権を握って以来、F1に関与するアメリカ企業の数が2倍以上に増加したと述べた。

F1は、Netflixのドキュメンタリー「Drive to Survive」の成功と、トラック上のエンターテインメントを組み合わせて、アメリカで人気を博しているスペクタクルを生み出し、現在、その歴史の中で間違いなく最も人気のある時期を享受している。

ウィリアムズF1、財政規則違反で330万円の罰金

2022年6月8日
ウィリアムズF1、財政規則違反で330万円の罰金
ウィリアムズF1チームは、F1の財政規則に違反したとしてFIA(国際自動車連盟)から2万5000ドル(約330万円)の罰金を科された。

FIAは、F1の財務規則で要求されているように2022年3月31日の期限までに2021年の財務報告を提出しなかったとしてウィリアムズF1チームに制裁措置を取った。

ウィリアムズF1首脳 「ニック・デ・フリースはF1に相応しいドライバー」

2022年6月7日
ウィリアムズF1首脳 「ニック・デ・フリースはF1に相応しいドライバー」
ウィリアムズF1チームは、フォーミュラEチャンピオンのニック・デ・フリースが意外にも早くチームに加入するためにラインナップされているという 臆測をあおり立てた。

27歳のニック・デ・フリースは、先月のスペイングランプリのフリー走行1回目にウィリアムズとF1レースの週末デビューを果たし、シミュレーターでの準備時間がほとんどなかったにもかかわらず、FW44で義務を果たした。

ジョージ・ラッセル 「アルボンはウィリアムズF1で並外れた仕事をしている」

2022年6月6日
ジョージ・ラッセル 「アルボンはウィリアムズF1で並外れた仕事をしている」
ジョージ・ラッセルは、アレクサンダー・アルボンが2022年シーズンのオープニングステージ全体でウィリアムズF1で「並外れた仕事」をしていると語る。

トロロッソとレッドブルでのスティントに続いて2021年に1年間F1を離れていたアレクサンダー・アルボンだが、、今年、ウィリアムズと共にF1に復帰した。

ニック・デ・フリース、ウィリアムズF1でラティフィと交代の噂を否定

2022年5月24日
ニック・デ・フリース、ウィリアムズF1でラティフィと交代の噂を否定
ニコラス・ラティフィとニック・デ・フリースの両方は、現在、ウィリアムズF1のレースシートをかけて戦っているという噂を否定した。

F1スペインGPのフリー走行1回目では、ニック・デ・フリースがウィリアムズF1でF1グランプリ週末でデビューを果たし、レギュラードライバーのニコラス・ラティフィと対戦した。

ニック・デ・フリース、ラティフィを凌駕「自分のパフォーマンスに満足」

2022年5月21日
ニック・デ・フリース、ラティフィを凌駕「自分のパフォーマンスに満足」 / ウィリアムズF1 スペインGP 金曜フリー走行
ニック・デ・フリースは、2022年F1第6戦スペイングランプリのフリー走行1回目にウィリアムズF1チームから出走。レギュラードライバーのニコラス・ラティフィを上回るタイムをマークした。

F1は、2022年に少なくとも2回のフリープラクティスで“ルーキー”ドライバーを乗せることを義務付けており、ウィリアムズF1チームは、バルセロナでエンジンサプライヤーのメルセデスF1のリザーブドライバーであるニック・デ・フリースを起用した。

ウィリアムズF1、ニック・デ・フリースをスペインGPのFP1に起用

2022年5月16日
ウィリアムズF1、ニック・デ・フリースをスペインGPのFP1に起用
ウィリアムズF1チームは、2022年F1第6戦スペイングランプリのフリー走行1回目にニック・デ・フリースを起用することを発表した。

今年、F1は少なくとも2回のフリープラクティスで若手ドライバーを乗せることを義務付けている。ウィリアムズF1チームは、メルセデスF1のリザーブドライバーで、現役フォーミュラEチャンピオンであるニック・デ・フリースをスペインGPのフリー走行1回目に起用することを決定した。

ジェンソン・バトン、将来にF1チーム代表を務める可能性を除外せず

2022年5月16日
ジェンソン・バトン、将来にF1チーム代表を務める可能性を除外せず
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、“大変な仕事”だとは思うが、将来的にF1のチーム代表になる可能性を除外していない。

現在、ジェンソン・バトンは、F1デビューを果たしたチームであるウィリアムズF1チームでシニアアドバイザーを務め、チームアンバサダーでありながらチームのアカデミードライバーを指導し、シーズンを通してSky Sportsの解説者の仕事をしている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム