ウィリアムズF1、日本のゲーム会社『ポノス』とスポンサー契約

2019年10月31日
ウィリアムズF1、日本のゲーム会社『ポノス』とスポンサー契約
ウィリアムズF1チームは、日本のゲーム開発会社『ポノス(PONOS)』とスポンサー契約を結んだことを発表した。

京都を拠点にするポノスは、スマートデバイス向けゲーム開発しており、日本だけに留まらず海外市場に向けても配信している。代表作には『にゃんこ大戦争』などがある。

ウィリアムズ | 2019年 F1メキシコGP 決勝レポート

2019年10月29日
ウィリアムズ
ウィリアムズは、2019年 F1メキシコGPの決勝で、ジョージ・ラッセルが16位、ロバート・クビサが18位でレースを終えた。

デイブ・ロブソン(シニアレースエンジニア)
「ジョージが良いスタートを切って、ターン1、2、3でいくつかポジションを上げた。残念ながら、オープニングラップの後半にそれらを失ってしまい、それが彼のレースの多くを決定づけた。オープニングラップで前をキープできていれば、彼の基本的なペースでいくと最後まで前を維持できる良いチャンスがあったはずだ」

ロバート・クビサ 「ウィリアムズとの間に軋轢はない」

2019年10月26日
ロバート・クビサ 「ウィリアムズとの間に軋轢はない」
ロバート・クビサは、F1日本GP後にチームを批判したが、ウィリアムズとの間の軋轢は否定した。

F1日本GPで、ロバート・クビアは金曜日に新型フロントウイングを試して好感触を得ていたが、ウィリアムズは予選と決勝にむけて旧型に戻すことをクビサに説明せずに決断したことで怒りを露わにしていた。

ジョージ・ラッセル 「ウィリアムズでのF1初年度に後悔はない」

2019年10月21日
ジョージ・ラッセル 「ウィリアムズでのF1初年度に後悔はない」
ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズでのF1初シーズンに後悔はしていないと語る。

F2チャンピオンとして今年ウィリアムズからF1デビューを果たしたジョージ・ラッセルだが、今シーズンまで唯一ポイントを獲得できていないドライバーとなっている。チームメイトのロバート・クビサは、ウィリアムズで唯一となる1ポイントを獲得している。

ジョージ・ラッセル、無線で悲痛な叫び「このブレーキでは続行できない」

2019年10月18日
ジョージ・ラッセル、無線で悲痛な叫び「このブレーキでは続行できない」 / ウィリアムズF1チーム
ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズにブレーキ問題の緊急な解決を求めている。

かつての名門チームであるウィリアムズだが、近年はグリッド最後尾が定位置となっており、グランプリのために十分なスペアパーツを製造することができないほどの危機に瀕している。

ロバート・クビサは、F1日本GPでプラクティス後に何の説明もなく新しいフロントウイングを取り外され、“限度を超えた”と憤りを示していた。

ロバート・クビサ、ウイングを勝手に交換したウィリアムズを非難

2019年10月15日
ロバート・クビサ、ウイングを勝手に交換したウィリアムズを非難 「限度を超えている」
ロバート・クビサは、何も説明することなくアップグレード版フロントウイングをマシンから取り外されたことを明らかにし、ウィリアムズの行為は“限度を超えている”と非難した。

ウィリアムズは、F1日本GPのプラクティスでアップグレード版のフロントウイングを試しており、ロバート・クビサはパフォーマンスに満足していた。

ウィリアムズ:2019年 F1日本GP 決勝レポート

2019年10月15日
ウィリアムズ:2019年 F1日本GP 決勝レポート
ウィリアムズは、2019年F1日本GPの決勝レースをジョージ・ラッセルが18位、ロバート・クビサが19位で終えた。

デイブ・ロブソン(シニアレースエンジニア)
「予選は、ドライであるが、非常に風の強いコンディションで行われたため、誰にとっても難しかった。残念ながら、ロバートはQ1の最初の赤旗を出して、結果としてそれに苦しんだドライバーの1人となった」

ジャック・ヴィルヌーヴ 「ウィリアムズの現状は当然の結果」

2019年10月13日
ジャック・ヴィルヌーヴ 「ウィリアムズの現状は当然の結果」
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、悲しくはあるが、ウィリアムズの現状を驚いてはいないと語る。

ジャック・ヴィルヌーヴは、フランク・ウィリアムズが創設したチームで最後にチャンピオンシップを獲得したドライバーだ。だが、現在、娘のクレア・ウィリアムズが運営するチームは、グリッドで最も遅いチームに落ちてしまった。

ジョージ・ラッセル 「日本GPはずっと楽しみにしてきたレース」

2019年10月8日
ジョージ・ラッセル 「日本GPはずっと楽しみにしてきたレース」 / ウィリアムズ F1日本GP プレビュー
ウィリアムズのジョージ・ラッセルが、F1日本GPへの意気込みと鈴鹿サーキットについて語った。

「日本はずっと楽しみにしていたレースだし、運転するのが待ち切れない素晴らしいサーキットだ。ファンは本当に情熱的だし、リザーブドライバーとして一度しか行ったことがないけど、本当に素晴らしい気分だった」とジョージ・ラッセルはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム