ウィリアムズ、2020年F1マシン『FW43』は赤がテーマカラー?

2020年2月9日
ウィリアムズ、2020年F1マシン『FW43』は赤がテーマカラー?
ウィリアムズの2020年F1マシン『FW43』は赤がテーマカラーになるのではないかと報じられている。

ウィリアムズは、プレシーズンテスト2日前となる2月17日の英国時間8時に2020年F1マシン『FW43』の画像を公開することを発表するが、最新のディザー映像では差し色で赤が配置されるなど、赤が重要な役割を果たしている。

F1 | ジョージ・ラッセル、ウィリアムズ FW43でシート合わせを完了

2020年2月9日
F1
ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズF1チームの2020年F1マシン『FW43』でシート合わせを完了させた。

メルセデスのジュニアドライバーである2018年のF2チャンピオンであるジョージ・ラッセルは、昨年ウィリアムズでF1デビュー。しかし、前年マシンに競争力はなく、2019年に唯一ポイントを獲得できないドライバーとなった。

【動画】 ウィリアムズ、2020年F1マシン『FW43』のエンジンを初始動

2020年2月7日
【動画】 ウィリアムズ、2020年F1マシン『FW43』のエンジンを初始動
ウィリアムズF1チームは、2020年F1マシン『FW43』のエンジンを初始動。ソーシャルメディアでその模様を公開した。

昨年、新車の開発が遅れ、シェイクダウンをキャンセルし、プレシーズンテストに間に合わないという失態を演じたウィリアムズ。だが、今季は昨年苦戦したクラッシュテストにも一発合格し、順調に準備を進めている。

ジャック・エイトケン、ウィリアムズF1のリザーブドライバーに就任

2020年2月4日
ジャック・エイトケン、ウィリアムズF1のリザーブドライバーに就任
元ルノーのジュニアドライバーであるジャック・エリトケンが、ウィリアムズF1チームのリザーブドライバーに就任。2020年にフリープラクティスで走行することが発表された。

韓国とイギリスのハーフであるジャック・エイトケン(24歳)は、2016年からルノーのF1プログラムに参加していたが、3年間の在籍の後、2019年をもってルノーのアカデミーを離れていた。

ジェイミー・チャドウィック 「F1に到達するという夢を急いではいない」

2020年2月2日
ジェイミー・チャドウィック 「F1に到達するという夢を急いではいない」
ジェイミー・チャドウィックは、Wシリーズの成功とウィリアムズF1チームでの継続的な役割によって注目度はたかっているが、F1シート獲得という夢を実現するにはまだ時間がかかると主張する。

2020年からWシリーズのチャンピオンには15点のスーパーライセンスポイントが与えられることが発表された。初年度を除き、Wシリーズではチャンピオンを獲得したドライバーは翌年のシリーズには参戦できない。

ウィリアムズ、2020年F1マシン『FW43』を2月17日にオンラインで公開

2020年1月31日
ウィリアムズ、2020年F1マシン『FW43』を2月17日にオンラインで公開
ウィリアムズF1チームは、2020年F1マシン『FW43』を2月17日にオンラインでお披露目することを発表した。

ウィリアムズは、ロバート・クビサに代えてルーキーのニコラス・ラティフを起用。ジョージ・ラッセルとともに若いドライバーで2020年のF1世界選手権に挑む。

ウィリアムズF1、レッドブルとルノーからデザイナーを獲得

2020年1月29日
ウィリアムズF1、レッドブルとルノーからデザイナーを獲得
ウィリアムズF1チームは、2020年のF1世界選手権に先立ち、新たにレッドブルとルノーから2人のデザイナーを採用したことを発表した。

2019年、ウィリアムズはわずか1ポイントしか獲得できず、2年連続でランキング最下位でシーズンを終了。前年から技術部門の再編が行われており、技術代表のパディ・ロウ、チーフデザイナーのエド・ウッド、空力責任者のダーク・デ・ビアといった幹部クラスがチームを離れている。

F1 | ウィリアムズ 「FW43はプレシーズンテスト初日に間に合う」

2020年1月22日
F1
ウィリアムズF1チームにとって、プレシーズンテストに2020年F1マシン『FW43』を走らせることが今季の最初の目標になる。

昨年、ウィリアムズは、プレシーズンテストまでに新車を準備できない唯一のチームだった。最初の2日間は走行ができず、3日目に初めて新車での走行を実施。しかし、開発の遅れは明らかで、シーズンを通してグリッド後方での戦いを強いられた。

F1 | ニコラス・ラティフィ、ロズベルグが使用した“カーナンバー6”を選択

2020年1月20日
F1
今年ウィリアムズでF1デビューを果たすニコラス・ラティフィは、F1で使用する固定ナンバーとしてニコ・ロズベルグが使用していた“6”を選択したことを明らかにした。

昨年、F2をランキング2位で終えたニコラス・ラティフィは、2020年のF1世界選手権でジョージ・ラッセルのチームメイトとしてウィリアムズからF1デビューを果たす。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム