ウィリアムズ FW42が待望のコースデビュー / F1バルセロナテスト3日目

2019年2月21日
F1 ウィリアムズ
ウィリアムズは、F1バルセロナテスト3日目に新車FW42のコースデビューを完了させた。

ウィリアムズは、FW42の完成が遅れて、シェイクダウン走行を断念。18日にF1プレシーズンテストが開始してもクルマはファクトリーで作業が続けられ、最初の2日間のテストを断念していた。

ウィリアムズ、FW42がサーキットに到着!エンジンを初始動

2019年2月20日
F1 ウィリアムズ FW42
ウィリアムズの2019年F1マシン『FW42』がようやくカタロニア・サーキットに到着。エンジンを初始動させた。

F1バルセロナテストは2月20日(水)に3日目を迎え、ウィリアムズのガレージに注目が集まっている。新車FW42の完成の遅れにより、ウィリアムズはシェイクダウン走行と最初の2日間のテストを断念。水曜日の午後から走行を行うべくガレージでは懸命な作業が行われている。

ウィリアムズ、新車FW42が水曜日の早朝にようやくサーキットに到着

2019年2月20日
F1 ウィリアムズF1
ウィリアムズの2019年F1マシン『FW42』がF1テスト3日目を迎える水曜日の朝にようやくカタロニア・サーキットに到着する予定となっているが、チームはセッション開始時から走行する可能性は低いと語っている。

ウィリアムズは、新車FW42の完成が遅れており、シェイクダウンを断念し、F1バルセロナテストの最初の2日間をキャンセル。サーキットには昨年マシンに2019年仕様のウイング類を装着した“ショーカー”がむなしく飾られていた。

ウィリアムズ、FW42の準備の遅れでパディ・ロウはクビ?

2019年2月19日
F1 ウィリアムズ
ウィリアムズが2019年F1マシン『FW42』の準備が遅れていることで、技術責任者のパディ・ロウの将来が危機に晒されていると噂になっている。

先週末にウィリアムズは、FW42のシェイクダウンの計画を廃止。2月18日(月)にスタートしたF1バルセロナテスト初日も欠場し、2日目にも準備が間に合う可能性は低いとしている。

ウィリアムズ、F1バルセロナテスト2日目も不参加へ

2019年2月19日
F1 ウィリアムズF1
ウィリアムズF1チームは、2019年F1マシン『FW42』の準備が引き続き遅れており、F1バルセロナテスト2日目となる2月19日(火)もテストを欠席することになりそうだ。

ウィリアムズF1チームは、先週16日(土)にカタロニア・サーキットで予定していたFW42のシェイクダウンをキャンセルし、プレシーズンテスト初日となった18日(月)の参加をキャンセル。サーキットで作業を進めており、2日目のセッションには参加すると考えられていた。

ウィリアムズ、FW42の準備間に合わず…冬季テスト初日の走行を見送り

2019年2月18日
F1 ウィリアムズF1
ウィリアムズは、2019年F1マシン『FW42』の準備が遅れているため、2月18日(月)のF1バルセロナテスト初日への参加を見送ることを発表した。

すでにウィリアムズは、今週16日(土)にバルセロナでフィルミングデーを利用して実施するはずだったFW42のシェイクダウンをキャンセル。さらに17日(日)に声明を発表し、月曜日の走行を行わないことを発表した。

ウィリアムズF1、2019年仕様のレーシングスーツを披露

2019年2月17日
F1 ウィリムズF1
ウィリアムズF1チームは、2019年のF1世界選手権でドライバーが着用するレーシングスーツを披露した。

ウィリアムズF1チームは2月11日(月)、グロープのチーム本拠地で新車『FW42』の発表会を開催。新たに「ROKiT(ロキット)」とタイトルスポンサー契約を結び、2019年のF1世界選手権に『ROKiT Williams Racing(ロキット・ウィリアムズ・レーシング』として参戦することを発表。FW42に採用する鮮やかな水色のカラーリングを披露した。

ロブ・スメドレー、技術コンサルタントとしてF1に入閣

2019年2月16日
F1 ロブ・スメドレー
元ウィリアムズとフェラーリでエンジニアを務めたロブ・スメドレーは、2019年のF1世界選手権で“エキスパートテクニカルコンサルタント”としてF1で仕事をすることになった。

フェラーリでフェリペ・マッサのエンジニアを含めて10年間を過ごしたロブ・スメドレーは、その後マッサとともにウィリアムズに移籍。車両パフォーマンス責任者を務めた後、昨年末で5年間過ごしたウィリアムズを退職していた。

ウィリアムズ、2019年F1マシン『FW42』のスタジオショットを公開

2019年2月16日
F1 ウィリアムズ FW42
ウィリアムズF1チームは、2019年F1マシン『FW42』のスタジオショットを公開した。

ウィリアムズF1チームは2月11日(月)、グロープのチーム本拠地で新車『FW42』の発表会を開催。新たに「ROKiT(ロキット)」とタイトルスポンサー契約を結び、2019年のF1世界選手権に『ROKiT Williams Racing(ロキット・ウィリアムズ・レーシング』として参戦することを発表。FW42に採用する鮮やかな水色のカラーリングを披露した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム