セルジオ・ペレス 「フェルスタッペンと僕は大人の振る舞いができる」

2022年11月16日
レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「フェルスタッペンと僕は大人の振る舞いができる」
セルジオ・ペレスは、F1 ブラジル GPで起こったチーム オーダー論争の後、彼とレッドブル・レーシングのチームメイトであるマックス・フェルスタッペンは「大人の振る舞い」ができると語った。

セルジオ・ペレスは、マックス・フェルスタッペンに次ぐ7位を走っていたが、フェルスタッペンは最終ラップでポジションを譲るようチームから告げられた。

バーニー・エクレストン 「F1はマックス・フェルスタッペンに感謝するべき」

2022年11月15日
バーニー・エクレストン 「F1はマックス・フェルスタッペンに感謝するべき」
元F1最高責任者であるバーニー・エクレストンは、F1は批判するのではなく、「マックス・フェルスタッペンに感謝するべき」だと語る。

92歳のバーニー・エクレストンは、2017年にリバティメディアから追放された後、もはやレースに参加していないが、ブラジル人の妻と子供と一緒に近くに住んでいるため、インテルラゴスのパドックに戻ってきた。

レッドブルF1首脳 「ダニエル・リカルドと交渉している」

2022年11月15日
レッドブルF1首脳 「ダニエル・リカルドと交渉している」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ダニエル・リカルドと交渉していることを認めた。

今シーズン限りでマクラーレンを去るダニエル・リカルドにダニエル・リカルドに2023年にF1シートを与えることに興味を持っているチームはハースを除いていなかった。しかし、リカルドはハースF1チームで走るよりも、リザーブドライバーを経て、2024年にF1に戻る方法を模索している。

レッドブルF1代表 「フェルスタッペンは最終戦でペレスをサポートする」

2022年11月14日
レッドブルF1代表 「フェルスタッペンは最終戦でペレスをサポートする」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2022年F1ブラジルGPでチームメイトにオーバーテイクさせるチームオーダーに従うことを拒否したマックス・フェルスタッペンにチームとしての仕事の重要性を説いた。

5位のフェルナンド・アロンソにチャレンジするために順位を譲られたマックス・フェルスタッペンだが、それを成し遂げることができないことが判明したことで、レース終了間際にセルジオ・ペレスに順位を返すように繰り返し指示が飛んだ。

FIA、マックス・フェルスタッペンの5秒ペナルティの根拠を説明

2022年11月14日
FIA、マックス・フェルスタッペンの5秒ペナルティの根拠を説明 / F1サンパウロGP
FIAスチュワードは、F1ブラジルGPでのルイス・ハミルトンとの衝突について、マックス・フェルスタッペンに5秒ペナルティを与えた理由として、フェルスタッペンが「主に過ちを犯した」と説明した。

2021年のタイトルライバルは、最初のセーフティカーのリスタートの後に接触した。マックス・フェルスタッペンはルイス・ハミルトンの良い反応をみせたが、ハミルトンの反応はそれほど速くなかった。

レッドブルF1代表 「ここまで落胆した気分で週末を終えることは滅多にない」

2022年11月14日
レッドブルF1代表 「ここまで落胆した気分で週末を終えることは滅多にない」 / F1サンパウロGP
レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーが、2022年F1ブラジルGPの決勝レースを振り返った。

インテルラゴスでの厳しい午後を過ごしたマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスは、それぞれ6位、7位でレースを終えた。フェルスタッペンの優勝のチャンスはレース序盤のルイス・ハミルトン(メルセデス)との接触でフロントウイングとともに砕け散った。

フェルスタッペン、チームオーダー無視はF1モナコGPの予選への報復?

2022年11月14日
マックス・フェルスタッペン、チームオーダー無視はF1モナコGPの予選への報復?
マックス・フェルスタッペンが、ファイナルラップでチームオーダーを拒否した後、2022年のF1ブラジルGP後の主な話題はレッドブル・レーシングを取り巻いている。

マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングのチームメイトであるセルジオ・ペレスからレース終盤に前のマシンを攻撃するためにポジションを譲ってもらったが、5位のフェルナンド・アロンソを追い抜くことができなければ、ポジションを返すようにチームから言われていた。

マックス・フェルスタッペン 「マシンが滑ってアタックは困難だった」

2022年11月14日
マックス・フェルスタッペン 「マシンが滑ってアタックは困難だった」 / F1サンパウロGP
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、2022年F1ブラジルGPの決勝を6位で終えた。

マックス・マックスの優勝のチャンスはレース序盤のルイス・ハミルトン(メルセデス)との接触でフロントウイングとともに砕け散った。フロントウイングを交換し、5秒ペナルティを科されたフェルスタッペンは、後方からの追い上げを余儀なくされた。

ペレスがチームオーダ拒否のフェルスタッペンに怒り「彼の本性が出た」

2022年11月14日
セルジオ・ペレスがチームオーダ拒否のフェルスタッペンに怒り「彼の本性が出た」 / F1サンパウロGP 
セルジオ・ペレスは、F1ブラジルGP終盤に自分にポジションを返すことを拒否したレッドブル・レーシングのチームメイトであるマックス・フェルスタッペンに声を荒げた。

セルジオ・ペレスは残り数周で6位だったが、新しいタイヤを履いたマックス・フェルスタッペンは、5位でフェルナンド・アロンソを攻撃するために、チームメイトを追い越した。しかし、フェルスタッペンはアロンソを捕えることはできず、事前に合意されたようにペレスにポジションを返すように言われた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム