セルジオ・ペレス 「RB18はイニシャルセットアップからすぐに快適」

2022年6月28日
レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「RB18はイニシャルセットアップからすぐに快適」
レッドブル・レーシングのセルジオ・ペレスは、2022年F1マシンであるRB18は、昨シーズンとはまったく対照的に各グランプリウィークエンドの開始時からすぐに全力で取り組むことができると語る。

レッドブル・レーシングでの初年度だった2021年は、セルジオ・ペレスは、各グランプリがスタートしたとき、快適なイニシャルセットアップを見つけるのに苦労した。

レッドブルF1代表 「シルバーストンでメルセデスF1は無視できない」

2022年6月28日
レッドブルF1代表 「シルバーストンでメルセデスF1は無視できない」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、今週末のシルバーストンで始まる今後のレースでメルセデスF1が無視できないチームになると考えている。

メルセデスF1は、いまだW13のパフォーマンスに影響を与えているバウンシングの問題に対処しているが、F1カナダグランプリではルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルが3位と4位でフィニッシュし、わずかに前進をしたが、まだレッドブルとフェラーリによる優勝争いに加わることを期待するまでには道のりは長いように思われる。

ペレス 「フェルスタッペンは他のF1ドライバーにはないスキルの持ち主」

2022年6月27日
レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「フェルスタッペンは他のF1ドライバーにはないスキルの持ち主」
レッドブル・レーシングのセルジオ・ペレスは、チームメイトのマックス・フェルスタッペンを「他のF1ドライバーにはないスキルを持っている」と非常に高い評価を与える。

レッドブル・レーシングは、2021年にアレクサンダー・アルボンをリザーブ兼開発ドライバーに役割に降格させることを決定した後、ドライバープールの外部からセルジオ・ペレスを獲得し、マックス・フェルスタッペンのチームメイトに据えた。

レッドブルF1代表 「2011年のバトンとのバトルがフラッシュバックした」

2022年6月27日
レッドブルF1代表 「2011年のバトンとのバトルがフラッシュバックした」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1カナダグランプリのレース終盤に、2011年のセバスチャン・ベッテルのファイナルラップのミスがフラッシュバックしたと語った。

2011年のF1カナダグランプリでは、セバスチャン・ベッテルがレースをリードしてファイナルラップを迎え、ジェンソン・バトン(当時マクラレーン)が2番手から猛チャージを仕掛けた。

エイドリアン・ニューウェイが語るフェルスタッペンとハッキネンの類似点

2022年6月26日
レッドブルF1のエイドリアン・ニューウェイが語るフェルスタッペンとハッキネンの類似点
レッドブル・レーシングの伝説的なF1デザイナーであるエイドリアン・ニューウェイは、マックス・フェルスタッペンを“グレイテスト”F1ドライバーのリストに入れている。

マックス・フェルスタッペンは、レース中のハードなアクションから定期的に“アグレッシブドライバー”と呼ばれている。特にF1での彼の初期の頃は、他の誰にも1インチも残さないくらい激しく攻撃と防御をしていた。

レッドブルF1代表 「2022年のメジャーアップデートは終了」

2022年6月26日
レッドブルF1代表 「2022年のメジャーアップデートは終了」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2022年の残りのシーズンでRB18にメジャアップデートが入ることはなく、いくつかのマイナーをアップデートによる“控え目な進化”になると語る。

両方のチャンピオンシップのリードを広げているレッドブル・レーシングだが、今年はいくつかの問題に直面した。マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスはすでに合計4回のリタイアを喫しており、RB18は信頼性だけでなく、重量の問題も抱えている。

レッドブルF1首脳 「メルセデスF1のロビー活動は裏目に出た」

2022年6月25日
レッドブルF1首脳 「メルセデスF1のロビー活動は裏目に出た」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、新世代F1マシンのポーパシング(ポーポイズ現象)問題を支援するためのメルセデスF1によるFIA(国際自動車連盟)へのロビー活動は「裏目に出た」と考えている。

メルセデスF1のジョージ・ラッセルとルイス・ハミルトンを含めた多くのドライバーから安全上の理由で極度のバウンシングについて対処してほしいとの要望を受け、FIAはカンダグランプリに先立って技術指令を発行するという行動を起こした。

レッドブルF1育成のユアン・ダルバラ、マクラーレンでF1マシン初走行

2022年6月25日
レッドブルF1育成のユアン・ダルバラ、マクラーレンでF1マシン初走行
ユアン・ダルバラは、今週初めにシルバーストンでマクラーレンの2021年F1マシンのステアリングを握った。

インド出身のユアン・ダルバラはレッドブルF1のジュニアプログラムのメンバーだが、マクラーレンのF1マシンを運転するためにチームから許可を受けた。ダルバラにとって、今回のテストはF1マシンでの初走行となった。

レッドブルF1代表 「予算上限によってタイトルは裁判所で決まる恐れがある」

2022年6月25日
レッドブルF1代表 「予算上限によってタイトルは裁判所で決まる恐れがある」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1の予算上限が2022年のF1タイトル争いに影響を与えかねない重要な役割を改めて強調。タイトルが裁判所によって決定される恐れがあると語る。

現在、レッドブル・レーシングとマックス・フェルスタッペンは、両方のチャンピオンシップをリードしているが、クリスチャン・ホーナーは、シーズン開幕以来、インフレ、エネルギーと運賃コストの上昇、グローバルなサプライチェーンの問題など、F1チームに課された予算への影響に声を上げてきた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム