マックス・フェルスタッペン F1モナコGP決勝「退屈。レースではなかった」

2024年5月27日
マックス・フェルスタッペン F1モナコGP決勝「退屈。レースではなかった」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1第8戦モナコGPを6位でフィニッシュ。レース状況やタイヤ戦略のせいで「レースではなかった」と述べ、モナコグランプリに変更を加えるよう求めた。

モナコの狭い道路ではオーバーテイクが常に困難であり、今年のレースでも例外ではなかった。78周のレースでフェルスタッペンは何も得ることも失うこともなく、トップ10のドライバーはスタート時と同じ位置でチェッカーフラッグを受けた。

セルジオ・ペレス F1モナコGP決勝「マグヌッセンにノーペナルティは驚き」

2024年5月27日
セルジオ・ペレス F1モナコGP決勝「マグヌッセンにノーペナルティは驚き」
セルジオ・ペレスは、2024年第8戦モナコGPをリタイアで終えた後、劇的なクラッシュを起こした引き起こしたケビン・マグヌッセン(ハース)に制裁を与えなかったスチュワードの決定に驚いたと語った。

スタート後、フィールドがボー・リバージュに向かって丘を駆け上がる中、セルジオ・ペレスは、ケビン・マグヌッセンとハースのチームメイトであるニコ・ヒュルケンベルグの両者より前にいた。

レッドブルF1首脳 「シミュレーターとコース上の相関関係に乖離」

2024年5月26日
レッドブルF1首脳 「シミュレーターとコース上の相関関係に乖離」
レッドブルF1のアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ライバルが勢いを増す中、レッドブルが直面している重大な問題を明らかにした。

ヘルムート・マルコによると、シミュレーターがミルトン・キーンズのチームに伝えている情報と実際にコース上で起こっていることとの間に乖離があるという。

レッドブルF1代表 モナコGP予選惨敗で懸念「序盤は高速渋滞になる」

2024年5月26日
レッドブルF1代表 モナコGP予選惨敗で懸念「序盤は高速渋滞になる」
レッドブル・レーシングのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2024年F1第8戦モナコGPの予選で6番手と18番手に終わったことから、決勝で「高速渋滞」に巻き込まれることを懸念している。

マックス・フェルスタッペンは、アイルトン・セナと共同で保持する史上最多記録を更新するため、9回連続のポールポジション獲得を狙っていたが、Q3の最終ラップでサト・デヴォートのウォールに衝突し、6番手に沈んだ。チームメイトのセルジオ・ペレスはQ1で脱落し、18番手からスタートする。

マックス・フェルスタッペン F1モナコGP予選「縁石にまったく乗れない」

2024年5月26日
マックス・フェルスタッペン F1モナコGP予選「縁石にまったく乗れない」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1第8戦モナコGPの予選を6番手で終了。モナコで縁石に乗れないというレッドブル・RB20の弱点がシーズン後半に他のトラックでチームにダメージを与えるだろうと語った。

マックス・フェルスタッペンはモナコで今季初めてポールポジションを獲得できず、明日のレースを6番手からスタートすることになった。予選ではポールポジションを獲得したシャルル・ルクレール(フェラーリ)に接近していたが、Q3での最終走行で第1コーナーでミスを犯し、フェラーリからコンマ3秒近く離されてしまった。

セルジオ・ペレス F1モナコGP予選Q1落ち「リズムもペースもなかった」

2024年5月26日
セルジオ・ペレス F1モナコGP予選Q1落ち「リズムもペースもなかった」
セルジオ・ペレスは、2024年F1第8戦モナコGPの予選を18番手で終えた。Q1で敗退するのは昨年のイギリスGP以降となり、角田裕毅(RB)が3戦連続でQ3進出を果たすなか、レッドブル・レーシングの来季のシートが再び話題になりそうだ。

「今日は完全に惨事だった。リズムに乗れなかったし、ペースもなかった」とセルジオ・ペレスはコメント。

レッドブルF1 チーフエンジニアのポール・モナハンと新たに長期契約

2024年5月25日
レッドブルF1 チーフエンジニアのポール・モナハンと新たに長期契約
レッドブル・レーシングは、長年チーフエンジニアを務めてきたポール・モナハンが新たな契約に同意し、F1チームのもう1人のシニアメンバーの将来を確保したとAutosportが伝えた。

レッドブルは、シニアスタッフの契約更新が間近に迫っていることから、レッドブルは2026年に始まる次期ルール時代に向けた人員補強を進めている。

フェルスタッペン F1モナコGP初日「一夜で解決できる問題ではない」

2024年5月25日
フェルスタッペン F1モナコGP初日「一夜で解決できる問題ではない」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1第8戦モナコGP初日のフリー走行を4番手タイムで終了。プラクティスの問題は一夜では解決できないとし、レッドブルが今週末のF1モナコGPで優勝争いに加われないだろうと語った。

フェラーリとマクラーレンは最近のラウンドでレッドブルに接近しており、レッドブルはハイダウンフォースのリアウイングを用意して、モンテカルロの曲がりくねったコース上での接近戦に挑む準備をしていた。

セルジオ・ペレス F1モナコGP初日「現時点でフェラーリには手が届かない」

2024年5月25日
セルジオ・ペレス F1モナコGP初日「現時点でフェラーリには手が届かない」
セルジオ・ペレスは、2024年F1第8戦モナコGP初日のフリー走行を8番手タイムで終了。プラクティスを通じてレッドブルの快適性やスピードの解明に苦戦したとし、フェラーリには「手が届かない」と考えている。

ペレスはレース週末に先立ち、モンテカルロの独特なサーキット特性により、レッドブルはライバルのフェラーリやマクラーレンに対してより脆弱になる可能性があると示唆していた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム