室屋義秀 母国大会連覇の興奮と感動をJ SPORTSで放送!

2017年6月5日
室屋義秀 レッドブル・エアレース
究極の三次元モータースポーツ「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2017」を全戦放送している国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局J SPORTSは、室屋義秀が母国大会連覇を果たした第3戦千葉の模様を6/17(土)午後7:30から J SPORTS 3で放送する。

6/3(土)、4(日)に開催されたレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2017 第3戦 千葉 にてアジア人唯一のエアーレースパイロットの室屋義秀が見事に優勝。

【動画】 レッドブルエアレース 千葉:室屋義秀がホームレース2連覇

2017年6月4日
レッドブルエアレース 室屋義秀
レッドブル・エアレース 世界選手権 2017シーズン 第3戦 千葉の決勝が4日(日)に行われ、日本人パイロットの室屋義秀が優勝し、ホームレース2連覇を達成。会場に集まった55000人の大観衆を歓喜させた。

ペナルティを受けながらもラウンド・オブ・8を通過した室屋義秀は、ファイナル4を一番手でフライト。大一番でパーフェクトなラインをなぞり、このレースウィークのベストタイムのひとつに入る55.288秒を記録した。

室屋義秀 「日本の皆さんのサポートに感謝したい」/ レッドブルエアレース

2017年6月4日
室屋義秀 レッドブルエアレース
レッドブル・エアレース 世界選手権 2017シーズン 第3戦 千葉の決勝は素晴らしいレースになった。逆転劇、パイロンヒット、ペナルティが数多く見られるスリリングなレースを制したのは、日本人パイロットの室屋義秀だった。

ホームレース2連覇を達成した室屋義秀は、55000人の大観衆を歓喜させた。ファイナル4を一番手でフライトした室屋義秀は、大一番でパーフェクトなラインをなぞり、このレースウィークのベストタイムのひとつに入る55.288秒を記録した。

レッドブル・エアレース千葉2017:室屋義秀がホームレース2連覇を達成

2017年6月4日
レッドブル エアレース 千葉 2017 室屋義秀
レッドブル・エアレース 世界選手権 2017シーズン 第3戦 千葉の決勝が4日(日)に行われ、日本人パイロットの室屋義秀が優勝し、ホームレース2連覇を達成。会場に集まった55000人の大観衆を歓喜させた。

ペナルティを受けながらもラウンド・オブ・8を通過した室屋義秀は、ファイナル4を一番手でフライト。大一番でパーフェクトなラインをなぞり、このレースウィークのベストタイムのひとつに入る55.288秒を記録した。

レッドブル・エアレース千葉2017:室屋義秀は予選4位通過

2017年6月3日
レッドブル エアレース 千葉 2017
レッドブル・エアレース 世界選手権 2017シーズン 第3戦 千葉の予選が3日(土)に行われ、カナダ人パイロットのピート・マクロードが54.609秒を記録し、2014シーズン第7戦ラスベガス以来となる予選トップ通過を決めた。

ピート・マクロードは2本共にパワフルながらクリーンでスムースなフライトを披露。特にハイGターンで素晴らしいライン取りを見せ、フリープラクティスで得たことを見事に予選で活かした。

レッドブル・エアレース千葉2017:強風でフリープラクティスが中止

2017年6月2日
レッドブル エアレース 千葉 2017
レッドブル・エアレース 世界選手権 2017シーズン 第3戦 千葉の金曜日は、強風の影響で予定されていたフリープラクティスがキャンセルになった。

レースディレクターのジム・ディマッテオは公式発表の中で「本日の天候条件ではフリープラクティスをキャンセルするしかありませんでした。風向きと強度の影響で、パイロットはレースエアポートからテイクオフできませんでした」とコメント。

レッドブル:ダニエル・リカルドが3位表彰台 / F1モナコGP

2017年5月29日
F1 モナコGP 決勝 レッドブル
レッドブルは、F1モナコGPの決勝で ダニエル・リカルド が3位、 マックス・フェルスタッペン が5位だった。

ダニエル・リカルド (3位)
「今日にはとても満足している。この内容に不満は言えないし、チームに感謝しなければならない。今日ペースを示せたのはクールだったし、僕たちはクリアなトラックを走ることができた」

レッドブル:F1モナコGP 予選レポート

2017年5月28日
レッドブル F1 モナコGP 予選
レッドブルは、F1モナコGPの予選で、マックス・フェルスタッペンが4番手、ダニエル・リカルドが5番手だった。

マックス・フェルスタッペン (4番手)
「Q3の最速ラップは最善を尽くせたと思う。フロントのグリッドにちょっと苦しんでいたし、望んだようにタイヤを働かせることができなかったけど、最終的に僕たちはそこまで離されなかった。いつだってもっと近い方が嬉しいけど、ラップはかなり限界だったと思う」

レッドブル 「2018年にRB14をドライブするのはマックスとダニエル」

2017年5月27日
レッドブル F1 2018年 RB14
レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、ダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンの契約に免責条項はなく、来季もレッドブルに残留して2018年F1マシン『RB14』を走らせると述べた。

2人のドライバーの契約に他チームに移籍できるパフォーマンス条項が含まれているかと質問されたクリスチャン・ホーナーは「いいや、まったくない。彼ら二人ともがストレートでクリーンな契約を結んでいる」と Reuters にコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム