レッドブルF1首脳 「メルセデスはストレートで時速2~3キロ速い」

2024年6月10日
レッドブルF1首脳 「メルセデスはストレートで時速2~3キロ速い」
レッドブルF1のアドバイザーであるヘルムート・マルコが、マックス・フェルスタッペンがF1カナダGPでポールポジションを逃した要因を明らかにした。

モントリオールでの土曜日の接戦では、フェルスタッペンはQ3終了時点で2位となった。フェルスタッペンは、ジョージ・ラッセルと全く同じラップタイムを記録したが、メルセデスのドライバーが最初に同じタイムを記録したため、ポールポジションを獲得した。

マックス・フェルスタッペン 「縁石問題の解決策導入には時間がかかる」

2024年6月9日
マックス・フェルスタッペン 「縁石問題の解決策導入には時間がかかる」
マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングが縁石乗り上げ問題の解決に役立つように設計し直したパーツを提供するには時間がかかるだろうと考えている。

マックス・フェルスタッペンは、縁石や凹凸のあるサーキットでRB20が苦戦したため、マイアミとモナコでライバルのマクラーレンとフェラーリに勝利を奪われるという厳しい数戦を終えたばかりだ。

レッドブルF1首脳 Q1落ちセルジオ・ペレスに苦言「マシンの問題ではない」

2024年6月9日
レッドブルF1首脳 Q1落ちセルジオ・ペレスに苦言「マシンの問題ではない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、セルジオ・ペレスの最近のF1での苦戦は、マシンではなく「もっと心理的」な問題によるものだと述べた。

セルジオ・ペレスは、カナダGPの予選でQ1敗退を喫して16番グリッドに並ぶのがやっとだった。彼は前戦モナコでQ1落ちを経験しており、2戦連続となる。

マックス・フェルスタッペン F1カナダGP予選「レースが本当に楽しみ」

2024年6月9日
マックス・フェルスタッペン F1カナダGP予選「レースが本当に楽しみ」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1第9戦カナダGPでポールポジションをわずかな差で逃したものの、予選で2位という結果に満足している。ポールポジションを獲得したのは、最初にラップタイムを記録したジョージ・ラッセルで、フェルスタッペンとラッセルはまったく同じタイムだった。

フェルスタッペンにとって、セッションへの準備は完全に順調なものではなかった。金曜日は不安定な天候によりほとんどのドライバーの走行距離が制限されたが、FP2ではホンダPUのERS問題によって走行距離はさらに短縮された。

角田裕毅 RBに2025年も単年契約で残留をレッドブルF1が決断した理由

2024年6月9日
角田裕毅 RBに2025年も単年契約で残留をレッドブルF1が決断した理由
角田裕毅が、2025年の単年契約でRBでF1参戦5年目を迎えることが正式決定した。

カナダGPの予選の1時間前、RBは2025年も角田裕毅を確保するオプションを行使したと発表した。Formula1.comのローレンス・バレットが、RBが24歳の角田裕毅の残留を決めた理由を考察した。

セルジオ・ペレス F1モナコGP予選「完全な惨事。タイヤが機能しない」

2024年6月9日
セルジオ・ペレス F1モナコGP予選「完全な惨事。タイヤが機能しない」
セルジオ・ペレスは、2024年第9戦カナダGPの予選でQ1敗退を喫して16番手。2戦連続でQ1落ちした後、タイヤが機能しなかったと語った。

2週間前のモナコと同じくQ1でノックアウトとなったセルジオ・ペレスは、セッションの最後のアタックで一時的に12番手まで順位を上げたが、、他のドライバーがタイムを更新するにつれ、順位を下げ、最終的にアレクサンダー・アルボンにコンマ3秒差で敗退した。

角田裕毅 レッドブルF1とペレスの契約延長は「特に何も思っていない」

2024年6月8日
角田裕毅 レッドブルF1とペレスの契約延長は「特に何も思っていない」
角田裕毅は、レッドブル・レーシングがセルジオ・ペレスと2026年まで契約を延長したことについて「特に何も思っていないです」と語る。

今年、F1参戦4年目となる角田裕毅は、レッドブルの姉妹チームであるRBで大活躍。しかし、レッドブルのラインナップが確定したことで、現在の契約状況では、2026年まで昇格の可能性は消滅した。

メルセデスF1幹部 「レッドブルは新パーツでダウングレードに陥った」

2024年6月8日
メルセデスF1幹部 「レッドブルは新パーツでダウングレードに陥った」
メルセデスF1は、レッドブル・レーシングの現在のF1での苦戦は、最近導入されたアップグレードパッケージが実際にはパフォーマンスを「ダウングレード」させている結果ではないかと疑っている。

レッドブル・レーシングは過去3回のF1レースのうち2回で敗北を喫しており、マックス・フェルスタッペンのエミリア・ロマーニャGPでの勝利は、彼のすぐ後ろでフィニッシュしたランド・ノリスによる終盤の追い上げをかわしてのものであった。

セルジオ・ペレス F1カナダGP初日「明日は競争力を発揮できるはず」

2024年6月8日
セルジオ・ペレス F1カナダGP初日「明日は競争力を発揮できるはず」
セルジオ・ペレスは、2024年F1第9戦カナダGP初日のフリー走行を10番手で終えた。

レッドブル・レーシングと新たな契約を手にして臨んだカナダGP初日。セルジオ・ペレスは「全体的には、今日のコンディションは非常にトリッキーだったと思う。明日の予選では、適切なタイミングでコースに出るということが非常に重要になるだろう」とコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム