レッドブルF1代表が後悔した賭け:全裸でプールにダイブ

2020年11月25日
レッドブルF1代表が後悔した賭け:全裸でプールにダイブ / 2006年 F1モナコGP
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2006年にモナコのエナジーステーションのプールに全裸で飛び込んだ…映画『スーパーマン」がスポンサーについていたことでマントを羽織っていることはできたが…。

前戦F1トルコGPでレッドブル・レーシングとして300戦目を迎えたことを記念して、クリスチャン・ホーナーは、元F1ドライバーのデビッド・クルサードとともにポッドキャスト『Talking Bull』に出演。

アレクサンダー・アルボン 「RB16は予測可能なマシンに仕上がっている」

2020年11月25日
アレクサンダー・アルボン 「RB16は予測可能なマシンに仕上がっている」 / レッドブル・ホンダ F1バーレーンGP プレビュー
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンが、2020年のF1世界選手権 第15戦 F1バーレーンGPへの意気込みを語った。

前戦F1トルコGPでは、予選自己ベストタイとなる4番グリッドを獲得。決勝では滑りやすいコンディションでスピンするまで表彰台を争ったが、最終的に7位でレースを終えた。

レッドブルF1代表 「独自にF1エンジンを開発することは可能」

2020年11月25日
レッドブルF1代表 「独自にF1エンジンを開発することは可能」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ホンダが2021年にF1から撤退した後、レッドブルが独自にF1エンジンを開発することは可能だと考えている。

前戦F1トルコGPでレッドブル・レーシングはF1での300戦目という節目を迎えた。過去にレッドブル・レーシングはセバスチャン・ベッテルととに4回のF1ワールドチャンピオンを獲得し、F1で最もスペクタクルなチームと見なされている。

フェルスタッペン 「新規則の目的はメルセデスを遅くすることではない」

2020年11月24日
フェルスタッペン 「新規則の目的はメルセデスを遅くすることではない」 / レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2022年に導入される新しいF1レギュレーションがメルセデスの支配を阻止するために設計されているとの見方をはねつけ、F1は「レースをよりエキサイティングにする必要がある」と語る。

新型コロナウイルスの世界的な大流行による1年間の延期を経て、F1は2022年にまったく新しい技術規則に以降。ダウンフォースを削減し、ショーを改善することを目的として完全に新設計されたF1マシンが使用されることになる。

角田裕毅 「僕の夢はF1ワールドチャンピオンになること」

2020年11月24日
角田裕毅 「僕の夢はF1ワールドチャンピオンになること」
ホンダF1とレッドブルのジュニアドライバーである角田祐樹は、2021年にアルファタウリ・ホンダでF1デビューを果たせば、小林可夢偉以来のF1に参戦する日本人ドライバーとなる。だが、F1デビューをすることだけが目的ではない。角田裕毅は「夢はF1ワールドチャンピオンになること」だと語る。

この数年間は角田裕毅にとって激動のシーズンだった。ヨーロッパに戦いの場を移して2年以内、FIA-F3への挑戦はシングルシーターでの経験がわずか3年でのものあり、サーキットの知識はほとんどなかった。

ルノーF1 「レッドブルに対して大きな何かを逃しているわけではない」

2020年11月24日
ルノーF1 「レッドブルに対して大きな何かを逃しているわけではない」
ルノーF1のチーム代表を務めるシリル・アビテブールは、レッドブルに対して大きな何かを逃しているわけではなく、小さな違いが積み重なって今の差がついていると語る。

シリル・アビテブールは、レッドブル・レーシングとのギャップがまだ埋められていないという事実はダニエル・リカルドのせいではなく、レッドブルから移籍してきたリカルドはガレージ全体をより高いレベルに引き上げたと語る。

角田裕毅 インタビュー(3):「F2への参戦は人生で最大の挑戦だった」

2020年11月23日
角田裕毅 インタビュー(3):「F2への参戦は人生で最大の挑戦だった」 / 日本人F1ドライバー誕生への道のり
角田裕毅は、今年のFIA-F2は人生で最大の挑戦だったと語る。

2018年のFIA-F3をランキング9位で終えた角田裕毅は、2019年にFIA-F2にサプライズともいえるステップアップを果たす。英国を拠点とするカーリンで同じレッドブルのジュニアドライバーであるジョハン・ダルバラとチームを組んだ。

レッドブルF1、サステナビリティ推進プロジェクト『NO BULL』を発表

2020年11月23日
レッドブルF1、サステナビリティ推進プロジェクト『NO BULL』を発表
レッドブル・レーシングは、新プロジェクト『NO BULL』を掲げてサステナビリティ推進とカーボンニュートラル達成に取り組むべく、ゴールド・スタンダードと提携することを発表した。

『NO BULL』プロジェクトとは?
レッドブル・レーシングのサステナビリティ推進プロジェクト『NO BULL / ノー・ブル』は、チームに高い目標を設定・達成させると同時に、その過程で世界に問題提起することを目標に設定している。

レッドブル・ホンダ RB16:F1トルコGPで投入した2つのアップデート

2020年11月23日
レッドブル・ホンダ RB16:F1トルコGPで投入した2つのアップデート / F1マシン 技術解説
レッドブル・ホンダF1は、先週末のF1トルコGPで新たなアップデートを投入。Formula1.com でマーク・ヒューズが解説した。

今シーズンはほぼ終了し、両方のタイトルをメルセデスが獲得した。しかし、レッドブル・ホンダは、F1トルコGPでの新しいアップグレードでマシンからさらにパフォーマンスを引き出そうとする努力をやめていない。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム