フェルスタッペン、F1ブラジルGP後のチームオーダー報道は「胸糞悪い」

2022年11月19日
マックス・フェルスタッペン、F1ブラジルGP後のチームオーダー報道は「胸糞悪い」
マックス・フェルスタッペンは、先週末のF1ブラジルGPでチームメイトのセルジオ・ペレスと物議を醸したチームオーダー論争に巻き込まれた後、メディアに批判を向けた。

マックス・フェルスタッペンは、レースの最終ラップで、セルジオ・ペレスに順位を譲りドライバーズチャンピオンシップでのシャルル・ルクレールとの戦いを支援するように指示された。

レッドブルF1首脳、ダニエル・リカルド復帰の発言を一旦(?)撤回

2022年11月19日
レッドブルF1首脳、ダニエル・リカルド復帰の発言を一旦(?)撤回
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ダニエル・リカルドが2023年にサードドライバーとしてチームに復帰するとした発言を一旦撤回した。

ヘルムート・マルコは、F1アブダビGPの金曜日に、今シーズン限りでマクラーレンのシートを失うダニエル・リカルドが2023年にサードドライバーとして「我々と一緒にいる」とSky Germanyのインタビューで語った。

セルジオ・ペレス 「ショートランはもう少しタイムを縮められる余地がある」

2022年11月19日
セルジオ・ペレス 「ショートランはもう少しタイムを縮められる余地がある」 / F1アブダビGP 金曜フリー走行
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、2022年F1アブダビGPの初日のフリー走行でFP1を4番手、FP2を5番手で締めくくった。

FP2は路面温度が大幅に下がり、よりグリップが高くなった。セルジオ・ペレスはミディアムでプッシュラップ2周を走行し、自己ベスト1分26秒654を記録したあとガレージへ戻った。新品ソフトタイヤを装着して再びコースへ戻ると、この時点で暫定2番手となる1分25秒852をマーク。フロントウイングのフラップに調整を施したあとさらに2周のプッシュラップを走行したが、タイムは更新できなかった。

リアム・ローソン 「レッドブルのF1マシンは本当に素晴らしかった」

2022年11月19日
リアム・ローソン 「レッドブルのF1マシンは本当に素晴らしかった」
レッドブルF1の育成ドライバーであるリアム・ローソンは、2022年F1アブダビGPのフリー走行1回目に出走して5番手タイムをマークした。

レッドブル・ジュニアチームに所属し、FIA F2に参戦するリアム・ローソンはFP1で好パフォーマンスを見せた。ニュージーランド出身のリアムは1回目の連続走行でハードタイヤを装着し、3周のプッシュラップを走行して暫定3番手となる自己ベスト1分28秒478を記録。

マックス・フェルスタッペン 「マシンは上手くまとまっていて競争力は高い」

2022年11月19日
マックス・フェルスタッペン 「マシンは上手くまとまっていて競争力は高い」 / F1アブダビGP 金曜フリー走行
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、2022年F1アブダビGPの初日のフリー走行をトップタイムで終えた。

FP1に参加していなかったマックス・フェルスタッペンは、FP2が開始するとすぐにミディアムタイヤを履いてコースイン。プッシュラップ2周を走行して1分26秒395のベストタイムをマーク。その後ピットへ戻り、新品ソフトタイヤに履き替えると再びコースへ向かうとさらに2周のプッシュラップを走行し、1分25秒355まで更新した。

レッドブルF1首脳、ダニエル・リカルドのサードドライバー就任を洩らす

2022年11月18日
レッドブルF1首脳、ダニエル・リカルドのサードドライバー就任を洩らす
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、ダニエル・リカルドが2023のサードドライバーになることを確認した。

F1アブダビGPの金曜日にSky Germanyのインタビューに応じたヘルムート・マルコは、今シーズン限りでマクラーレンを放出されたダニエル・リカルドが「我々と一緒にいる」と洩らした。

セルジオ・ペレス、F1モナコGP予選での“故意のクラッシュ”疑惑を否定

2022年11月18日
セルジオ・ペレス、F1モナコGP予選での“故意のクラッシュ”疑惑を否定
レッドブル・レーシングのセルジオ・ペレスは、前戦F1ブラジルGP後に浮上したF1モナコGPの予選Q3でのクラッシュが“故意”だったとの報道を否定した。

現在、ドライバーズランキング2位をフェラーリのシャルル・ルクレールと争っているセルジオ・ペレスだが、F1ブラジルGPでは上位にアタックするためにポジションを譲ったマックス・フェルスタッペンからポジションを返してもらえなかったことからチームオーダー論争が勃発した。

レッドブルF1 「2023年マシンが全てRB18のクローンになるとは思わない」

2022年11月18日
レッドブルF1 「2023年マシンが全てRB18のクローンになるとは思わない」
レッドブル・レーシングは、現在のF1レギュレーションの制約にもかかわらず、ライバルがすべて2023年F1シーズンに向けて成功したRB18デザインのコピーを作成することを疑っている。

レッドブル・レーシングは2022年F1シーズンのベンチマークカーを製作した。マックス・フェルスタッペンは記録破りの14回のグランプリ優勝を記録し、チームメイトのセルジオ・ペレスはさらに2回の優勝を達成し、圧倒的なチャンピオンシップ勝利を収めた。

レッドブルF1、ブラジルGPのチームオーダー論争を受けて声明を発表

2022年11月18日
レッドブルF1、ブラジルGPのチームオーダー論争を受けて声明を発表
レッドブル・レーシングは、F1ブラジルGPのチームオーダー論争によって多くの推測やソーシャルメディアで誹謗中傷が起こったことにより、チームとして声明を発表して状況を説明した。

F1ブラジルGPで、セルジオ・ペレスは残り数周で6位だったが、新しいタイヤを履いたマックス・フェルスタッペンは、5位のフェルナンド・アロンソを攻撃するために、チームメイトから順位を譲ってもらった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム