レッドブルF1代表 「ユーリ・ビップスの解雇は反人種差別への強い声明」

2022年7月3日
レッドブルF1代表 「ユーリ・ビップスの解雇は反人種差別への強い声明」 ネルソン・ピケの件に声明を出さなかった理由
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ネルソン・ピケによるルイス・ハミルトンへの人種差別発言を非難する声明を出さないというレッドブルの決定を擁護した。

今週、ネルソン・ピケが、昨年のF1イギリスGPでマックス・フェルスタッペンと接触したルイス・ハミルトンを“neguinho”という黒人を差別する言葉で呼び、「彼は汚いことをした」と語った。

レッドブルF1代表 「カルロスを祝福する。フェラーリに挑めることを願う」

2022年7月3日
レッドブルF1代表 「カルロスを祝福する。フェラーリに挑めることを願う」 / イギリスグランプリ 予選
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2022年F1第10戦イギリスグランプリの予選を振り返った。

ウェットと乾きかけのコンディションが混在したシルバーストン・サーキットでキャリア初ポールポジションを獲得したカルロス・サインツ(フェラーリ)に次いで、マックス・フェルスタッペンはイギリスGP決勝のフロントローに並んだ。

セルジオ・ペレス 「金曜日に悩まされた問題は解決。4番手からでも戦える」

2022年7月3日
セルジオ・ペレス 「金曜日に悩まされた問題は解決。4番手からでも戦える」 / レッドブル・レーシング F1イギリスGP 予選
セルジオ・ぺレス(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第10戦イギリスグランプリの予選を4番手で終えた。

初日のフリー走行後には「車はシミュレーターでの準備からかけ離れている」と困惑していたセルジオ・ペレスだが、土曜日を迎えてその問題を解決。雨となった予選でファイナルラップを上手くまとめたペレスは1分41秒616でタイムシート上位の4番グリッドを獲得した。

フェルスタッペン 「360°スピンはタイヤウォームアップのテクニック(笑)」

2022年7月3日
マックス・フェルスタッペン 「360°スピンはタイヤウォームアップのテクニック(笑)」 / レッドブル・レーシング F1イギリスGP 予選
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第10戦イギリスグランプリの予選を2番手で終えた。

Q3最初のアタックで、マックス・フェルスタッペンはセクター1&2でライバルたちを大幅に上回ったが、ストウ・コーナーでハードに攻め過ぎてスピンを喫してしまう。マシンを立て直したものの、最初のフライングラップは下位に沈んだ。

レッドブルF1、リアム・ローソンがリザーブドライバーに昇格

2022年7月2日
レッドブルF1、リアム・ローソンがリザーブドライバーに昇格
レッドブル・レーシングは、人種差別発言で解雇したユーリ・ピッブスに後任として、リアム・ローソンをリザーブドライバーの役割に昇格させたことをF1チーム代表のクリスチャン・ホーナーが確認した。

レッドブル・レーシングのリザーブ兼テストドライバーとしてのユーリ・ビップスの契約は、Twitchでのオンラインゲーム配信中に人種差別的な発言をしたことで、イギリスグランプリの前日に終了した。

レッドブルF1代表 「フェルスタッペンがブーイングを受けるのは珍しい」

2022年7月2日
レッドブルF1代表 「フェルスタッペンがブーイングを受けるのは珍しい」 / イギリスグランプリ
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、木曜日の夜にシルバーストンのトラックを歩いているときにマックス・フェルスタッペンがファンにブーイングされたことに戸惑ったと語る。

週末のアクションが始める前にF1ドライバーは木曜日にすでにシルバーストンに来場しているファンの群れのなかに出た。マックス・フェルスタッペンは、サーキットを歩いているときにブーイングと罵声で迎えられた。

レッドブルF1首脳 「正しい方向に進んでいない」 異音にも言及

2022年7月2日
レッドブルF1首脳 「正しい方向に進んでいない」 異音にも言及 / イギリスグランプリ 金曜フリー走行
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1イギリスグランプリの金曜日のプラクティスの結果にしていない。車のバランスは正しくなく、ドライバーが直面している問題はそれだけではないと語る。

マックス・フェルスタッペンはシルバーストンでの金曜日のプラクティスで最高位のレッドブルだったが、4番手までしか順位を上げることができなかった。

レッドブルF1、新形状の“棚”のようにみえるエンジンカバーを投入

2022年7月2日
レッドブルF1、新形状の“棚”のようにみえるエンジンカバーを投入 / イギリスグランプリ
レッドブル・レーシングは、2022年F1第10戦イギリスグランプリでアップグレードを投入。エンジンカバーに沿って“棚”のように見えるものが興味深いソリューションを設置した。

シルバーストンに登場したレッドブルRB18は、サイドポッドとエンジンカバーが出会うボディワークの形状に大幅な変更を加えられた。これにより、サイドポッド上とヘイローのショールダー上からの両方で、気流が流れる独特のチャネルが作成されている。

マックス・フェルスタッペン 「取り組むべきエリアは把握できている」

2022年7月2日
マックス・フェルスタッペン 「取り組むべきエリアは把握できている」 / レッドブル・レーシング F1イギリスGP 金曜フリー走行
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第10戦イギリスグランプリの金曜フリー走行を4番手で終えた。

ウェットコンディションとなったFP1で、マックス・フェルスタッペンは15分が経過したことろにインターミディエイトを履いてコースインしたが1周しただけでタイムを記録しないままピットへ戻る。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム