マックス・フェルスタッペン、2020年末でレッドブル離脱を検討?

2019年5月21日
F1 マックス・フェルスタッペン
マックス・フェルスタッペンの父ヨス・フェルスタッペンは、契約が満了となる2020年以降に息子がレッドブルに留まらない可能性があることを示唆した。

21歳のマックス・フェルスタッペンは、レッドブル・ホンダで明白なナンバー1として扱われているが、ヨル・フェルスタッペンは他チームへの移籍を除外していない。

マックス・フェルスタッペン 「ここまでの内容には満足している」

2019年5月21日
F1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、ドライバーズ選手権3位につけているここまでのシーズンに満足していると語る。

開幕戦で3位表彰台を獲得したマックス・フェルスタッペンは、次ぐ3レースで4位入賞を果たし、前戦F1スペインGPではフェラーリの2台を実力で倒して今季2度目の3位表彰台を獲得した。

レッドブル・ホンダ 「RB15をまだ最適化できていない」

2019年5月21日
F1 レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、まだ2019年F1マシン『RB15』を最適化できていないとし、今後のマシン開発は“進化がすべて”だと語る。

今年からレッドブルのパートナーとなったホンダはF1エンジンを堅実に進化させているが、シャシーに関しては今季から導入された新しい空力レギュレーションへの対応に苦労しており、まだゲインできる余地が残されている。

レッドブル・ホンダ 「ピエール・ガスリーは強くなり続けている」

2019年5月20日
F1 レッドブル・ホンダ ピエール・ガスリー
レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、困難な2019年シーズンのスタートを切ったピエール・ガスリーは“強くなっている”と擁護した。

ルノーに移籍したダニエル・リカルドの後任として予定よりも早くレッドブル・レーシングに昇格したピエール・ガスリーだったが、プレシーズンテストからRB15への順応に苦しんでいる。

ルノーF1 「レッドブル・ホンダが今年レースで勝てるとは思っていない」

2019年5月20日
F1 ルノーF1 レッドブル・ホンダ
シリル・アビテブールは、2019年に明確な進歩を果たしたホンダを称賛するが、レッドブル・ホンダが今年のレースで勝てるとは考えていないと語る。

レッドブル・レーシングは、昨年限りでかつてタイトルを4連覇したルノーとのパートナーシップを解消し、今年からホンダのF1エンジンを搭載。開幕戦と第5戦スペインGPでマックス・フェルスタッペンが3位表彰台を獲得するなど、3強チームとしてのポジションを維持している。

レッドブル 「二流のF2ドライバーがメルセデスの実力を示した」

2019年5月20日
F1 レッドブル メルセデス
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1バルセロナ インシーズンテストで経験の浅いニキータ・マゼピンが水曜日のセッションで最速タイムを記録したことがメルセデス W10の優位性を示していると述べた。

ニキータ・マセピンは、初めて乗るメルセデス W10で前日にレギュラードライバーのバルテリ・ボッタスが記録したタイムからわずか0.264秒差の1分15秒775をを記録してタイムシートのトップに立った。

「レッドブル・ホンダのドライバー間の実力差は問題」とクルサード

2019年5月19日
F1 レッドブル・ホンダ
元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンの実力がチームメイトのピエール・ガスリーに対して大きく圧倒していることは問題だと考えている。

3強チームのうち、メルセデスとフェラーリはチームメイト同士が予選と決勝でポジションを争いお互いの力を引き出している。しかし、レッドブル・ホンダにそれは当てはまらない。

レッドブル、ホンダのF1エンジン搭載も「昨年よりわずかに後退」

2019年5月19日
F1 レッドブル ホンダF1
レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ホンダのF1エンジンには満足しているものの、今年のマシンは2018年と比較して“わずかに後退”していると認めた。

今年、レッドブル・レーシングはルノーからホンダのF1エンジンに切り替えており、レッドブルの関係者はホンダとのワークスパートナーシップに満足していると語っている。

レッドブル「2021年の新レギュレーションは6月に確定する可能性が高い」

2019年5月19日
F1 レッドブル・レーシング
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーっは、2021年のF1レギュレーションの確定を遅らせることを求めてはいるが、実際には6月に承認されることになると考えている。

F1は2年後に大幅なオーバーオールを予定しているが、計画の早期リリースはリソースの多いトップチームの準備に有利に働く可能性があるという懸念の声が挙がっている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム