F1 | ピエール・ガスリー 「レッドブル・ホンダ復帰は諦めてない」

2020年2月18日
F1
ピエール・ガスリーは、まだレッドブル・ホンダのF1シートを取り戻すことを諦めていないと認める。

昨年、レッドブル・ホンダのF1ドライバーとしてシーズンを迎えたピエール・ガスリーだが、期待された成績を残すことができず、シーズン途中にトロロッソ・ホンダに降格。しかし、F1ブラジルGPで2位表彰台を獲得するなどパフォーマンスを取り戻して見せた。

ホンダF1 「PUの改善はレッドブル・ファミリーとの仕事上の関係の結果」

2020年2月18日
ホンダF1 「PUの改善はレッドブル・ファミリーとの仕事上の関係の結果」
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊春は、昨年、ホンダのF1パワーユニットが大きな改善を果たしたのはレッドブル・ファミリーとの仕事上の関係が大きいと語る。

ホンダF1は、2015年にマクラーレンのパートナーとしてF1に復帰。しかし、パワーユニット時代に1年遅れで参入したホンダのF1パワーユニットは信頼性と競争力に欠け、マクラーレンとの関係にも亀裂が入り、3シーズンでマクラーレン・ホンダは決別した。

F1 | レッドブル 「2021年のコンコルド協定へのサインは詳細だけの問題」

2020年2月18日
F1
レッドブルのオーナーであるディートリッヒ・マテシッツは、F1との2021年以降のコンコルド協定にサインするのは“詳細だけの問題”だと語る。

ディートリッヒ・マテシッツが所有するオーストリアのエナジードリンクメーカーであるレッドブルは、F1でレッドブル・レーシングとアルファタウリを参戦させているだけでなく、F1オーストリアGPのプロモーターも務めている。

F1 | アルファタウリ・ホンダ AT01は昨年のレッドブル RB15の姉妹マシン

2020年2月17日
F1
アルファタウリ・ホンダの2020年F1マシン『AT01』は、昨年のトロロッソ・ホンダ STR14の進化型というよりも、レッドブル・ホンダ RB15のコピーの色合いが強い。

昨年からレッドブルもルノーからホンダのF1エンジンに切り替え、トロロッソと同じくホンダのF1エンジンをベースにレッドブル・ホンダ RB15は開発された。

ホンダF1 「レッドブル2チームへの供給が開発ペースを改善できた要因」

2020年2月17日
ホンダF1 「レッドブル2チームへの供給が開発ペースを改善できた要因」
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊春は、2019年からレッドブルの両チームに供給していることが、F1パワーユニットの開発ペースを改善できた重要な要因だと語る。

ホンダF1は、F1がV6ターボハイブリッド時代に突入した1年後にマクラーレンのエンジンサプライヤーとしてF1に復帰。しかし、ホンダのF1パワーユニットは信頼性問題の多発とパフォーマンス不足が露呈し、わずか3年でマクラーレンとホンダは決別することになる。

レッドブルF1 「アルファタウリはジュニアチームから姉妹チームになった」

2020年2月15日
レッドブルF1 「アルファタウリはジュニアチームから姉妹チームになった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、新たにブランド変更されたアルファタウリ・ホンダは、ルールが許す限り、レッドブル・レーシングから直接的なサポートを与えられると語る。

ザルツブルグで開催されたアルファタリ・ホンダ AT01の発表イベントに出席したヘルムート・マルコは、トロロッソからアルファタウリのチーム名変更は、単なるフェイスリフト以上のものであると説明した。

F1 | レッドブル・ホンダ、RB16の“鼻孔”について秘密を貫く

2020年2月15日
F1
レッドブル・ホンダは、2020年F1マシン『RB16』のノーズ先端にある特徴的な“鼻孔”の吸気口について秘密を貫いている。

レッドブル・ホンダは2月12日(水)に2020年F1マシン『RB16』を公開。何よりも注目を集めたのはノーズ先端に設けられた2つに分かれた“鼻孔”を備えた開口部だった。

F1 | レッドブル・ホンダ RB16、見落とせないエアボックス下の水平ウイング

2020年2月14日
F1
レッドブル・ホンダの2020年F1マシン『RB16』は、久々にエイドリアン・ニューウェイの手腕が随所に光るアプローチがとられている。特に“鼻孔”を含めた巧妙なトリックが詰め込まれた細いノーズをはじめとするフロント周りは革新的だと言える。

しかし、細かく画像を調べると見落とせないウイングがある。エアボックスの下に備えられた水平のウイングだ。黄色にペインとされた水平ウイングはコックピット両側に1つずつ、2つの盛り上がったエッジがつけられている。

F1 | レッドブル・ホンダ、発表時のRB16はまだ実際の80%に過ぎない?

2020年2月14日
F1
レッドブル・ホンダがシェイクダウンを実施した2020年F1マシン『RB16』はまだ実際のクルマの80%に過ぎないとオランダ出身のレーシングドライバーであるトム・コロネルは語る。

レッドブル・ホンダは2月12日(水)に2020年F1マシン『RB16』を発表。カラーリングはほぼ同じだが、それ以外はマシンは根本的に変更された。特にフロント部分には多くの仕事が行われ、かなり狭いノーズには革新的な開口部が設けられた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム