フェラーリ、ホンダF1の関与が明確になるまで2026年規則への同意を拒否

2023年1月2日
フェラーリ、ホンダF1の関与が明確になるまで2026年規則への同意を拒否
フェラーリは、2026年のF1技術規則が施行されてもF1にとどまることをまだ約束しておらず、レッドブル・パワートレインズがホンダF1との技術的パートナーシップを維持し、8年前にハイブリッド技術が導入されて以来、完全に新しいF1パワーユニットメーカーがすでにスポーツに参加しているメーカーに迅速に追いつくことができるように導入された予算、開発時間、およびキャパシティに関連して、すでに2026年からの参戦を発表しているアウディが享受できるメリットを引き続き得る資格がある場合には独自の拒否権を適用する可能性さえある。

マックス・フェルスタッペン 「レッドブルF1との長期契約が正当化された」

2023年1月2日
マックス・フェルスタッペン 「レッドブルF1との長期契約が正当化された」
マックス・フェルスタッペンは、レッドブルF1との長期契約にサインしたが、今では正当化されたと感じていると主張する。

2022年3月、マックス・フェルスタッペンがF1史上最長の契約であると理解されている2028年末までの5年間の契約延長にサインしたとき、F1パドックを驚かせた。

エイドリアン・ニューウェイ 「ホンダF1がフェラーリ移籍を思いとどまらせた」

2023年1月1日
エイドリアン・ニューウェイ 「ホンダF1がフェラーリ移籍を思いとどまらせた」
レッドブルF1のチーフテクニカルオフィサーを務めるエイドリアン・ニューウェイは、F1ターボハイブリッド時代におけるルノーのパフォーマンスの欠如によってフェラーリ移籍に傾いていたが、ホンダとの契約によって状況が変わったと明かした。

2010年から2013年にかけて4回連続でF1でダブルタイトルを達成した後、F1が古いV8エンジンから複雑なターボハイブリッドユニットに切り替えた2014年にレッドブルの牙城は崩れた。

レッドブルF1、2023年F1マシン『RB19』で進化が予想されるポイント

2023年1月1日
レッドブルF1、2023年F1マシン『RB19』で進化が予想されるポイント
レッドブルF1の2023年F1マシン『RB19』に搭載されるであろう今季マシンからの要素をRacingNews365.com のテクニカルアナリストであるパオロ・フィリセッティが分析した。

レッドブル RB18は、F1の歴史の中で最も支配的なマシンの1台になった。車が明らかに支配的である場合、次の車は単にその進化形であるという常に尊重された暗黙のルールがある。

ダニエル・リカルド 「レッドブルF1離脱がギャンブルだったのは確か」

2022年12月31日
ダニエル・リカルド 「レッドブルF1離脱がギャンブルだったのは確か」
ダニエル・リカルドは、2018年の終わりにレッドブル・レーシングを離れるという決断について後悔していないとの見解を繰り返した。

2023年のサードドライバーとしてレッドブルと契約したダニエル・リカルドは、ミルトンキーンズに戻ってくる来シーズン、ある種のホームカミングを楽しむことになるだろう。

【動画】 レッドブルF1、RB18に別れのラブレター

2022年12月31日
【動画】 レッドブルF1、RB18に別れのラブレター
レッドブル・レーシングは、2022年のF1世界選手権でマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスともに22のグランプリのうち 17勝を獲得し、ドライバーズとコンストラクターズの両方でワールドチャンピオンを獲得した。新しいシーズンに目を向けて、レッドブルは公式に RB18 に別れを告げた。

2022年F1シーズンは、レッドブル・レーシングにとって前例のない年だった。

メルセデスF1代表 「ニック・デ・フリースはレッドブルF1に乗ってほしい」

2022年12月30日
メルセデスF1代表 「ニック・デ・フリースはレッドブルF1に乗ってほしい」
メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは通常、レッドブルのドライバーラインナップに注目することはないだろうが、ニック・デ・フリースがいつかチャンスを得ることを望んでいると認める。

ニック・デ・フリースは、メルセデスF1チームのリザーブドライバーを務めた後、2023年にスクーデリア・アルファタウリでF1グリッドに加わる機会を与えられた。2022年のF1イタリアGPの週末に体調不良のアレックス・アルボンの代役としてウィリアムズで出場した後、多くの人に感銘を与えた。

ニューウェイ 「フェルスタッペンはハミルトンとの事故で不当な烙印を押された」

2022年12月30日
レッドブルF1のニューウェイ 「フェルスタッペンはハミルトンとの事故で不当な烙印を押された」
レッドブルF1のエイドリアン・ニューウェイは、マックス・フェルスタッペンは「一緒に仕事をしやすい」と称賛し、ルイス・ハミルトンとの2021年のタイトル争いでのインシデントで不当な「烙印を押された」と擁護した。

マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンは、2021年F1シーズンで緊張したライバル関係を共有し、2人のドライバーは何度も衝突した。

レッドブルF1首脳 「ホンダのアルファタウリF1買収はあり得ない」

2022年12月30日
レッドブルF1首脳 「ホンダのアルファタウリF1買収はあり得ない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、レッドブルとホンダのF1アライアンスが2025年シーズン以降も続く可能性を否定している。

ホンダが2021年シーズンの終わりにF1から正式に撤退した後、レッドブルはホンダ製のF1エンジンを維持し、独自のパワートレイン部門であるレッドブル・パワートレインを設立した。
«Prev || ... 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム