マックス・フェルスタッペン 「ハミルトンとだけ接触する理由がわからない」

2023年1月5日
F1王者マックス・フェルスタッペン 「ハミルトンとだけ接触する理由がわからない」
F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンとのホイール・トゥ・ホイールでバトルで頻繁に衝突する理由を理解できていないと語る。

2021年のタイトルをかけて激戦を繰り広げたマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンは、シーズンを通して何度も衝突した。シルバーストーン、モンツァ、ジェッダでは実際に接触が発生したが、他にもいくつかのニアミスがあった。

ピエール・ガスリー 「レッドブルF1との契約を抜け出すのは不可能に思えた」

2023年1月5日
ピエール・ガスリー 「レッドブルF1との契約を抜け出すのは不可能に思えた」
ピエール・ガスリーは、2023年にアルピーヌF1チームへ移籍することができたが、当初はレッドブルF1と結んでいた契約から抜け出すか可能性はほとんどないように思えたと振り返る。

ピエール ガスリーは、2023 年にアルファタウリからアルピーヌ F1 への興味深い移籍を行っています。元レッドブル レーシングのプロテジェは、初めてファクトリー チームに参加します。

ニューウェイ 「2023年はフェラーリとメルセデスとの厳しい戦いになる」

2023年1月4日
レッドブルF1のニューウェイ 「2023年はフェラーリとメルセデスとの厳しい戦いになる」
レッドブルF1のチーフテクニカルオフィサーであるエイドリアン・ニューウェイは、2023年にフェラーリとメルセデスがチャンピオンシップ争いに「すぐに戻ってくる」と考えており、厳しいF1シーズンに備えている。

昨年、レッドブル・レーシングは、マックス・フェルスタッペンが4レースを残して2度目のF1ドライバーズタイトルを獲得し、2013年以来となるダブルチャンピオンシップ・ウィンを達成した。

ダニエル・リカルドが感じたレッドブルF1とマクラーレンの違い

2023年1月3日
ダニエル・リカルドが感じたレッドブルF1とマクラーレンの違い
ダニエル・リカルドは、マクラーレンF1がとったエンジニアリングアプローチがレッドブル・レーシングとどこが違うかを説明した。

F1でダニエル・リカルドは、2014年にレッドブル・レーシングに昇格する前に当時トロロッソ呼ばれていたレッドブルのジュニアチームでレースキャリアの多くを過ごした。

フェラーリ、ホンダF1の関与が明確になるまで2026年規則への同意を拒否

2023年1月2日
フェラーリ、ホンダF1の関与が明確になるまで2026年規則への同意を拒否
フェラーリは、2026年のF1技術規則が施行されてもF1にとどまることをまだ約束しておらず、レッドブル・パワートレインズがホンダF1との技術的パートナーシップを維持し、8年前にハイブリッド技術が導入されて以来、完全に新しいF1パワーユニットメーカーがすでにスポーツに参加しているメーカーに迅速に追いつくことができるように導入された予算、開発時間、およびキャパシティに関連して、すでに2026年からの参戦を発表しているアウディが享受できるメリットを引き続き得る資格がある場合には独自の拒否権を適用する可能性さえある。

マックス・フェルスタッペン 「レッドブルF1との長期契約が正当化された」

2023年1月2日
マックス・フェルスタッペン 「レッドブルF1との長期契約が正当化された」
マックス・フェルスタッペンは、レッドブルF1との長期契約にサインしたが、今では正当化されたと感じていると主張する。

2022年3月、マックス・フェルスタッペンがF1史上最長の契約であると理解されている2028年末までの5年間の契約延長にサインしたとき、F1パドックを驚かせた。

エイドリアン・ニューウェイ 「ホンダF1がフェラーリ移籍を思いとどまらせた」

2023年1月1日
エイドリアン・ニューウェイ 「ホンダF1がフェラーリ移籍を思いとどまらせた」
レッドブルF1のチーフテクニカルオフィサーを務めるエイドリアン・ニューウェイは、F1ターボハイブリッド時代におけるルノーのパフォーマンスの欠如によってフェラーリ移籍に傾いていたが、ホンダとの契約によって状況が変わったと明かした。

2010年から2013年にかけて4回連続でF1でダブルタイトルを達成した後、F1が古いV8エンジンから複雑なターボハイブリッドユニットに切り替えた2014年にレッドブルの牙城は崩れた。

レッドブルF1、2023年F1マシン『RB19』で進化が予想されるポイント

2023年1月1日
レッドブルF1、2023年F1マシン『RB19』で進化が予想されるポイント
レッドブルF1の2023年F1マシン『RB19』に搭載されるであろう今季マシンからの要素をRacingNews365.com のテクニカルアナリストであるパオロ・フィリセッティが分析した。

レッドブル RB18は、F1の歴史の中で最も支配的なマシンの1台になった。車が明らかに支配的である場合、次の車は単にその進化形であるという常に尊重された暗黙のルールがある。

ダニエル・リカルド 「レッドブルF1離脱がギャンブルだったのは確か」

2022年12月31日
ダニエル・リカルド 「レッドブルF1離脱がギャンブルだったのは確か」
ダニエル・リカルドは、2018年の終わりにレッドブル・レーシングを離れるという決断について後悔していないとの見解を繰り返した。

2023年のサードドライバーとしてレッドブルと契約したダニエル・リカルドは、ミルトンキーンズに戻ってくる来シーズン、ある種のホームカミングを楽しむことになるだろう。
«Prev || ... 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム